お布施(2万5千円~)が、格安の
良心のお葬式
近年の葬儀状況と葬儀費用・葬儀相談!!



低料金・低価格・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

亡くなった時

病院で亡くなった時

近年は、殆どの方が病院で亡くなると思います。
そして、殆どの病院で遺体の清拭(せいしき)を行ってくれると思います。
この場合は、湯灌は必要ないと思います。
この清拭の時に、葬儀の段取りを行います。
最初に、枕経をあげてくれるお坊さんをさがします。

自宅で亡くなった時

自宅で亡くなった時は、最後に看取って頂いた医者に死亡診断書を書いて頂きます。
或は、死体検案書を頂きます。
亡くなったのを確認後、湯灌(遺体の清拭)を行います。
或は、業者に湯灌を依頼します。

最初に、お坊さんに枕経を依頼

亡くなった方の清拭が終われば、最初にすることが、お坊さんに枕経(まくらぎょう)をあげてもらうことです。
近年では殆どの方が、「檀家離れ」となっていると思いますので、事前に「どの坊さんに依頼するか」を探しておく方がいいと思います。
葬儀社依頼もそうですが、最初のとっかかりが大事です。

葬儀相談

私達は一生のうち、葬儀に関わることは殆どありませんので、事前に葬儀相談を「葬儀とは利害関係のない所」に葬儀の相談を行っていたほうがいいと思います。

葬儀社との打ち合わせは枕経の後で

葬儀社依頼、或は葬儀社との打ち合わせは、枕経の後に行います。
近年では、通夜の際に「枕経をあげますか」といわれる葬儀社の方がおられますが、これは間違いです。
枕経は、亡くなった直後にあげるべきお経なのです。

葬儀の相談・葬儀の時の読経

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。