関西各市の葬儀

ホーム > 関西各市の葬儀

葬儀・西宮  市民のサポートセンター  24時間対応

急ぐ時ほど、まず相談

葬儀の市民サポートセンター

「良心のお葬式」は、葬儀・法事の市民サポートセンターです。同センターでは、元警察官で現僧侶を顧問として迎え、皆様の相談に応じています。

葬儀社依頼は慎重に

家族の死に臨み、「お葬式」イコール「葬儀社に頼まなければ」と、慌てて頼み失敗したとよく聞きます。
お葬式となった場合、絶対「葬儀社」に依頼しなければならないのですから、慌てて依頼してしまえば取り返しがつかなくなってしまいます。

「絶対、依頼しなければならない」、だから尚更、慎重を期さなければいけないと思います。

「良心のお葬式」の推奨葬儀

直葬(釜前葬)

115,000円
1日葬

285,000円
一般葬

413,000円
一般葬

525,000円

葬儀
私達は身内の死に対し昔から葬儀を執り行ってきました。
現代は、核家族化となって家族葬という名の身内だけのお葬式が多くなってきておりますが、少人数であっても長年生きてきたであろう故人を偲び、どのような形であっても葬儀式を行うことは大切なことではないでしょうか

 

西宮の事情通(元警察官で現僧侶に)

今(至急)、西宮でお葬式が必要な方は、西宮全般の事情や西宮の葬儀関係に詳しいものに聞くのが一番です。

「良心のお葬式」では、西宮に精通している元警察官の僧侶が顧問をしておりますので相談を兼ねて、西宮の葬儀関係など色々聞いてお葬式を決めればよいと思います。

直ぐに、無料相談を!!

「良心のお葬式」は、元警察官の僧侶が顧問をしており、同僧侶は西宮市内の葬儀関係など色々詳細に把握しておりますので、兎に角お電話下さい。

     元警察官の僧侶が顧問の
        「良心のお葬式」

最近では病院で亡くなられる方が殆どだと思います。そのことから、どうしても病院からご遺体の搬送ということで葬儀社を決めてしまいがちです。
一旦、ご遺体を搬送して頂いた葬儀社には、葬儀依頼を断ろうと思ってもなかなか断りにくいものです。
ですから、ご遺体搬送までに絶対無料相談を行うべきなのです。

 

仏式葬儀

葬儀に際し、僧侶読経は自分自身で依頼しなければなりません。
よく葬儀社に僧侶の読経依頼も葬儀依頼と同時に依頼される方がおられますが、葬儀費用・僧侶のお布施もまとめて葬儀費用としている所もあり、全くの別組織ですので別々に依頼する方が明瞭な料金体系になると思います。

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

読経(お経)

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

葬儀依頼前後に枕経をあげる

枕経を忘れずに!!

一昔前までは、人が亡くなればまず枕経(まくらきょう)をあげたものです。
最近では、大半の方が病院でお亡くなりになりますので、ご遺体搬送の関係からどうしても先に葬儀社に連絡してしまいます。
一昔前までは、人が亡くなれば、まず枕経(まくらきょう)をあげたものです。
最近では、大半の方が病院でお亡くなりになりますので、ご遺体搬送の関係からどうしても先に葬儀社に連絡してしまいます。
しかし、あまり経験しない葬儀に於いて、後々後悔しないためには、ご遺体搬送後に葬儀方針を決定し、その後に、葬儀社依頼を行うのが失敗しないための方法なのです。

葬儀方針決定後、葬儀社に連絡する前後に僧侶に枕経を出来るだけ早くあげてもらうのが最良の方法なのです。一昔前は身内が亡くなった場合、最初に行っていたのが、お寺或は僧侶に連絡してまず枕経をあげていたものです。

枕経をあげることによって「死顔が奇麗になる」と言われています。
最近では、宗教離れ・仏教離れから「お葬式前に枕経をあげる」ということを知らない方もおられますし、葬儀社の方も「枕経をあげる」或いは「何時、枕経をあげるのか」知らない方もおられ、ついつい枕経をあげないままに終わってしまっております。

枕経をあげる    ↠    お顔が奇麗になる

   ↠   

 

お葬式・読経(お経)は、安心して任せられる

僧侶・司法書士のグループ

          元警察官  の僧侶が顧問の
           「良心のお葬式」へ

 

葬儀方法の決定

葬儀を行うには葬儀方法(どのようなお葬式にするか)を決めなければなりません。
近年では葬儀方法は3方法があります。そのうちの1方法を決めればいいのです。葬儀方法を決めるということは、葬儀のほぼ半分が終わったといっても過言ではありません。

葬儀相談から葬儀方法の決定

葬儀方法
直葬 1日葬 一般葬の中から1方法を決定する。

3方法から1方法を決定

直葬
(釜前葬)
1日葬 一般葬

この1方法に決めた後、細部の葬儀段取りを順次決めていけばいいのです。
◎ 直葬(釜前葬)とは、死亡した後、通夜・葬儀式などを行わず、24時間後に火葬に付すことをいいます。
直葬の釜前葬とは、火葬場において火葬に付す直前に僧侶の読経を行うことをいいます。

◎ 1日葬とは、通夜を行わず葬儀のみを行う葬儀形態のことをいいます。
通夜がない分費用的には安くつくと思います。又、1日で葬儀が終わりますので気苦労も少なくて済むと思います。

◎ 一般葬とは、従来から執り行われている通夜、そして翌日に葬儀を行う葬儀形態のことをいいます。

葬儀の細部を決定
この3方法の葬儀形態の1形態を決定すれば、「参列者はどの程度の人数にするか」「祭壇をどれにするか」「骨壺はどれにするか」「棺はどれにするか」「香典は頂くか否かの決定」「挨拶状を使用するか」「参列者への返礼品をどうするか」など細部のことを決めていけばよいのです。

葬儀方法決定後、葬儀社選び

葬儀社依頼は慌てない!!

