近年の葬儀状況と葬儀費用・葬儀相談!!
お布施(2万5千円~)が、格安の
「良心のお葬式」

低料金・低価格・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

日本独特の仏教行事の彼岸

春分の日と秋分の日に執り行われる仏教行事の1つを彼岸会と言います。
昼と夜の長さが等しいこの日に、太陽の方向を拝む農耕儀礼の「日願」が起源とされ、日本独特の仏教行事となっています。
彼岸会は、先祖供養の法要を行って、仏壇には彼岸団子やおはぎ、牡丹餅などを供え、家族でお墓参りに出かけます。

彼岸とは?

「彼岸」とは、春分・秋分を中日として、前後3日を合わせた各7日間です。
「彼岸」とは、仏教用語で煩悩が消え去った、悟りの境地を意味します。
これに対し、苦しみと迷いの世界は「此岸」と表現され、此岸から彼岸へ渡ることが仏教の目的とされています。
春分の日と秋分の日は、真西に太陽が沈むため、西方にあるとされる極楽浄土との距離が最も近くなり、彼岸に渡りやすくなるという信仰が生まれ、この信仰が彼岸会の行事と結びついたと言われています。
彼岸会が、庶民に広がったのは江戸時代です。

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。