低料金・低価格・安心・信頼の葬儀
「葬儀の時、お坊さんが必要」
お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀(お葬式)に際して

「葬儀社依頼」と「僧侶読経依頼」は別々に依頼

葬儀は葬儀社に、僧侶読経は僧侶に依頼

葬儀に際し、仏式の葬儀を執り行う場合は、「葬儀依頼」と「僧侶依頼」は別組織への依頼であることを認識して、別々に依頼しなければなりません。
「葬儀は葬儀社に」「僧侶読経は僧侶に」、という依頼を行うことが大原則です。
その依頼方法が、葬儀費用・僧侶読経のお布施額が明瞭となり、葬儀経費の節減につながると思います。

葬儀で「お坊さんが必要」な方

昔から、葬儀には、お坊さんが必要(仏式葬儀)です。
葬儀となった場合、お寺では無くお坊さんに連絡が必要です。
葬儀のサポート「良心のお葬式」に、ご相談・ご連絡下さい。
「良心のお葬式」には、元警察官・現僧侶が顧問として在籍し、無料で相談を受け付けています。

葬儀でお坊さんに連絡

近年は、お寺に行かれる方は殆ど無いと思います。
今は、地域のお寺だからと、「護寺費」を払うのはおかしいかもしれません。

檀家離れ

長岡京市にあっても、「檀家離れ」が進み、お寺との付き合いが無い方が多くなっていると思います。
お葬式などの時、どうしよう?とお思いでしょうが、大丈夫です。
「良心のお葬式」に、ご連絡・ご相談下さい。

檀家制度は、江戸時代の悪しき慣習

葬儀など、直接お坊さんに依頼

お寺との付き合いが無くても、葬儀などで困ることはありません。
お葬式イコールお寺では無いのです。
仏式葬儀を行うに際して、今までは「お寺」に依頼していたように見えますが、実質は「お坊さんに依頼」していたのです。
そして、葬儀には元々「お坊さんのお経」は付いておりません
だから、お坊さんに直接依頼すればいいのです。

私達は昔から、お経をあげての葬儀

昔からお葬式は、お坊さんがお経をあげて執り行っています。(お坊さんの読経)
お経とは、お釈迦様の大切な教えがまとめられている文書(聖典)のことです。
「読経」とは、お経を声に出して読むことです。
お経に記されている内容を覚えるため、もしくは人に教えを説くための行為です。
通夜や葬儀のときに亡くなった人の仏前で読経しますが、これは参列している親族や近しい人に説法するという意味もあります。

亡くなった時

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。

葬儀は、葬儀相談からが始まり

元警察官・現僧侶が相談対応

私達は一生のうち葬儀(お葬式)を経験することは殆どありません。
身内のものが亡くなった時、「葬儀、どうすれば?」「葬儀社は何処に依頼しようか?」「お坊さんは何処に依頼しようか?」と困ってしまいます。
そして直ぐに、葬儀社に連絡してしまいがちですが、葬儀社依頼前に必ず、事前相談を行うほうが「葬儀費用の減額」など安心して葬儀に取り組むことが出来ると思います。
「良心のお葬式」は、元警察官・現僧侶が無料相談に対応しております。
お葬式のサポート(アドバイス)を行うお葬式・法事市民センター「良心のお葬式」に在籍する顧問の僧侶は、元兵庫県警察官です。

葬儀社連絡までに、中立的立場の者に葬儀相談を行う

葬儀は、相談から始まります

私達は、身内が亡くなった場合、
・葬儀社に依頼しなけらば!!
・どこの葬儀社に頼もうか?
と考えてしまい、最初に頭に浮かんだ葬儀社に連絡・依頼してしまいがちです。
そして、そのままその葬儀社に全てを任してしまいます。
あまり経験しない葬儀ですから、専門家に任して当然なのですが、葬儀には高額の葬儀費用・お布施というお金が絡んできます。
葬儀社は「私の業」ですから、儲けたいと思って当然です。私達は依頼するにあたって、「出来るだけお金を使わない葬儀をしたい」と思うのは、又当然なことです。

元警察官・現僧侶
が、無料相談対応

元警察官・現僧侶に相談(中立的立場)
出来るだけお金を使わない葬儀の為には、中立的立場の者に葬儀相談するのが一番です。
葬儀相談を行うことによって、ある程度の葬儀知識を得て葬儀社に依頼すれば、葬儀費用を抑えた良い葬儀になると思います。