病院で亡くなられた場合、ご遺体の搬送を病院側から急がされるような気持になりますが、十分葬儀社を選んだりする時間はあります。
じっくりと構えて余裕をもって葬儀社を選びましょう。

「自分宅の葬儀をどうするか」という葬儀方針が一番大事なことですが、その葬儀方針が決まれば、ほぼ葬儀の半分は終わったと思っていいでしょう。

次に行うことは、良心的、親身にお世話して尚且つ費用的にも安い葬儀社をじっくりと選ぶことです。
この時、注意しなければならないのは、病院側からせかされて、焦ってしまって遺体搬送業者(葬儀社)を急遽決め、その搬送した葬儀社にそのまま葬儀依頼まで行い後悔することです。

遺体搬送は、ほぼ葬儀社に依頼すると思いますが、遺体搬送を依頼したからっといって、その葬儀社に葬儀まで依頼することはないのです。

只、人情的に断りにくいということもありますので、遺体搬送時点から葬儀依頼を行うつもりで葬儀社を選べば問題は起こらないと思います。

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
西宮市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

西宮市での、お葬式の時の「お経」
〇 お寺とのお付き合いの無い方〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の「良心のお葬式」へ

 

西宮市内の葬儀会館(式場)

西宮市内には、市の運営(委託)以外の葬儀社の会館、集会所、寺院が運営の葬儀用の会館などがあります。

     積翠寺会館


所在地 〒 662-0021 西宮市神原7-2
阪急「苦楽園口」駅・東口より徒歩9分 電話 0798-72-4467

 

    積翠寺別院          積翠寺別院室内

  
所在地 〒 662-0855 西宮市江上町5-2
阪神「西宮」駅・東口より徒歩6分・JR「西宮」駅・北口より徒歩10分
電話 0798-72-4467

西宮市如意寺会館  

〒662-0024 兵庫県西宮市名次町8-5
【最寄駅】
阪急甲陽線「苦楽園口駅」(390m)
阪急甲陽線「甲陽園駅」(940m)
阪急甲陽線「夙川駅」(1130m)
阪急甲陽線苦楽園口駅より徒歩10分。
少人数の家族葬、一般葬、大型葬に対応しています。全ての宗派に対応。
ご遺体の安置場所があります。
【駐車場有:13台】

西宮市聖天寺会館 

〒663-8114 兵庫県西宮市上甲子園2-1-33
【最寄駅】
JR神戸線「甲子園口駅」徒歩15分 阪神本線 「甲子園駅」徒歩20分
甲子園口駅 (約900m)
甲子園駅 (約1km)
鳴尾駅 (約1.3km)
久寿川駅 (約1.3km)

西宮市西福寺会館

〒662-0844 兵庫県西宮市西福町14-1
家族葬、一般葬、大型葬に対応しております。
ご遺体の安置場所があります。
【駐車場有り】

西宮市海清寺楠会館

〒662-0918 兵庫県西宮市六湛寺町7-25
【最寄駅】
阪神本線「西宮駅」(約320m)
JR神戸線「西宮駅」(約560m)
阪急今津線「今津駅」(約1000m)
阪神本線「今津駅」(約1080m)
阪急今津線「阪神国道駅」(約1090m)
少人数の家族葬、一般葬儀、大型葬、社葬に対応しております。
どなたでもご利用頂けます。

西宮市真光寺会館

〒662-0856 兵庫県西宮市城ケ堀町5-1
西宮真光寺会館は西宮市にある式です。
少人数の家族葬、一般葬、大型葬に対応しています。
全ての宗派に対応していますので、どなたでもご利用頂けます。
ご遺体の安置場所があります。
【駐車場有り】

西宮市順心寺会館

〒662-0978 兵庫県西宮市産所町2-9
西宮順心寺会館は、西宮市の葬儀式場です。
少人数からの家族葬、一般葬、大型葬に対応しています。
全ての宗派に対応していますのでどなたでもご利用頂けます。
ご遺体の安置場所があります。
【駐車場有り】

西宮市善教寺会館

〒663-8184 兵庫県西宮市鳴尾町4丁目10-7
西宮善教寺会館は、西宮市の葬儀式場でございます。
家族葬、一般葬、大型葬まで対応しています。
全ての宗派に対応しておりますのでどなたでもご利用頂けます。
ご遺体の安置場所があります。
【駐車場有り】

