葬儀費用の実態

葬儀費用はいくらかかるのか?
日本消費者協会の調べでは、最近の葬儀費用は平均額1,266,593円となっています。
只、地域、葬儀社、葬儀内容によって違いが出てくると思います。
全国平均額
2010年に行われた日本消費者協会の調べでは、葬儀にかけた総額は全国平均で1,998,861円(最高額8,100,000円、最低額200,000円)だということです。
葬儀費用の主な内訳
1、葬儀一式(葬儀本体)費用
葬儀費用の平均額(日本消費者協会調べ)
・平均額1,266,593円
・最高額5,000,000円、最低額200,000円
2、寺院費用(日本消費者協会調べ)
・平均額514,456円
・最高額1,888,016円、最低額10,000円
3、飲食接待費(日本消費者協会調べ)
・平均額454,716円
最高額4,500,000円、最低額15,000円
葬儀費用の吟味
葬儀を執り行うにあたって、どれぐらいかかるのか?
私達が、一番留意しなければならないことだと思います。
葬儀社、葬儀内容によっても変わりますので、こちらの葬儀に対する希望内容などをしっかりと伝えることも大切です。

葬儀費用の具体的実態

現代の葬儀費用の目安
葬儀費用は、葬儀社によって価格差が大きいので注意が必要です。
又、地域によっても違います。
全国での一応の目安となる葬儀価格を記載します。

種類 直葬 1日葬 一般葬
通常の
葬儀費用
約150,000円前後 約300,000円~
約500,000円
約500,000円~
約数百万円
「良心のお葬式」推奨葬儀 95,000円 285,000円 413,000円

葬儀費用に価格差

葬儀社の乱立・葬儀費用に価格差
現代は高齢化社会であるため、葬儀業界は一大産業を成していると言われています。
葬儀社の乱立時代で大小多種多様な葬儀社が存在しています。
値段競争も激しく、葬儀費用は葬儀社によって価格差が大きい業界と言っても過言ではありません。
葬儀社によって価格差が大きい
現代は一昔前と違い、葬儀には3方法の葬儀形態が行われております。 
その葬儀方法によって葬儀費用の違いがあります。 
又、葬儀費用は地域・葬儀社によってかなりの違いがあります。 
 葬儀社によって価格差が大きく注意が必要です。