死亡から初七日法要

お葬式後の法要の流れ

今までのお葬式・法要の流れとして、

死亡→通夜→葬儀→繰り上げ初七日法要

となっていました。
この繰り上げ初七日法要が、近年では葬儀式内で行われるようになったのです。(式中初七日法要)

初七日法要とは?

初七日法要の意義
人が亡くなって49日間のことを中陰といい、この間、七日毎に法要を行います。
最初の七日目が初七日法要です。
一昔前の初七日法要
一昔前の初七日法要は、死亡から七日後に初七日法要を執り行っていました。
繰り上げ初七日法要
高度経済成長期頃から、この初七日法要は、葬儀を終え火葬に付された後に、初七日法要を行うようになりました。
これが、繰り上げ初七日法要です。

式中初七日法要とは?

式中初七日法要の行い方

葬儀式のお経に引き続いて、初七日法要のお経
式中初七日法要の意義
最近まで執り行われてきた繰り上げ初七日法要が、近年では、葬儀式のお経に引き続いて、葬儀式内で初七日法要のお経をあげるようになりました。
今までは、火葬に付した後に初七日法要を執り行っていましたが、葬儀式内で初七日法要を行ってしまうので、火葬前に初七日法要が終わってしまいます。
これが、式中初七日法要なのです。

初七日法要・図示

   式中初七日法要      繰り上げ初七日法要

死亡

遺体安置

枕経

葬儀社打ち合わせ

通夜

               
  葬儀式           葬儀式
(式中初七日法要)       
               
  火葬場           火葬場
                
               繰り上げ初七日法要

青色が式中初七日法要、赤色が繰り上げ初七日法要の行い方です。

これからのお葬式

お葬式は時代とともに変遷していくと思いますが、基本の3方法の葬儀形態は変わらないと思います。

直葬(釜前葬)・1日葬 ・一般葬

只、個々人の葬儀への希望・仏事に対する考え方によって、無宗教葬・音楽葬・繰り上げ初七日法要・式中初七日法要など、変化が起きてくると思います。
特に、現代はスピード化の時代ですので、葬儀後の中陰法要である式中初七日法要が、お葬式に於いては主流となってくるのではないでしょうか。