西宮市神光寺会館

西宮市上ヶ原五番町1-65
西宮神光寺会館は、西宮市の式場でございます。
少人数からの家族葬、一般葬、大型葬に対応しています。
全ての宗派に対応しています。
ご遺体の安置場所があります。
【駐車場有り】

西宮市大日寺

〒663-8033 兵庫県西宮市高木東町17-13
【最寄駅】
阪急今津線「西宮北口駅」(590m)
阪急神戸本線「西宮北口駅」(600m)
阪急今津線「門戸厄神駅」(990m)
阪急今津線「阪神国道駅」(1450m)
阪急今津線西宮北口駅より徒歩5分
☆ 収容人数(座席数): 50席
西宮市大日寺は西宮の式場でございます。
家族葬、一般葬儀、大型葬まで対応しています。
全ての宗派に対応しています。
ご遺体の安置場所があります。
【駐車場有り7台】

西宮市圓福寺会館
〒662-0917 兵庫県西宮市与古道町5-3
西宮圓福寺会館は、西宮市の式場です。
家族葬、一般葬、大型葬に対応しています。
全ての宗派に対応しています。
ご遺体の安置場所があります。
【駐車場有り】

 

西宮市役所の葬儀取り組み

市民のための市区町村役場
現代は複雑な社会構造となっておりますので、市町村が市民のために福利厚生を行っていても中々知っていることは少ないと思います。
市民にとって、市の取組としてどのような福利厚生などがあるかは大切なことです。
市にはどのような福利厚生などがあり、市のどの課が取り合っているか知っておかなければなりません。

西宮では、市が運営する葬儀・斎場(西宮市では葬儀会館のことを言う)・墓地・納骨堂があります。
市営葬儀とは、 市民に清楚で低廉な葬儀の場を提供することにより、市民負担の軽減と市民の福祉の増進を図ることを目的としている葬儀を言います。

市営葬儀を利用できる方 亡くなられた方が市民である場合、または、葬儀を主宰する方(喪主等)が市民である場合で、その葬儀を市内で行う場合に利用出来ます。

西宮市の市営葬儀運営・連絡先
西宮市都市整備公社 葬祭事務所  電話 0798-72-4996(土・日曜も可)
受付時間午前6時~午後11時 (早い者勝ち的ところがあるため時間外の場合、留守電に入れ、再度確認の意味で受付時間に再度申し込むのが良いとのこと)

西宮市には市営葬儀式場があります

葬儀式場は、火葬場と同じ敷地内に併設されています。他市にも葬儀式ができる火葬場がありますが、通夜式が行える式場が併設されているところは中々ありません。火葬場に、葬儀式場が併設されているのは西宮市の特徴です。

告別(葬儀)式場

西宮市斎場には2個所告別(葬儀)式場があります。
  〇 収容人員60席(洋室)   〇 収容人員20名程度(和室)

 

西宮市営の満池谷斎場・墓地・納骨堂があります

西宮市には、  市営の火葬場(西宮市奥畑7番115号及び同じ敷地内に式場(万池谷葬儀会館)があります。 火葬場に併設されている葬儀式場があるのが西宮市の特徴です。又、同敷地内に墓地・納骨堂があります。

西宮市営の満池谷斎場(満池谷葬儀会館)とは、 市民に清楚で低廉な葬儀の場を提供することにより、市民負担の軽減と市民の福祉の増進を図ることを目的としている葬儀を言います。

只、使用する方は限定されています。

西宮市営の葬儀及び式場(満池谷斎場)を使用できる方

亡くなられた方が市民である場合、又は葬儀を主宰する方(喪主等)が市民である場合 に利用できます。

所在地
西宮市神原13番41号 電話0798-72-4996    0798-72-4997
西宮市の市営葬儀運営 ・連絡先
西宮市都市整備公社 葬祭事務所 0798-72-4996(土・日曜も可)
受付時間午前6時~午後11時 (早い者勝ち的ところがあるため時間外の場合、留守電に入れ、再度確認の意味で受付時間に再度申し込むのが良いとのこと)
注)西宮の火葬場は満池谷斎場(満池谷葬儀会館)と地続きに在り、タクシーを利用する場合、火葬場への場合は「火葬場或いは満池谷斎場)と言い、西宮葬儀への場合は「満池谷葬儀会館」と言えば間違いはないと思います。

西宮市ホームページ(葬儀・斎場のご相談)より
1、葬儀を利用できる方
亡くなられた方が市民である場合、又は葬儀を主宰する方(喪主等)が市民である場合で、その葬儀を市内で行う場合にご利用いただけます。
2、葬儀の費用について
葬儀にかかる費用は、次のとおりです。
1、手続きにかかる費用
・死亡診断書
・火葬場使用料
2、葬儀費用
祭壇、祭壇副装飾品等、式進行(司会関係)、納棺、霊柩車などの費用。
3、会場費用
通夜、告別式の会場費用。(満池谷斎場をご利用される場合)
4、その他の費用
弔問、会葬者への粗供養、送迎用タクシー、通夜、葬儀の飲食にかかるものなどの費用。

 

