近年の葬儀状況と葬儀費用・葬儀相談!!
お布施(2万5千円~)が、格安の
「良心のお葬式」

低料金・低価格・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

お盆の由来

お盆の正式名称は、盂蘭盆会と言います。
語源はサンスクリット語で「逆さ吊りの苦痛」という意味です。
ブッダの十大弟子のひとり目犍連が、神通力で死んだ母親を探すと、餓鬼道に堕ちて吊るされるような苦しみを母親が味わっていたのです。
母親に食べ物を与えますが、口に入る前に火に変わって食べられません。
目犍連は、ブッダの助言を受け、7月15日に夏の修行を終えた僧たちの手を借りて供養すると、母親を救い出せたといいます。
この故事と、日本古来の山から死者の霊が帰ってくる精霊信仰が結びついて、お盆の行事となったと言われています。

お盆の行事

現代では8月13日に、家の門口に麻の茎を焚いて祖先の霊を迎えるための迎え火とし、16日に送り火を焚きます。
京都の大文字焼きは送り火です。
盆踊りも霊を送り返すために行われるもので、川では精霊流しや燈篭流しが行われます。

「良心のお葬式」葬儀対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。