必ず、迷信に惑わされないように相談を!!

元警察官現僧侶 に、葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

葬儀と四十九日法要(満中陰法要)

49日法要

四十九日法要
四十九日法要とは、人の死後の49日目に行う法要のことです。
仏教では、死亡日を含め49日間を「中陰」と言って七日毎にお勤めをします。
死亡日から数えて七日目を「初七日」、次の七日目を「二七日」、次に「三七日」、「四七日」、「五七日」、「六七日」、最後の七七日の四十九日目が「満中陰」となります。
人が亡くなると、極楽浄土に行けるかの裁判が七日毎に行われると言われています。
極楽浄土に行けるように七日毎に法要を行うのです。
只、近年では七日毎に法要を行うのは難しいため、最初の裁判が行われる「初七日」と最終裁判の「四十九日」の法要を行うのが一般的となってきました。

故人が迷わないための大切な仏事ごと

極楽浄土へ

49日法要は大切な仏事ごと
一般的には、故人が迷わずに極楽浄土に行けるように七日毎の法要を行います。
存命中に悪行を重ねた人間でも、七日毎の供養を行うことで故人は迷わず極楽浄土に行けると考えられています。
私たち浄土真宗は、身内の死の悲しみの中から故人の遺徳を偲ぶとともに、これを縁として人生の拠り所となるお念仏の教えを聞き、阿弥陀如来さまへの報謝の念を深めるための仏事ごととしております。
中陰法要の一回一回が、大切な仏縁であるわけです。

迷信に惑わせれないこと

迷信を信じない

四十九日法要に関して、「四十九日が三月にわたるといけない」という迷信が広くいきわたっているようです。
三月にわたる前に、法要を済まそうとします。
五七日(35日)に法要を行ったり、それ以前の日曜日など、休みの日に済ませたりします。
しかし、よく考えればわかることですが、月の15日以降の後半に亡くなると、当然、四十九日が三ヵ月にわたってしまいます。
月の後半に亡くなれば、三ヵ月にわたってしまうのに、「四十九日が、三ヵ月にわたるといけない」というのは「始終苦(しじゅうく)が身につく(三月)」からだということです。
これは、完全なる語呂合わせでしかない迷信なのです。