西宮市の葬儀(おくやみ)取り組み

1、手続き・相談

死亡届、葬祭費の支給、その他手続き
2、質問

葬儀に関するよくある質問
3、火葬場
4、葬儀・斎場 5、墓地・納骨堂 6、もしもの時の事項

1、手続き・相談
(1)戸籍の届出(死亡届)
死亡を知った日から7日以内に届け出
問い合わせ
西宮市役所市民第1課
西宮市六湛寺町10-3本庁舎1階 電話:0798-35-3128
(2)国民健康保険
問い合わせ
国民健康保険からの脱退の手続き
西宮市役所国民健康保険課 資格・賦課チーム
西宮市六湛寺町10-3本庁舎1階 電話:0798-35-3117
(3)国民健康保険で受けられる給付(葬祭費の支給)
問い合わせ
西宮市役所国民健康保険課 給付チーム
西宮市六湛寺町10-3本庁舎1階 電話:0798-35-3120
(4)国民年金
被保険者・年金受給者が死亡したときの手続き
問い合わせ
西宮市役所医療年金課
医療年金課0798-35-3123
(5)後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度からの脱退の手続き
問い合わせ
西宮市役所高齢者医療保険課
西宮市六湛寺町10-3本庁舎1階 電話:0798-35-3154
(6)後期高齢者医療制度で受けられる給付(葬祭費の支給)
問い合わせ
西宮市役所高齢者医療保険課
西宮市六湛寺町10-3本庁舎1階 電話:0798-35-3154
(7)市民生活相談
西宮市役所各課

2、葬儀に関するよくある質問

(1)死亡届の手続き方法について
【死亡届を提出してください】
≪受付窓口≫
死亡者の本籍地、届出人の所在地又は死亡地の市役所・支所
≪受付時間≫
1年中24時間受付ます。土曜・日曜・祝日、及び執務時間外は、市役所又は各支所の時間外窓口(宿直室)で受付けます。
≪提出書類≫
・死亡届(届出書の右半分は死亡診断書(死体検案書)ですので、事前に医師に記載して頂きます。尚、届出書は病院に備え付けてあります。
・後見人、補佐人等が届出人の場合はその証明書
≪届け出期間≫
届け出義務者が、その死亡の事実を知った日から7日以内。
≪留意事項≫
・死亡届を提出することで、埋火葬許可書を発行します(あらかじめ火葬の予約が必要)ので、届出人の印鑑を持参のうえ届出してください。
・死亡者が国民健康保険、各種医療制度、介護保険の資格者、年金受給者である場合は、住所地の市役所、所轄の社会保険事務所で資格喪失届を提出してください。

3、西宮市都市整備公社(火葬場)
1、西宮市満池谷火葬場について
① 所在地 住所:西宮市奥畑7番115号 満池谷墓地南入り口  電話:0798-72-2340
② 休業日 1月1日・3日、毎月最初の平日の友引日
➂ 使用料

区分 12歳以上 12歳未満 胎児又は体の一部
市内 10,000円 5,000円 2,500円
市外 30,000円 15,000円 7,500円

◎よくある質問

問)市外に住んでますが、満池谷火葬場を利用できますか(更新日:2018年4月25日)
答)利用は可能ですが、料金が下記のようになります
市内料金:死亡者、申請者(死亡届出人)の何れかが市内在住。
死亡者が、
12歳以上:10,000円
12歳未満:5,000円
市外料金:死亡者、申請者(死亡届出人)ともに市外在住。
市内料金の3倍。
詳しくは
満池谷火葬場・問い合わせ先(電話番号0798-72-2340)

問)満池谷火葬場を利用する方法は?(更新日:2018年4月25日)
答)火葬場を利用するには、事前に予約が必要です
火葬の利用日が決まりましたら、満池谷火葬場へ電話でお申込み下さい。
火葬場を利用するには、事前に予約が必要です。
告別式など葬儀全体にかかわることですので、通常は葬儀業者を通じての申込となります。なお、利用の仮予約はできません。利用料金は、下記のとおりです。
市内料金:死亡者、申請者(死亡届出人)の何れかが市内在住。
死亡者が、12歳以上:10,000円
12歳未満:5,000円
市外料金:死亡者、申請者(死亡届出人)ともに市外在住。
市内料金の3倍。
満池谷火葬場・問い合わせ先(電話番号0798-72-2340)

 

           お葬式時の僧侶の読経(おきょう)

ご注意を!!
仏式でのお葬式では、「葬儀依頼」と「葬儀時の僧侶の読経(おきょう)」は別依頼となります。ですから、葬儀社に、僧侶の読経(おきょう)を申し込むものではありません。
葬儀社は、「僧侶への取り次ぎ」はしてくれますが、紹介料を取られることもあります。
直接、僧侶へ「葬儀時の読経(お経)」を申し込むことが、お布施は安くつきます。ご注意ください。

