お葬式にお坊さんを呼ぶ

最初にお坊さんに連絡

お葬式となった時、どうするか?大半の方が葬儀社に連絡しようとします。
ですが、本当は僧侶に連絡し「枕経」をあげなくてはなりません。

家の宗派の確認

自分の家は何宗なのか?
私達は葬儀を執り行うにあたって、殆どの方が読経(お経)でお葬式を行います。
古来から仏教国である日本で育った私達は大半の方が仏式でのお葬式です。
「自分宅の宗派はどの宗派か」と、いうことが問題になります。
当然、自分宅の宗派での読経(お経)で葬儀を行うことになります。
ですから、自分宅の宗派を知っておく必要があります。
一昔までは、お爺さん、お婆さんに連れられてお寺に行っていました。
最近では、そのようなこともなくなり、自分宅の宗派が分からない方が多くみられます。
葬儀には、「自分宅の宗派は何処なのか」は、必要ですので事前に調べておきましょう。
ご遺体の安置後、枕経(まくらぎょう)をあげます。

檀家・門徒制度の崩壊

檀家・門徒制度が確立されたのは江戸時代です。
徳川幕府が庶民を管理するために行った制度で、地域を分断して、その分断された一地域を旦那寺としてお寺に私達庶民を管理させたのが始まりです。
つまり幕府は、幕府の転覆を企てるものを恐れ、お寺に庶民を管理させ、庶民はお寺より身分を保証されたのが檀家・門徒制度の始まりです。
ですから、菩提寺はこの江戸幕府の管理から始まっているのが大半だと思います。
私達は「お寺を見れば心が休まる」「お寺でお釈迦さまの教えを聞きたい」ということでは、お寺は必要だと思います。
ですが、「お寺に代々居住して、他のことで生計を立てている」或いは「お寺には住職と名乗るものはいるが、お釈迦さまのみ教えを私達に伝えて頂けない」などのお寺は檀家・門徒という制度は不要ではないでしょうか。
お布施にしても、僧侶が「み教えを伝える」ことによって得られるのがお布施であって「お寺を維持する」「そのお寺の生計を維持する」ためのお布施は、お布施という言い方を使っているだけであって、本当のお布施ではないと思います。
菩提寺がある方
菩提寺がある方は、当然宗派は分かっていると思います。
安置以後は、そのお寺に連絡すればいいと思います。
菩提寺の無い方   
現在では、檀家となっている方は90%を切っているともいわれ、菩提寺を持たない方が大半なのです。
ですから、菩提寺を持たない方は自分宅の宗派が分からないと思います。
そのような方は、「自分宅の宗派が何なのか」を確認しなければなりません。
どうしてもわからない場合は、親戚縁者に訃報の連絡の際に、親戚縁者に聞くのも1つの方法です。
自分宅の宗派が分かれば、自分宅の宗派の僧侶をさがし依頼すればいいと思います。
宗派が全く分からない方
葬儀に際して、全く自分宅の宗派が分からない方もおられると思います。
そのような方は、自分宅に一番身近な身内の宗派で葬儀を行うのも1つの方法です。
そのようなこともない場合は、僧侶に相談して下さい。

自分宅の宗派の相談

「良心のお葬式」では親身になって相談に乗ってくれる僧侶がいます。
特に、元警察官の僧侶が「良心のお葬式」の顧問として在籍しておりますので、是非相談して下されればいいと思います。

資格のある誠実な僧侶に依頼-菩提寺の有無は関係なし

 菩提寺が無い方は誠実な僧侶へ

現代は都市集中型社会かつ核家族社会であり、都市では菩提寺としてのお寺とのお付き合いのある方は殆ど無くなってきました。
注)菩提寺(ぼだいじ)とは、代々その寺の宗旨に帰依して、
(先祖の)位牌を納めてある寺のことです。
菩提寺としてのお寺が欲しい方は、葬儀・法事などに於いて菩提寺としてのお寺とお付き合いを再開してもよいと思いますが、そのような考えのない方は新たに探すのが良いと思います。★ 菩提寺がある方は菩提寺へ依頼
現代は仏教離れ・宗教離れしているのが現実ですが、私たちはご先祖の歴史をないがしろにすることはできません。
ですから、菩提寺としての経緯の良し悪しは別としまして、現在も菩提寺としてのお寺がある方は葬儀・法事などは菩提寺に依頼するのが筋かもしれません。

お寺は世襲制資格さえあれば同等

お寺は建てることはできない
お寺は世襲制ですので、お寺を持たない僧侶がいても当然なことなのです。
お寺を持たない僧侶も持っている僧侶も
「資格さえあれば同等」
なのです。
お寺だからと言って、資格があるとは限りません。
お寺は寺院の護持を考え檀家(門徒)を維持、増加を考えますし、私たち一般人は祖先が大切に守ってきた僧侶読経による故人のお見送りを望みます。
私達は寺院の文化財として価値ある物は残すべきと誰しも考えますが、何の教えも説かない世襲制だけのお寺は護持の必要はないと考えても不思議ではありません。
僧侶は葬式坊主と言われないためにも常に精進すべきであり、私たち一般人は日本古来の僧侶読経でのお葬式を行うにあたっては、適正価格のお布施を考え布施を行うべきではないでしょうか。
私達は、今後もお寺と檀家(門徒)としてのお付き合いで考えるならば、お寺に葬儀・法事法要を依頼すればよいと思います。
ですが、お寺或いは僧侶とのお付き合いがその都度、その都度のお付き合いでよいならば、メデァの発達している現代、自分自身で良い僧侶を探すのが一番賢明な方法かもしれません。
関西方面のお布施額について

依頼先によってお布施額に違いお布施2
お布施については地域・お寺・僧侶によってまちまちなのが現実です。
只、メデァの発達によってある程度お布施額は事前に知ることが出来ます。
葬儀方法並びに僧侶の読経回数などによってもお布施額に違いがあります。