低料金・低額の安いお布施

お布施とは
一般的に言えば、葬儀や法事・法要などの際に行う僧侶に対しての施しをいいます。
この布施は、仏教の行の1つで「ほどこす」という事です。
この布施行には、法を説く「法施」、財物を施す「財施」、畏怖の念を抱かせない「無畏施」があります。
私達が一般的に言っており、葬儀などの際、僧侶に渡しているお布施はこの財施に当たるわけです。

お布施は「低額・低料金・安い」を基本に

現代、お布施は僧侶の生活を維持するためのものとなっているようです。
その為、お布施は高額という事をよく聞きます。
葬儀(お葬式)に於いて、数十万のお布施を渡していれば、葬儀費用と変わらない金額となってしまいます。
お布施は「僧侶の行」なのですから、一般的に言って

低額・低料金・安い

でなければならないと思います。

依頼先によってお布施額に大差

葬儀・法事に於いて、依頼先によってお布施に大きな差があるようです。
・お寺に直接、僧侶読経を依頼すれば○○十万円
・葬儀社を通して、僧侶の読経を依頼すれば△△十万円
・メデァ(パソコンなど)を通じてならば□□十万円
と金額に差があるのです。
このうち私たち皆に分かるのがメデァ(パソコンなど)を通じてのお布施額だと思います。
これはメデァを通じて、皆の目に晒されているからです。

お布施は高すぎる(安いお布施で)

ある僧侶が弁護士の方に
「1時間以内のお経で20~30万円は高すぎる。私たちは20~30分の相談を受けるが5,000円です。
それに比べればお布施は高額過ぎる」と言われたそうです。現在は、「お寺・僧侶が職業で、生活が成り立っている」から高額のお布施所以かもしれません。

斡旋業を通すから高額のお布施に

現代社会は、色々な職種によって成り立っています。
この職種の中に「斡旋業」と言われる仕事もあります。
葬儀・法事に於いても・メデァを利用して宣伝活動を行い、集客を図っています。
この集客のための宣伝費は、バカにならないほど高くつくそうです。
そのことがあってのことだと思いますが、葬儀・法事などを斡旋業から紹介されれば、約半分の金額を紹介料として渡さなければならないのが相場となっています。
こういうことも、お布施が高くなっている一因かもしれません。

お布施についても無料相談を!!

葬儀(お葬式)・法事を行うに際して、出来るだけお金を使わず「低額・低料金・安いお布施で」と、誰しも思うことです。
日本は昔から仏教国です。
この伝統を受け継ぎ、故人を偲び、生かされている喜びを感じての「僧侶読経」でなくてはならないと思います。
その為にも、お布施は「低額・低料金・安い」でなくてはならないと思います。

葬儀時の僧侶読経の対応地域

葬儀の読経・対応地域
「良心のお葬式」では、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都など
の地域及び岡山・鳥取・広島方面などに応じています。