安いお布施の「良心のお葬式」
低料金・低価格で、いい葬儀・家族葬の実現
格安・お布施の「お坊さん」へ依頼

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)

近年、お葬式の方法・費用も色々

元警察官現僧侶 に葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

お葬式のことなら「良心のお葬式」

近年のお葬式の基本は3方法!!

・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

低料金・低額の安い・良い葬儀を行うには、必ず相談を!!

低料金・低額の安い葬儀・尚且つ良い葬儀の実現

私達は、お葬式(葬儀)は高いものという感覚があります。勿論、お葬式(葬儀)となった場合、安くつくものではないと思います。
身内が亡くなってお葬式となった場合、「ちゃんとお葬式をしなければならない」と思い、次に頭によぎるのが「お葬式は高くつく・どれだけ費用が掛かるのだろう?」とか「低料金・低額・安くお葬式を執り行いたい」だと思います。
誰しもこのように考えて当たり前だと思います。
私達は、低料金・低額・安く、尚且つ良いお葬式を執り行うための方策を知ることが大切です。

普段から葬儀知識を得ることが大切

私達はお葬儀は高いという観念があります。
これはあまり経験しないお葬式ですから、今までの人から聞いた感覚なりで「お葬式は高いもの」と思ってしまっているのだと思います。
勿論、お葬式は安く行われるものではないと思います。
ですが、その高額に費用が掛かるお葬式に於いても「葬儀に対する知識」を持っていれば、高いままのお葬式で終わらせることなく、出来るだけ低料金・低額・安く、費用を抑えた、尚且つ良いお葬式が執り行えると思います。
「お葬式は高くつくもの」という考えを払拭して、友人・知人などのお葬式があった場合には、積極的にお手伝いを行ったり、或は葬儀社から資料を取り寄せるなどして、普段から葬儀に対する正確な知識を得ることが、低料金・低額・安いお葬式に繋がっていくと思います。

葬儀となった場合、葬儀の無料相談を!!

身内の死に対し、私たちはどうしても慌ててしまうことが多いと思います。それは当然なことです。
只、後々、後悔しないお葬式とするために、葬儀の無料相談を行ってはどうでしょう。
近年では、大半の方が病院で亡くなられます。
ですから、どうしても、まず頭に浮かぶのが「どこの葬儀社に」という考えに至ってしまい、即、葬儀社に依頼してしまい失敗することが多いのだと思います。
一昔のように、まずお寺に、或は隣保長に「相談」という考えをもってすれば案外失敗は少ないと思います。
身内が亡くなった場合、まず最初に頭に浮かぶのが「遺体をどこかに運ぶか?」「葬儀社はどこに?」となってしまい、その場に居合わせた看護師さんなり、人に言われるままに葬儀社を選んでしまうことが多いのだと思います。
そのことが悪い葬儀につながるとは言えませんが、只、低料金・低額・安い・良いお葬式に繋がるかと言えば疑問だと思います。
現在は誰もがスマホを持っている時代ですから、やはり一呼吸おいて、葬儀の無料相談を利用して、多少の葬儀知識を得てから葬儀社依頼を行えば、最良の結果が得られるのではないでしょうか。
この時、無料相談と言っても「葬儀社の無料相談」であれば当葬儀社に誘導される恐れがありますので、第三者的・中立的な無料相談所を利用するのが最善な方法だと思います。
「良心のお葬式」は、葬儀・法事を出来るだけ低料金・低額で安く、尚且つ良いお葬式を、と組織した葬儀・法事のサポートセンターです。
その為、同センターに無料相談受理者として元警察官で現在僧侶を顧問として据えています。

自分宅の葬儀予算を考える

私達はお葬式となった場合、どうしても「良いお葬式を・葬儀費用は低料金・低額・安く」と思います。
お金をかければそれなりの立派なお葬式が出来て当たり前です。
しかし、私たちは自分宅の葬儀にかけられるお金(目安・予算)というものがあります。
いくら故人を偲んで良いお葬式をと思っても、借金をしてまでは、故人も浮かばれないと思います。
自分宅の葬儀にかけられる予算の範囲内でお葬式をすることが良いお葬式ではないでしょうか。
自分宅の葬儀予算範囲内の低料金・低額・安い葬儀を目指してこそ良いお葬式になると思います。

