近年の葬儀状況と葬儀費用・葬儀相談!!
お布施(2万5千円~)が、格安の
「良心のお葬式」

低料金・低価格・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

法要の意味と種類

法要とは、死者の成仏を祈る儀式をいいます。
死亡後49日目まで行われる「中陰法要」と、それ以降の「年忌法要」の二つに分けられます。
法要は、追善供養ともいいます。

中陰のいわれ

インドの輪廻転生思想の影響を受けた仏教の世界観では、死者はまず中陰(冥土)に旅立ちます。
そこで7日ごとに7回の裁判を受け、浄土に迎えられるのか、六道のいずれかに生まれ変わるのかが決まります。
法要は、この裁判が有利に運ぶように仏の功徳を届ける(回向)のが目的です。
中陰法要は、初七日から7日ごとに行い、四十九日の満中陰をもって忌明けとします。
納骨は、この時に行われることが多いです。

年忌法要

年忌法要は、百箇日と、祥月命日(亡くなつた月日)に執り行う1周忌・3回忌・7回忌・13回忌と続き、33回忌を持って弔い上げとします。
初七日から数えると13回の法要となるので、「十三仏事」と呼ばれ、守り本尊として「十三仏」が信仰されています。

「良心のお葬式」葬儀対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。