身内の方が亡くなった場合、
まず枕経をあげます

仏式葬儀に於いて、身内の方がなくなればまず最初に、「枕経(まくらぎょう)をあげなくてはなりません。
上記、写真の者は、元警察官で現在、浄土真宗本願寺派の僧侶です。
葬儀依頼は、枕経(まくらぎょう)をあげてからでよいのですから、色々相談をされればよいと思います。

長岡京市の葬儀状況

長岡京市は、京都の南西に位置する都市です。
長岡京市には、葬儀関連の市民葬儀・規格葬儀などはありません。
市独自の火葬場・告別式場・墓園もありません。
長岡市民の火葬は、京都市の斎場を利用しております。
葬儀となった場合、どこかの葬儀社に連絡して葬儀を執り行って頂かなければなりません。
長岡京市の場合、市民葬儀など市が葬儀に関連しておりませんので、自分自らが葬儀を考えて葬儀社に依頼しなければなりません。
私達は、低料金・低価格のいい葬儀で、尚且つ葬儀費用が安くつく、葬儀を望んで当然なのですから、その為にはどうしても、葬儀社依頼前に事前の葬儀知識が必要だと思います。

長岡京市役所の葬儀の取り組み

長岡京市には、市民葬儀・規格葬儀はありません。
火葬場も長岡京市にはなく、京都市の火葬場を利用しています。
又、市営としての墓園もありません。
只、「おくやみ」として
・死亡届(家族がなくなったとき)
・国民健康保険の加入者が亡くなったとき
・後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなったとき
など規定されています。
長岡京市は、京都盆地の南西に位置し、北は向日市・京都市、東は京都市、南は大山崎町、西は大阪府と接しています。
令和2年1月現在
人口:81,060人(男39,268 女41,762)
世帯数:36,259世帯
長岡京市の葬儀広報⇒長岡京市のおくやみ

葬儀・お葬式時の読経・どこに?

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
葬儀(お葬式)にしても、僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞き下さい。

対応地域(相談・海外からでも)

ご相談は、どの地域からでも応じます。
「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの市・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。
以前は、海外「タイ国」から、「帰国できないので、相談したい!!」との電話がありました。
ご相談は、海外・世界各国からお受けします。
相談以外の「葬儀(お葬式)」での読経は、一応近畿圏内としております。
法事・法要は、京阪神・姫路圏内としております。
一応ですので、是非ご相談下さい。

各施設など葬儀場所を考える

葬儀・法事は一昔前は自宅或は、お寺でお葬式を執り行っておりました。
時代が進むとともに、葬儀社の葬儀式場を使用するのが大半となってきております。
今日では、各自治体も市民の福祉に力を入れるようになり、公民館・集会所を各地域ごとに設置し、葬儀式場としても利用されるようになってきております。
公民館・集会所は公営ですので、会館使用料金はかなり安いと思います。
近年は、高齢化社会となって老人ホームなどの施設も多数作られ、老人ホームなどでも葬儀・法事が行われるようになっています。
又、全国には県人会が多数あり、大きな県人会では県人会としての施設(会館など)を所持しており、その施設(会館など)を利用しての葬儀・法事が行われているようです。
葬儀(お葬式)はあまり経験しないことですから、大半の方は、葬儀費用がどれほどかかるか分からないと思います。
葬儀に於いて葬儀費用が高いのは、祭壇・会館使用料が高額なためです。
この高額な会館使用料を抑えれば、葬儀費用もかなり抑えられると思います。
私達は身内の死に当たって、良い葬儀・立派な葬儀を執り行いたいと思うのは当然です。
良い葬儀・立派な葬儀を考えながら、低料金・低価格で・安く葬儀費用を抑え、良い葬儀・立派な葬儀を実現することこそ、本当に故人を偲ぶ葬儀(お葬式)だと思います。
そのように葬儀を考えますと、葬儀場所は葬儀に於いての大切な1つだと思います。
そして合わせて、県人会や団体としての会などを利用して、情報入手・情報交換などを行うことも、葬儀に於いては大切なことだと思います。
又、故人を偲び良いお葬式を望むからこそ、残された遺族は幸せになれるのだと思います。