安いお布施の「良心のお葬式」
低料金・低価格で、いい葬儀・家族葬の実現
格安・お布施の「お坊さん」へ依頼

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)

近年、お葬式の方法・費用も色々

元警察官現僧侶 に葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

お葬式のことなら「良心のお葬式」

近年のお葬式の基本は3方法!!

・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

葬儀業界は一大産業葬儀社の増加

高齢化社会
近年は高齢化社会といわれ、人口の3分の1が65歳以上となっているといわれています。
団塊の世代はここ20年で亡くなっていかれるともいわれています。
人間どうしても生老病死でお釈迦さまが悩まれたようにいつかは死を迎えなければなりません。

色々な葬儀社の増加
先に述べましたように高齢化社会となって多くの葬儀が見込まれています。
又、現代は葬儀にはお金をかけない方も増え、小規模の葬儀を行うことから、葬儀社のお世話をする担当者も少なくなって、小規模の葬儀社が増えてきております。

メデァの発達
身内に死者が出た場合、遺族等は以前と違いスマートフォンなどによって、葬儀社を捜すようになってきております。
そのメデァの発達によって、葬儀社の斡旋・僧侶の斡旋を行う業者も葬儀業界に進出してきております。

自分宅にあった葬儀社さが

葬儀社選びの基準

自分宅にあった葬儀社は?

自分が考えている葬儀を行うためには、自分宅に見合った葬儀社を選ばなければなりません。
(葬儀社選び) 
そのためには、「自分宅に見合った葬儀はどのようなものにするか」を考えなければなりません。
その指標となるのが、下記に記載している目安・葬儀方針を決めることだと思います。 
そして、葬儀方針に沿って葬儀社を選べばいいのです。
1、自分宅の葬儀の目安
例えば、
(1)殆ど親戚が無い。
(2)近くには身内はいないが遠くには多くの親戚が多い。
(3)商売をしているので付き合いが多い。
(4)普通の家庭だが、勤め先の付き合いを重視しなければならない。
(5)遠方への単身赴任で、葬儀の日にちを余りとることが出来ない。
(6)連れ合いも亡くなっており子供たちは海外にいる
(7)喪主自体が高齢で、人との付き合いが少なくなっているなど 、次に
2、自分宅の目安に見合った葬儀方針を決める
上記の目安に見合った葬儀方針を
例えば、
(1)殆ど親戚が無い→こじんまりと自宅で葬儀をしたい
(2)近くには身内はいないが、遠くには多くの親戚が多い→宿泊できる葬儀社を選ぶ
(3)商売をしているので付き合いが多い→付き合い上、立派な葬儀会館で祭壇なども立派なものにする
(4)普通の家庭だが、勤め先の付き合いを重視しなければならない→見映えも考えて、又出席者が多数になると思料し小綺麗な会館を借りる
(5)遠方への単身赴任で、葬儀の日にちを余りとることが出来ない→葬儀の日にちの短縮を考えての葬儀にする。
(6)連れ合いも亡くなっており、子供たちは海外にいる→子供たちが帰国した際に生前葬を行う。
(7)喪主自体が高齢で、人との付き合いが少なくなっている→少人数でのお葬式を考える
など 、このように自分宅の葬儀の目安、葬儀方針を決めることは、現代の葬儀方法である3方法(一般葬・1日葬・直葬)の中から1方法を選ぶ基準にもなりますし、価格差の大きい葬儀業界に於いて良い葬儀社を選ぶ基準にもなるのです。

粗雑な葬儀社に注意

現状
現代は高齢化社会となっており、葬儀業界は一大産業を成していると言われています。
又、企業も多種多様化が進み1企業が色々な分野で活動しています。
葬儀業界にあっても大手企業などが葬儀業界に携わっております。
反面、宗教離れ・仏教離れから葬儀が小規模になってきており、今まで行ってきた通夜がある一般葬だけでなく、葬儀式を行わない「直葬」や通夜が無く1日で葬儀を済ませてしまう「1日葬」という葬儀形態も出てきております。
その関係から小規模経営の葬儀社、
例えば、親子で或いは夫婦で営む小規模な葬儀社も出てきております。

