安いお布施の「良心のお葬式」
低料金・低価格で、いい葬儀・家族葬の実現
格安・お布施の「お坊さん」へ依頼

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)

お葬式のことなら「良心のお葬式」

近年のお葬式の基本は3方法!!

・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

葬儀に費用をかけない葬儀

現代の葬儀は、お金がかかりすぎ?

葬儀には「ン十万~ン百万円」の葬儀費用が掛かってしまいます。
近年では、「生命保険で葬儀費用に充てる」という生命保険が出ているほどです。

葬儀(お葬式)の行い方の見直し

自分で行える範囲の葬儀

現代、お金がかかるお葬式になっているのは、「お葬式という形にはまった葬儀」を行うからではないでしょうか。
勿論、棺桶・火葬場に行く遺体搬送車両、亡くなった所から遺体安置場所までの遺体搬送車両は、最低限必要かもしれません。

葬儀節約の為、「スタッフなし」「司会なし」の葬儀を!!

近年では、葬儀社のスタッフが一人で行っている場合があります。
葬儀式が始まるまでには、病院で亡くなれば病院から安置先までの遺体搬送、遺体の安置を行う葬儀社のスタッフがいります。
遺体を安置場所に搬送後は、司会など式進行は一人で行っている葬儀社もあります。
或は家族葬だからと、全く焼香の案内などもない葬儀もあります。

祭壇なし・お仏壇用の生花のみ!!

近年のコロナ禍での葬儀にあっては、「直葬葬儀」を行い、その後、故人の自宅においてお経をあげる葬儀となっています。
このコロナ禍の葬儀にあっては、全く祭壇など不要なのです。
このコロナ禍で執り行われる葬儀と同じ執り行い方で葬儀を行えば、「葬儀社のいらない葬儀」となります。

「葬儀社のいらない」葬儀

葬儀は直葬→故人を偲ぶお経

近年は、祭壇など利用しない直葬という葬儀が増えつつありますし、祭壇を使っての葬儀式にあっても、簡素な少人数の葬儀式が非常に増えてきているのです。
そのように考えますと、祭壇のいらないお葬式・費用節減のお葬式が出来るということです。

「良心のお葬式」の活動範囲

「良心のお葬式」の活動(葬儀の読経のお勤め)は、兵庫県の姫路市を基点としての播磨地域、神戸・西宮・尼崎・豊中吹田・大阪を基点とした京阪神地域、その他ご要望に応じた地域で対応させて頂いております。

葬儀(お葬式)対応地域

姫路神戸芦屋
西宮尼崎伊丹
宝塚三田川西
摂津茨木豊中
吹田池田箕面
大阪枚方高槻
寝屋川京都
東大阪明石加古川
たつの市太子町長岡京市
※相談することによって大半が解決します