           元警察官の僧侶が顧問の

           「良心のお葬式」に、ご相談下さい

4、西宮市都市整備公社(葬儀・斎場)
(1)葬儀・斎場のご相談
① 葬儀を利用できる方
亡くなられた方が市民である場合、又は葬儀を主宰する方(喪主等)が市民である場合で、その葬儀を市内で行う場合にご利用いただけます。
② 葬儀の費用について
ア、手続きにかかる費用
(ア)死亡診断書
(イ)火葬使用料
イ、葬儀費用
ウ、会場費用
通夜、告別式の会場費用(満池谷斎場を利用される場合)
エ、その他の費用弔問、会葬者への粗供養、送迎用タクシー、通夜、葬儀の飲食にかかるものなどの費用
(2)葬儀費用
① 葬儀費用の目安
ア、祭壇
(ア)仏式桜飾り 200,000円~340,000円
(イ)仏式松飾り 170,000円~310,000円
(ウ)仏式竹飾り 170,000円~300,000円
(エ)仏式梅飾り 160,000円~300,000円
(オ)神式飾り  170,000円~300,000円
(カ)キリスト飾り140,000円~260,000円
イ、霊柩バス
(ア)式場から火葬場までの往復 6,500円
(イ)式場から火葬場までの片道 5,000円

◎よくある質問
問)市外に住んでますが、市営葬儀の申込みは出来ますか(更新日:2018年4月25日)
答)死亡者もしくは喪主の方が、市内在住なら利用可能です
死亡者もしくは喪主の方が、市内在住なら利用可能です。
死亡者もしくは喪主の方が市内在住なら利用可能ですが、どちらも市外在住の場合は申込できません。

問)市営葬儀を利用したいのですが、どうすれば良いですか(更新日:2018年4月25日)
答)死亡者もしくは喪主の方が、市内在住なら利用可能です
市営葬儀の事前予約はできませんので亡くなられましたら、葬祭事務所まで電話してください(事前相談は可)

問)市営葬儀の申込みや問合せが出来る時間帯は(更新日:2018年4月25日)
答)受付時間は、午前6時から午後11時です
詳しい問い合わせは
一般財団法人西宮市都市整備公社
葬祭事務所
西宮市神原13-41(満池谷墓地北入口):34度45分26.86秒 135度19分59.23秒

 

           葬儀と僧侶

日本は仏教国です。古来よりお葬式の際には、僧侶の読経(お経)で執り行われてきました。
現代は、檀家・門徒離れによって「お葬式の時の僧侶の読経」は、「何処に依頼すれば?」と困惑したり、ついつい、「葬儀社の紹介します」という斡旋によって、お葬式の僧侶の読経が行われています。
本当は、自分自身が僧侶を捜し、依頼するのが安心なのではないでしょうか。

       元警察官で現僧侶に、相談なり依頼を!!

         「良心のお葬式」に、お電話を

 

5、西宮市都市整備公社(墓地・納骨堂)
(1)市立墓地各所

区分 位置(住所) 管理事務所(連絡先)
満池谷墓地 西宮市奥畑、神原 0798-74-4199
白水狭公園墓地 西宮市山口町中野字東山 078-904-1758
上鳴尾墓地 西宮市上鳴尾18 0798-74-4199
(満池谷管理事務所)
上田墓地 西宮市上田東町4 0798-74-4199
(満池谷管理事務所)
中津墓地 西宮市南甲子園3丁目2 0798-74-4199
(満池谷管理事務所)
甲山墓地 西宮市甲山、甲陽園目神山町、鷲林寺2丁目 0798-71-8112

(2)市立満池谷納骨堂
① 所在地:西宮市奥畑6番69号 満池谷墓地南入り口
② 電話:0798-74-4199
(3)使用料

区分 2年 5年 備考
5段式納骨壇 12,000円 30,000円 間接参拝方式(1階)
3段式納骨壇 上壇 なし 95,000円 直接参拝方式(2階)
3段式納骨壇 中壇 なし 100,000円 直接参拝方式(2階)
3段式納骨壇 下壇 なし 90,000円 直接参拝方式(2階)

問い合わせ先
西宮市都市整備公社(斎園管理課)
西宮市六湛寺町10-3  西宮市役所東館8館 電話:0798-35-3306

6、西宮市都市整備公社(もしもの時のために)
(1)もしもの時のために
① 宗旨・宗派をあらかじめ確認しておきましょう
② 遺影写真の用意をしておきましょう
③ 葬儀を行う場所の連絡先をあらかじめ確認しておきましょう
➃ 葬儀の規模・費用について相談されておかれると安心でしょう
➄ 連絡リストがあれば便利でしょう
➅ もしもの時、チェックリストがあれば慌てないでしょう
(2)各種手続き一覧表

手続き区分 手続き内容 窓口 連絡先 主に必要なもの その他
国民健康保険 葬祭費 西宮市国民健康保険課 0798-35-3120 印鑑 喪主を証明できるもの
 国民年金 遺族基礎年金 西宮市医療年金課  0798-35-3124  印鑑、住民票、死亡者の除票  戸籍謄本他
 国民年金 寡婦年金  西宮市医療年金課  0798-35-3124  印鑑、住民票、死亡者の除票  戸籍謄本他
 国民年金  死亡一時金  西宮市医療年金課  0798-35-3124   印鑑、住民票、死亡者の除票  戸籍謄本他
 健康保険(社会保険)  埋葬料(費)  勤務先又は全国健康保険協会兵庫支部  078-252-8703  印鑑  事業主の証明他
 健康保険(社会保険)  家族埋葬料(費)  勤務先又は全国健康保険協会兵庫支部  078-252-8703  印鑑  死亡を証明する書類他
 厚生年金 遺族厚生年金 西宮年金事務所  0798-33-2944   印鑑、住民票、死亡者の除票  戸籍謄本他
 労災保険  遺族(補償)給付 勤務先又は所轄の労働基準監督署 西宮労働基準監督署
0798-26-3733
 印鑑、住民票、死亡者の除票  戸籍謄本他
 労災保険  葬祭費  勤務先又は所轄の労働基準監督署  西宮労働基準監督署
0798-26-3733
 印鑑、住民票、死亡者の除票  死亡診断書の写し
共済年金 遺族共済年金 各共済組合 印鑑、住民票、死亡者の除票 戸籍謄本他
西宮市立墓地 埋葬等 各墓地・墓園 西宮市都市整備公社斎園管理課
0798-35-3306
印鑑 埋火葬許可書他

