安いお布施の「良心のお葬式」
低料金・低価格で、いい葬儀・家族葬の実現
格安・お布施の「お坊さん」へ依頼

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)


元警察官現僧侶に、葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

納骨とは

納骨の意義
納骨とは、遺骨をお墓や納骨堂などに納めることをいいます。
お墓は故人の徳を偲び、私たちに命のはかなさや阿弥陀如来さまの大きなお慈悲に気づかせて頂く、ご縁の場所なのです。
納骨時期
納骨の時期について、特段決まりはありません。
多くは満中陰(四十九日)法要が終わった後の適当な時期に納骨します。

納骨の種類

現代の納骨方法は主に4方法(実質3方法)です。その中の1つを選びましょう。
納骨の種類
◎ 墓への納骨
石墓・・・昔ながらの石のお墓です。
この場合は、以前に作られたお墓或いは新たに建墓して納骨する方法です。
最近では「樹木の下で眠る(眠りたい)」ということから樹木葬という墓への納骨も宣伝されています
◎ 納骨堂への納骨
納骨堂・・・建物内に置かれている仏壇状の入れ物です。
お寺或いは墓苑の経営者が納骨場所として建物内に納骨を行えるボックスを設けて、そのボックスに納骨することをいいます。
◎ 永代供養
永代供養・・・身内だけでなく、他人のお骨も一緒のお墓に入れてしまうもので共同墓地と思えばいいでしょう。
本来、永代供養とは寺院が永代にわたって檀家人を供養することを言うと思いますが、現代は、お寺或いは墓苑管理者が他の人と一緒に墓地に埋葬する意味で、永代供養と使っているようです。
この他の人と一緒の永代供養の納骨は、経費的には安くつき、最近では増加傾向のある納骨方法となっています。
◎ 散 骨
散骨・・・海や山などにお骨をまく方法です。
この散骨は、故人の遺志で海洋への散骨を希望されて行われているようです。
散骨は「どこにでも」というわけにはいきませんので当然法的規制があります。
※注
いずれの納骨も業者・寺院に依頼するようになりますので後々、業者・寺院などと争いごととならないためにも、よく納骨のことを調べてから納骨すべきだと思います。
納骨方法の4種類の詳細です。
☆ 石墓
従来からの石のお墓です。最近では、縦長ではなく横長など個性的な色々な石のお墓が作られております。
又、購買意欲をそそるような「桜の木の下で眠らせてあげたい」など広告宣伝がされていますが、桜の木の下には石のプレート内に納骨するようになっていますので石墓といっていいでしょう。
☆ 納骨堂
建物内に置かれている箱状の入れ物です。
この納骨方法は、お寺・業者などが建物内に大小多くのボックスを作り、納骨出来るようになっています。
最近では、お墓参りをするのに雨風にさらされず、山など高低差の無いところに建物がありますので重宝されているようです。
只、注意しなければならないのは、殆どの所が年間の管理費を徴収されています。
☆ 永代供養(共同墓地)
身内だけでなく、他人のお骨も一緒のお墓に入れてしまうもの。
本来永代供養とは、永年にわたって供養することを意味しますが、最近では身内だけでなく他人も一緒のお墓に納骨することを永代供養と言っているようです。
この方法は、一度納骨してしまうと預けたお骨を返納してもらおうとしても、他人のお骨と混じってしまっているため、返納してもらえないことだと思います。
この納骨方法も、お寺・業者等が行っております。
☆ 散骨
海などにお骨をまく方法です。
この方法は、故人の意思を尊重する意味において、遺言などが必要と思います。
又、どこにでも散骨することが出来ないため法的規制があります。
納骨の問題解決(「良心のお葬式」の強み)
私達は、ご先祖をまつるにあたって自分宅に見合った納骨を行おうとするのが自然な流れだと思います。
例えば、
「自分宅にはお墓はあるが遠くの田舎にあり、なかなか行けない。」
「居住地の近隣にお墓はあるが、交通の便が悪く行きにくい。」
「後継ぎがいないので、他の人と一緒の永代供養にしたい」
‥など色々な思いがあると思います。
「良心のお葬式」では、元警察官の僧侶が在籍し、近畿圏の葬儀から納骨など葬祭・仏事ごと或いは終活問題(遺産・相続・土地活用)など全てに亘って、情報収集並びに士業の方と連携を取りながら親身になってご相談に応じています。
後々、後悔しないためにも是非「良心のお葬式」をご利用下さい。

納骨の流れ

納骨は、四十九日法要後であれば、いつでも納骨できます。
お墓などの無い方は慌てて納骨するのではなく、どこに納骨するかじっくり考えてから納骨されればと思います。
何も慌てて納骨する必要はありません。

葬儀時の納骨の流れ
人の死

葬儀式

火葬場

ご遺体を火葬に付す

収骨

納骨
(四十九日法要後に納骨)