葬儀は、葬儀社選びによって良し悪しが決定

近年、高齢化から多くの方が亡くなっておられます。
又、宗教離れ・仏教離れから葬儀の簡素化となってきております。
それに伴って葬儀費用の節減を行う方が増え、低価格化をうたった葬儀社も増えてきております。
私達にとっては、低価格で葬儀を執り行うことが出来るのは良いことですが、低価格のあまり粗雑な葬儀が増えていることは拭えません。
私達は、一生のうち葬儀を経験することは殆どありませんので「粗雑な葬儀」とは気づかない場合もあるのです。
現代は全てお金で決めている所があります。
ですから、葬儀費用を落とせば粗雑化に繋がっているという面もみられます。
そのことに十分注意しなければなりません。
低料金・低価格尚且つ良心的・安心な葬儀社を選ぶ
私達は低価格の葬儀を行おうとするのは当然のことだと思います。
しかし、あまり低価格を望みすぎると「安かろう、悪かろう」の葬儀社にあたってしまいます。
葬儀社は、1私企業ですから儲けを考えて当然ですが、「儲け」のために、省いてはならないところを省いている葬儀社があります。
例えば、
①参列者のお茶の接待
お茶の接待をしない。
真夏の暑い日に参列者に1杯のお茶も出さない。
これは参列者に非常に失礼なことではないでしょうか。
参列者は陰で「こんな葬儀社に良く依頼したね。葬儀費用をケチったのでは?」と、ひそひそ話を聞いたことがあります。
②祭壇があまりにも貧相
祭壇によって、葬儀費用は非常に左右されます。
あまりにもケチりすぎて、お花がパラパラしか飾られていない。
③おりんが極端に小さい。
④蝋燭が一般家庭で使用されている小さな蝋燭が使用されている
⑤葬儀式場の出入り口が狭く、車両の出入りが難しい。
にもかかわらず、誘導者(警備員)を置いていない。
式場借り上げ費用や人件費を削つているため、参列者の車両が式場に出入り出来にくく、参列者が困っている。
葬儀社のスタッフは2人などで、そのことに気付いていない。
⑥葬儀式か、法事か分からない葬儀
(案内が全くない)
低価格葬儀のため、司会、案内係などのスタッフがいなくて、「これが葬儀?」と参列者が戸惑っている。
⑦あまりにもスタッフを省いている葬儀社
葬儀スタッフが2人のため、雲隠れしたように式場に見当たらず用を足さない。
⑧派遣業の紹介で式場、葬儀業者を自由に選べず、自身が思っていた式場・葬儀業者でない
「この葬儀式場は良くない。」「この葬儀業者は良くない」と聞いている。
しかし、派遣業からの紹介のため変更が不可能である。
一生のうち殆ど経験しない葬儀に於いて、このような粗雑な葬儀社を私達は見分けることは難しいことだと思います。
どこにも相談することなく葬儀社を決める場合は、このような葬儀社があることを念頭に置いておきましょう。

良い葬儀社選びの相談を!!

元警察官現僧侶 に、葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

無料での葬儀情報の提供

(良い葬儀社選び)
身内の死に対し、私達は安心してよい葬儀を行いたいと願います。
只、殆ど経験のないお葬式に於いて、限られた時間内で葬儀社をさがすことは至難の業です。
「良心のお葬式」では色々な業界の方と連携して、関西地区(特に京阪神間)の葬儀情報などを収集し、安心してお葬式をして頂ければと考えております。
そのためにも色々な葬儀社、色々な葬儀情報を得るために「良心のお葬式」をご利用下さい。