 

西宮市概況と歴史
1地域
西宮市は、西国街道と中国街道の接点としての  宿場町、西宮神社の門前町としての性格に加えて水に恵まれて酒造地域としての性格を持って発展してきました。

同市は、六甲山地をはさむ北側盆地・南側丘陵地・平野等でできております。そして、それぞれに自然環境が残されています。
市域の形成史からは、西宮・大社・甲東・瓦木・鳴尾・生瀬・名塩・船坂・山口の旧町村ごとにまとまりがみられ、農業、漁業、林業、酒造業、製紙業等伝統的生業が地域ごとにあって各地域ごとに色々な文化財があります。
農村地帯であった大社・甲東・鳴尾は、近代には郊外住宅地として発展してきました。
近代住宅地を覆うように市域全体の急激な都市化が進行するいっぽうで、種々の祭礼を仲立ちとした旧来の地域における人々のつながりが継承、維持されております。
西宮市は、兵庫県の南東部に位置する中核都市です。近年殆どの都市が人口減になっているなか、西宮市は人口増になっている都市です。
2、世帯数 223,882 世帯 人口 484,538人 男 228,927人 女 255,611人
(令和2年8月1日現在)
3、面積  99,96㎢
4、隣接自治体 尼崎市・伊丹市・宝塚市・神戸市・芦屋市
5、西宮市役所の所在地 西宮市六湛寺町10番3号 電話:0798-35-3151

 

             人の死

              ⇩

    最初に行うこと「枕経(まくらぎょう)をあげる

                       次に

 葬儀をどうするか?考える→  葬儀相談 → 元警察官の僧侶が相談対応・「良心のお葬式」
     葬儀社と僧侶依頼は別々に依頼      葬儀費用などが明確に

       葬儀社依頼        僧侶依頼

 

 

葬儀・枚方市

枚方市役所の葬儀関係

枚方市には、規格葬儀があります。枚方市には火葬場が1ヶ所あり、名称は「枚方市立やすらぎの杜」です。枚方市には、火葬場に併設した葬儀式場や公営の葬儀式場はありません。

枚方市では、後期高齢者医療被保険者の人が亡くなった時は、その人の葬祭を行った人(喪主)に対し、葬祭費として50,000円を支給します。という規定があるようです。

その他、葬儀に関する届け出もあると思いますので、必ず市への問い合わせは必要です。
枚方市役所
〒573-8666大阪府枚方市大垣内町2丁目1番20号
電話:072-841-1221

規格葬儀

枚方市は、規格葬儀を平成17年4月1日より実施しています。
以下、枚方市のホームページより(平成29年9月現在)
1、規格葬儀を利用できる方
喪主・施主または死亡者が枚方市民で、枚方市内で葬儀を執り行う方
2、利用できるところ
ご自宅や地域の集会所、宗教施設、規格葬儀取扱店の会館(ご自宅以外は別途使用料が必要です。)
3、ご利用方法
利用者が規格葬儀取扱店の中から葬儀業者を選んでいただき、直接電話等で葬儀業者に申し込んでいただきます。
4、金額
標準額150,000円、略式葬65,000円
※詳細は
環境保全課
住所:〒573-0026枚方市朝日丘町2番17号枚方市役所分室2階電話050-7102-6003~6009
又は、枚方市役所(〒573-8666大阪府枚方市大垣内町2丁目1番20号)電話072-841-1221
へ問い合わせましょう。

枚方市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

摂津市の火葬場(斎場)所在地
名称 枚方市立やすらぎの杜・火葬場
所在地 枚方市車塚1丁目1番30号
電話 072-856-5758
アクセス 京阪電車枚方市駅より9㎞、車で10分

身内が亡くなって行うこと臨終から火葬までの手続き)

枚方市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         枚方市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」

 

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要

枚方市は規格葬儀があります。勿論、規格葬儀以外の葬儀も当然できます。只、葬儀時における読経(僧侶のお経)は、どの葬儀にも付属しておりません。

読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀時の読経依頼先

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」にお申し込み下さい。

 

葬儀・高槻

高槻市役所の葬儀取り組み

高槻市には、市営葬儀があります。高槻市の市営葬儀とは、「遺族が出来ることは遺族でしていただき、葬儀業務全般を市専門職が行う」ということを前提に、提供するサービスを限定しており、金額を低く抑えている。
ということのようです。

