近年の葬儀状況と葬儀費用・葬儀相談!!
お布施(2万5千円~)が、格安の
「良心のお葬式」

低料金・低価格・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

廃仏毀釈

明治時代の廃仏毀釈(仏法を排して釈迦の教えを毀す)は、国家によって行われたのではなく、仏教排斥を目指す過激な運動家によって行われました。
廃仏毀釈は全国に広まり、寺院建築や仏像、経典などが多く失われました。
只、廃仏毀釈時にあっても、檀家・門徒制度は継続され、大日本帝国憲法でも信教の自由は保証されていました。
一方、神道は宗教を超越した国家の礎とされ、仏教はその下位に位置付けられました。

神仏分離令

明治維新の原動力となった尊王攘夷思想を背景にした明治政府は、1868年に「神仏分離令」を出し、寺社で共に祀られていた神と仏を明確に分けるように指示しました。
これをきっかけに、一部の国学者が民衆を扇動して、「廃仏毀釈」が広がっていったのです。

民衆主義への転換

第二次世界大戦後、日本は、民主主義へと転換を図り、宗教は全て国家の統制を離れ、新たな道へと進みました。
戦後に誕生した新宗教(新興宗教)に、霊友会、創価学会、立正佼成会、真如苑、PL教団などがあります。

「良心のお葬式」葬儀対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。