諸々の葬儀社の知識を得ておく

現代社会は、全てが経済・お金で社会が回っている時代です。
日本は高齢化社会で、葬儀業界は一大産業となっておりますので、色々な葬儀社が乱立しております。
又、元々葬儀社でない企業も資本力・ネイムバリュを生かして葬儀業界に参入し、或はメデァを最大限に利用して派遣・斡旋業を行い、葬儀業界に参入してきている企業もあります。
葬儀社、或は葬儀業界のあり様を知ることによって、低料金・低額・安く・良い葬儀を行うことが出来るのです。
諸々の葬儀社などを見てみますと、
・全国的規模の大手の葬儀社
・数都市だけに会館を持つ中小規模の葬儀社
・夫婦、親子で営んでいる小規模の葬儀社
・葬儀社ではないが資本力・ネイムバリュを利用して集客を図り、葬儀社に葬儀の斡旋を行う斡旋業会社
・テレビ。新聞などメデァを利用して集客を図り、葬儀社に葬儀の斡旋を行う斡旋会社
などがあります。
このような葬儀業界の中で、どの葬儀社を選べば葬儀を低料金・低額・安く・良い葬儀を行うことが出来るかを考えなければならないわけです。
単純に考えれば、資本主義社会の経済界に於いて「直接取引」が一番安くつくと思います。
中間搾取・中間マージンを取られない分、安くつくと思いますから。
只、直接取引であっても、あまりにも宣伝などに費用をかけている企業に於いては、その宣伝費用を上乗せして商品を売らなければなりません。
このような経済の仕組み・流れ、各企業の実態を知ることこそが低料金・低額・安くて良い葬儀(お葬式)に繋がると思います。

葬儀会館選びからの葬儀社依頼

葬儀に執り行うにあたって、葬儀費用として高額なのが祭壇・棺・会館使用料です。
この高額な会館使用料を出来るだけ抑えれば、低料金・低額・安いお葬式が実現できるのです。
一般的には、葬儀を依頼するにあたって、「葬儀費用の安くつく所」と葬儀社を探しますが、葬儀社から葬儀依頼を行う葬儀社をさがすのではなく、低料金・低額の安くつく会館を見つけ、その会館を利用できる葬儀社に依頼するのも、葬儀費用を低料金・低額に抑えるコツです。
この手法も安くて良い葬儀を執り行うための1つの方法です。葬儀会館にも色々あって
・葬儀社(大・中・小規模の葬儀社)経営の葬儀会館
・お寺の本堂
・お寺の運営する葬儀会館
・公営の集会所・公民館
などがあります。
これらの会館使用料の安い所を利用して低料金・低額・安い・良い葬儀を実施することが可能です。

会員制を利用しての葬儀

葬儀(お葬式)には、会員制を取り入れている葬儀社があります。
このような葬儀社の謳い文句が「会員になれば葬儀費用が安くつきます」となっているのではないでしょうか。
確かに会員制は積立金を行って、その積立金を利用してお葬式を執り行うものですから、上限設定が打ち出されている葬儀費用で、その掛け金のみで葬儀が行われるのであれば安くつくと思います。
只、その積立金だけでは葬儀を執り行うことが出来ず、その積立金プラス追加料金によって葬儀を行うのであれば、追加料金によっては安いお葬式とは言えないかもしれません。
このように考えますと、積立を行っているので、低料金・低額・安いお葬式となるとは限らないようです。
積立金プラス追加料金によっての葬儀は、豪華なお葬式は執り行うことが出来るとは思いますが、「低料金・低額・安い」お葬式にはならないと思います。
会員になるにあたったは、その辺のことを十分調べ、自分宅の葬儀をどうするかの目安・予算を考えて会員になることだと思います。

お布施は、葬儀費用とは別料金

僧侶の読経依頼もよく考えて!!
日本に於いては、昔から仏式でのお葬式を執り行ってきました。この場合、当然僧侶に対するお布施が派生します。
このお布施は、葬儀費用とは別料金で、葬儀費用には当然含まれていません。
お布施は決して安いものではありません。
お葬式を執り行うにあたって、低料金・低額で安い・良いお葬式を考えるならば、このお布施が「いくら?」を考えなければならないと思います。
葬儀(お葬式)に於けるお布施も、依頼先によって様々です。
「一僧侶に読経をお願いするのにお布施額が違う」のであれば、当然依頼先を考えて、依頼しなければならないのは当然なことと思います。
「低料金・低額・安い」尚且つ、良いお葬式を考えるのであれば、僧侶依頼もよく考えて依頼しなければならないと思います。

低料金・低額・安いお葬式の考え方

私達は何に於いても無駄な出費はしたくないものです。
無駄な出費こそが高額なものとなってしまう原因だと思います。
お葬式に於いては、無駄な出費が無く、自分自身が納得し、自分宅のどのようなお葬式にしたいかという目安を持って予算範囲内の費用でおさめること。
これが良いお葬式、つまり「低料金・低額・安い」お葬式だと思います。
自分自身が納得するということは、やはり故人・ご先祖を想ってのお葬式であり、その思いこそが残された私たちを幸せにして頂けることだと思います。