これからの芦屋市の葬儀は、
お布施が、格安の「良心のお葬式」へ

低料金・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

芦屋市の葬儀、葬儀の低料金化

一昔前は、豪華な葬儀

葬儀は時代とともに変遷していくものです。
一昔前までは、弔問外交という時代もあって葬儀にお金をかけていました。

近年の葬儀は、お金をかけない葬儀に移行

近年は、葬儀にお金をかけなくなっています。
又、核家族化・親族間の疎遠化等によって、参列者も少なくなっています。

芦屋市の葬儀(低料金葬儀を実現)

低料金葬儀
近年は、核家族化・親族間の疎遠化・近隣住民との希薄化や宗教離れ・仏教離れが相重なって、お金をかけない葬儀となっているのが現状です。
これからは、更に、人と人の疎遠化が進み、お金をかけない葬儀(低料金葬儀)となると見込まれます。
葬儀に参列者が少ないということは、低料金葬儀に繋がります。
1つは、葬儀式場が狭くて済みますし、低価格の式場借り上げ費用で済みます。
1つは、その葬儀式場に見合った祭壇で済みますので、葬儀式場が小さくなった分、祭壇費用は安くつきます。
1つは、参列者が少数なので、飲食費が少経費で済みます。
1つは、親族間の少人数の葬儀では、見栄を張ることもなく棺にお金をかける必要もないと思います。
今までは葬儀を執り行うにあたって、どの地域にあっても、お金をかけた豪華な葬儀を執り行ってきたと思います。
今後は、逆にお金をかけない、親族のみでゆっくりと故人を偲ぶ葬儀に移行するものと思われます。
芦屋市の概況
芦屋市は兵庫県の南東部、大阪と神戸のほぼ中間に位置し、面積1,857ha、東西約2,5㎞、南北約9,6㎞と南北に細長い町で、北は六甲の山並み、南は大阪湾に面し、気候温和な自然環境と便利な交通環境など、生活条件に恵まれた住宅都市です。
昭和26年に「芦屋国際文化住宅都市建設法」が制定され、国際性と文化性にあふれる住宅都市の形成を目指した魅力ある街作りを進めてきました。
平成7年1月17の「阪神・淡路大震災」によって壊滅的な被害を受けましたが、復興とともに安全で快適な街作りに取り組んできました。
第4次総合計画(平成23年策定)では、「自然とみどりの中で絆を育み、新しい暮らし文化を創造・発信するまち」を将来像として掲げています。
人口は約9万人です。

葬儀(家族葬)時の読経・対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・摂津・大阪~京都などの地域に於いて対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。