葬儀社と葬儀斡旋業者

葬儀社によって費用に価格差!!
現代は、葬儀業界は一大産業を成していると言われ、色々な葬儀社が乱立しております。
今まで葬儀費用が不透明と言われてきましたが、最近ではそのことが改善されつつあります。
ですが、素人にはわかりにくい面が多々あります。
それは、葬儀費用が高額に変わりないからです。
そして、葬儀社によって、葬儀物品の高額なものを使用、高額な会館使用などによって価格差が出てきております。
葬儀の全てを知る!!
私たちは一生の間にあまり葬儀を経験することはありません。
突然のように身内が亡くなって「葬儀、どうすれば?」と困ってしまうのが現実です。
一昔のようにお爺さん・お婆さんに連れられてお寺に行っていた時代は、人が亡くなれば何をおいても「先ず、お坊さんに枕経をあげてもらう」としたものです。
ですが、最近では殆どの方がお家で亡くなることが無くなって、病院で亡くなる方が大半となり、ご遺体を病院から葬儀社の安置場所に移し、ご自宅ではないため枕経をあげることが無くなってきました。
そして、高度経済成長時代の頃より、お葬式が段々と簡素化してきて初七日法要が短縮され、最近では直葬、1日葬、式中初七日などの葬儀形態が出てきております。
葬儀費用も一昔のようにある程度決まっていたのが、高価格の葬儀、低価格の葬儀と価格も一定ではなく多種多様な葬儀も出てきております。

安心して葬儀が出来る葬儀社は?

近年は、高齢化社会であることから葬儀業界は一大産業を成して、葬儀社の乱立状態となっております。
葬儀社の乱立によって、葬儀費用の低価格化につながっていることも確かですが、反面「安かろう、悪かろう」という葬儀社もあります。
「これが葬儀式なのか?」「遺族は、このような葬儀で納得しているのか?」と思う葬儀も増えてきております。
葬儀とは、故人の人生の最後の締めくくりなのです。
それをあまりにも葬儀費用の低価格に惹かれ、「葬儀を行っています」という形だけの葬儀は如何なものかと思います。勿論、遺族の方たちは葬儀をあまり経験しませんので、「これが葬儀だ」と思い込み、葬儀社の思うがままに、葬儀を行っている所が見受けられます。
現代は、金銭で全てを評価する傾向にあります。
ですから、お金をかけなければ「これは、省きます。付いていません。」という形になっており、低価格の葬儀は、色々なものが省かれており、その価格なりの葬儀となっているのが現状です。
金銭で全てを評価するということイコール、サービスも金銭を出せばサービスがあります、というのが葬儀業界を動かしているようです。
ですから、本当に親切な安心して葬儀が出来る葬儀社を探すことが大切な時代となってきています。

葬儀斡旋企業の葬儀業界への進出

お寺離れから斡旋業が出現
お寺離れから、数十年前にお寺さんに法事を斡旋する業者が出てきていました。
最近では、お寺さんに法事や葬儀時の読経を斡旋するだけではなく、依頼者より葬儀も受付けて、その葬儀を葬儀社に斡旋する企業(葬儀斡旋会社)が出てきております。
私達はネームバリュ-に引き付けられる所があり、ネームバリュ-を利用して、葬儀業をつまり斡旋業を営んでいる企業・業者が出てきております。
この斡旋で注意が必要なのは、低価格を売りにしていますので私達には良いことかもしれませんが、斡旋料としていくらかの料金がかかりその分、葬儀業者の負担となり、葬儀社(業者)はどうしても質を落とさなければならないような状態になっているようです。(儲けるために)
業者によっての質の落とし方、或いは質量的な落とし方によっては、依頼者である私達に跳ね返ってきて、質の悪い葬儀となりかねないのです。
ですから、葬儀業者の資質が問われますが、良い葬儀業者を「突然の葬儀」で見極めるのは至難の業だと思います。