高槻市には、葬儀式場である高槻市立葬祭センターがあります。同センターは火葬場でもあります。

又、高槻市は葬祭費が支給されます。その他葬儀に関して、他の届け出などがあると思いますので、必ず市への問い合わせは必要です。
高槻市役所
〒569-0067高槻市桃園町2番1号
電話:072-674-7111

高槻市の市営葬儀

高槻市には、市営葬儀があります。下記に市営葬儀の概略を記載します。(平成29年9月現在)
1、市営葬儀の申し込み方法
病院などで亡くなってから
・医師に死亡診断書をもらう
・印鑑を用意しておく(死亡届、市営葬儀申込書の記入に必要)
注意:死亡診断書のコピーをとっておくことをおすすめします
市役所に行く前に斎園課(電話072-674-7192)へ連絡を
夜間・土曜・日曜日・祝日・年末年始は宿直受付(電話072-674-7000)へ連絡を

市営葬儀式場

高槻市には、市営葬儀式場があります。下記に、市営葬儀式場の概略を記載します(平成29年9月現在)
1、市営葬儀式場を利用できる方
・故人が高槻市民(死亡時に高槻市民であった方の葬儀を行う場合)
・申請者が高槻市民(喪主・死亡届出人・死亡した方から見て、配偶者又は三親等以内の親族が葬儀を行う場合)
・その他(特別な事情がある場合などは斎園課にお問い合わせください)
注意:法要のみの利用はできません
2、市営葬儀式場の場所
〒569-1101
高槻市安満御所の町4番1号
電話072-698-4089
注意:市営葬儀式場で葬儀を申し込む場合であっても、葬儀の申し込みは市役所の方で受け付けますのでご注意ください。

高槻市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

高槻市の火葬場(斎場)所在地
名称 高槻市立葬祭センター
所在地 高槻市安満御所の町4番1号
電話 072-687-1042
アクセス JR高槻駅から2km、車で10分

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
高槻市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         高槻市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」

 

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要

高槻市は市営葬儀があります。勿論、市営葬儀以外の葬儀も当然できます。只、葬儀時における読経(僧侶のお経)は、どの葬儀にも付属しておりません。

読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀時の読経依頼先

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」に、お申し込み下さい。

 

葬儀・池田市

池田市役所の葬儀取り組み

池田市は、市営葬儀を行っております。
そして、池田市には、「葬祭場」名の斎場があり、市営葬儀が行える通夜・告別式の式場、火葬場があります。市営墓地もあります。又、池田市においても葬祭費の支給があると思います。

葬儀に関して、他の届け出事項もあると思いますので、必ず葬儀となった場合は市への問い合わせは必要です。
池田市役所
〒563-8666池田市城南1-1-1
電話:072-752-1111

池田市営葬儀

市営葬儀
池田市は、平成21年4月より、市立葬祭場の管理・運営を指定管理者(いけだサンシー株式会社)に委託しております。また、市営葬儀についても、市が行っていたものを指定管理者が行っております。利用者の利便性を図るため、告別式から火葬に至るまでの葬儀に関する事項について、いけだサンシー株式会社が窓口となり一括して行っております。

注意事項:市営葬儀を執り行うのは、指定管理者である「いけだサンシー株式会社」のみですので、ご注意ください。

お問い合わせ
いけだサンシー株式会社(072-751-3588)

市立葬祭場住所
池田市桃園2丁目2番5号

休場日
1月1日のみ
注意事項:12月31日の火葬については、午後2時入場が最終となります。

市営葬儀の利用方法
亡くなられた方、または喪主が市民の場合に利用できますが、葬儀の場所は市内に限ります。
注意事項:社葬や各種団体などの利用はできません。

申し込み
1、市立葬祭場(いけだサンシー株式会社)へ電話にて葬儀を申し込む。(072-751-3588、24時間対応)
2、総合窓口課(土・日曜日、祝日、年末年始は宿直室)へ死亡届を提出して埋葬許可証を受け取る
3、市立葬祭場(いけだサンシー株式会社)へ埋葬許可証を提出
という流れになります。(池田市ホームページより)

池田市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

池田市の火葬場(斎場)所在地
名称 池田市立やすらぎ会館・桃園火葬場
所在地 池田市桃園2丁目2番5号
電話 072-751-3588
アクセス 阪急電車池田駅から1km、車で5分、徒歩約15分

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
池田市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         池田市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

 元警察官が僧侶で顧問の
  「良心のお葬式」

 

川西市での葬儀

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

川西市の葬儀

川西市には、市営葬儀・規格葬儀はありません。平成15年までは市営葬儀があったそうですが、殆どの方が利用しないということで無くなったそうです。只、現在は斎場(火葬場)にある式場が利用できるようになっています。(平成29年9月現在)

川西市の火葬場(斎場)所在地
名称 川西市斎場
所在地 川西市柳谷字鷹尾山柿木谷10番地の1
電話 072-799-0331
アクセス 阪急電鉄川西能勢口駅から8km、車で15分