葬儀と葬儀斡旋会社

現代の葬儀状況
私達は、何時かは亡くなっていくわけですが、その際どうしても葬儀式をする・しないに関わらず、葬儀社に遺体の処理をお願いすることとなります。
現代は、遺体埋葬に関する法律によって、私達では遺体の処理は出来ぬくく、どうしても葬儀業者に頼らざるを得ません。
葬儀は「高くつく」との観念が私達にはあります。
その葬儀を「低価格」「低料金」「安心葬儀」などと謳って集客する葬儀斡旋会社が出てきております。
葬儀の斡旋・紹介を行う企業の進出
現代はメデァ・PCの発達によって多岐にわたった企業が進出してきております。
その1つが、葬儀(社)を斡旋・紹介する企業です。
これら葬儀(社)の斡旋・紹介業者は、PCなどメデァを利用して大々的に宣伝し、集客(葬儀を必要としている者)を行い、葬儀社に葬儀を斡旋・紹介して紹介料を取って会社を運営しております。
葬儀斡旋会社
葬儀斡旋会社とは、パソコン等で葬儀の宣伝広告を行い、葬儀依頼の集客を行って、受理した(依頼された)葬儀を、提携している葬儀社に斡旋し「葬儀」を行わせ又、葬儀に於いて僧侶の読経依頼の集客を行って、僧侶の読経を僧侶に斡旋し、その手配料などで会社運営を行う。
これが葬儀斡旋会社です。
現代はメデァを利用しての、宣伝広告時代
現代は、メデァを活用して広範囲に宣伝広告を行う時代だと思います。
そして現代は、多種多様な企業があり、メデァを活用して広範囲に宣伝広告を行っております。
その1つがPCの利用です。
このPCなどを利用して、多くの「葬儀集客」を行っているのが葬儀斡旋会社(業者)です。
テレビを利用しての宣伝広告を行う方法もありますが、葬儀関連会社(業者)は、PC利用が宣伝広告費用をあまりかけずに行えることから、大・中・小・個人の業者が多数利用して宣伝広告を行っています。
PC利用で宣伝集客を行うことが出来ることから、このような会社が増えつつあります。
最近では、テレビを利用しての宣伝広告も行っております。

葬儀に於ける葬儀社と葬儀斡旋会社の関係

葬儀と葬儀依頼
私達は、年月とともに老い、何時かは死を迎えなければなりません。
法事国家である以上、亡くなった人を勝手に葬るわけにはいきません。
法的な手続きを経て、ご遺体を葬ることとなります。
複雑な現代社会ではどうしても、葬儀社に依頼しなければならないと思います。
葬儀社と葬儀関連会社(業者)
前述のように私達は、自分たちだけで身内を葬ることはなかなかできません。
葬儀に関しては、葬儀社或いは葬儀関連会社(業者)に依頼しなくてはなりません。
葬儀社とは、遺体を安置、火葬場で火葬に付するまでの一連の葬儀に関する業務を行います。

葬儀に於いて、葬儀社と葬儀関連会社のどちらを選ぶべきか?

身内が亡くなった場合、葬儀社に直接依頼する方がよいか、或いは葬儀関連業者に依頼して、その業者から葬儀社を紹介してもらうのがよいか、ということになると思います。
あまり経験しないお葬式において、私達が葬儀社と葬儀関連会社のどちらを選ぶかは難しいことだと思います。
葬儀費用的には、葬儀斡旋会社の方が安く感じます。
只、当初は直接葬儀社と接触(お話)しませんので、どのような葬儀社か分かりかねます。
不安は当然残ると思います。
そのようなことを考えますと、自分宅にあった良き葬儀を行うには、利害関係の無い葬儀関係に詳しい者に「相談を行い」決めるのが一番失敗は少ないと思います。

全て、お金で解決する時代の到来

私達が直視しなければならないのは、「金銭で全てを評価する」という時代になってきているということです。
どういうことかと言いますと、「お金を出せば、良い品が手に入る」お金を出さずサービスを期待して、良い品などを得ようということはないということです。
サービスにあっても、「金銭を出してサービスを受ける」
つまり、全てがお金で決められるということなのです。
ある飲食店でのことですが、少し「ねぎを足して」と、お願いした場合、追加料金が入りますというところがありました。
つまり、全てお金で解決という時代となってきているのです。