川西市斎場(火葬場)に葬儀式場として利用できる部屋があります。
この式場は、利用可能件数は1日1件で通夜は利用できません。

川西市斎場告別式場の利用

川西市斎場に告別式場があり。(以下、川西市広報より)
1、利用対象者
市民
2、利用方法
前日まで(午前8時20分~午後4時50分)に直接川西市斎場へお申し込みください。
3、利用可能件数
1日1件
4、利用料金
1回 12,000円
5、注意事項
告別式場をお貸しするだけとなりますので、ご利用希望の方は、下記の事項についてご理解のうえお申し込みください。詳しくは、直接、川西斎場へお問い合わせください。
・告別式の進行など、民間の葬儀社が行うような業務は行いません。
・会場の設営及び後片付けは、申込者で行ってください。
・貸出できる備品は椅子のみとなります。
・告別式のみで、お通夜は行えません。

問い合わせ
美化環境部 美化環境室 美化推進課(衛生業務)
〒666-0011 川西市出在家町1番11号
電話:072-758-3262

 

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要(葬儀と僧侶読経は別依頼)

川西市は、市営葬儀・規格葬儀はありません。民間依頼の葬儀を行っても、葬儀時における読経(僧侶のお経)はついておりません。

読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀時の読経依頼先

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」にお申し込み下さい。

 僧侶の読経(おきょう)は、葬儀社依頼とは別の依頼となります。

    川西市での、お葬式の時の「お経」の依頼は「良心のお葬式」へ

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方
  元警察官が僧侶で顧問の
   「良心のお葬式」

 

又、川西市には川西市公営の霊園があります。そして、川西市は葬祭費が支給されるようですし、葬儀に関する色々な届け出もあると思いますので、葬儀に関する市への問い合わせは必要です。
川西市役所
〒666-8501川西市中央町12番1号
電話:072-740-1111

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)

川西市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

 

「良心のお葬式」は、  葬儀・法事の市民サポートセンターです

元警察官で現僧侶が、葬儀相談などに応じています(無料相談)

葬儀・箕面

葬儀形態と葬儀費用の参考事例

 

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

 

※注)葬儀依頼前後に枕経をあげましょう

箕面市での葬儀

◎ どこの葬儀社に依頼すれば?
◎ 葬儀の時の僧侶・依頼どうすれば?
(お寺との付き合いの無い方など)

葬儀・法事のサポートセンター
元警察官の僧侶が
葬儀全般の相談に応じます

  「良心のお葬式」

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

箕面市は、規格葬儀があります。

家族葬

家族葬とは
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことです。
しかし、家族葬は「家族葬だからこうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。

そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。

家族葬のいわれ

家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。又、近隣とのお付き合いも少なく希薄化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。

家族葬と普通の葬儀の違い

皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければ「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

 

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

 

僧侶の読経の申し込みが必要

箕面市には、規格葬儀があります。勿論、規格葬儀以外の葬儀も当然できます。只、葬儀時における読経(僧侶のお経)は、どの葬儀にも付属しておりません。

読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀時の読経依頼先

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」にお申し込み下さい。

 

「急な葬儀」今、困っている方
     箕面市には、規格葬儀があります只、葬儀時の読経は別依頼です  

〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方
〇 僧侶・お経の依頼先が、分からない方
 市民サポートセンター
僧侶・司法書士などのグループ

   元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」

 

箕面市での葬儀

箕面市役所の葬儀取り組み

箕面市は、「おくやみ」として葬儀関係が規定されています。箕面市には規格葬儀があります。斎場(火葬場)は、「箕面市立聖苑」の名であり、火葬施設に併設した通夜・告別式が出来る式場です。

又、葬祭費の支給もあります。その他、色々な届け出が必要かもしれませんので葬儀となった場合は、必ず市に問い合わせを行って下さい。
箕面市役所
〒562-0003大阪府箕面市西小路4丁目6番1号
電話:072-723-2121

規格葬儀

箕面市の規格葬儀について下記のようになっています。(平成29年9月現在)
1、箕面市規格葬儀について
近年、生活様式の急激な変化の中で、葬儀にかかる考え方にも変化が生じており、様々な形態の葬儀が執り行われるようになってきました。こうした流れを受け、市では市民の皆さんが望む、安心な葬儀として、「箕面市規格葬儀」を、市内葬儀業者の協力のもとに実施しています。この規格葬儀では、一般的な葬儀である「標準型」に加え、より簡素にとの要望に対応できるよう「略式型」という、二つの葬儀形態をご用意しています。

規格葬儀をご利用いただく場合は、下記「規格葬儀指定葬儀業者一覧」から取扱店を選択し、必ず、最初に「箕面市規格葬儀を利用する」旨を伝えていただき、サービス内容や費用について充分確認をいただいて上で、指定業者に直接申し込んでください。
と記載されています。
※お問い合わせ先
箕面市民部市民サービス政策室
箕面市西小路4-6-1 電話072-724-6998

箕面市聖苑

箕面市には、即日骨上げが出来る火葬施設と、通夜から告別式等一連の儀式が執り行える葬儀施設を併設した総合葬斎場があります。
※お問い合わせ先
箕面市民部市民サービス政策室
箕面市西小路4-6-1 電話072-724-6998

箕面市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

箕面市の火葬場(斎場)所在地
名称 箕面立聖苑・火葬場
所在地 箕面市半町4丁目6番32号
電話 072-720-7890
アクセス 阪急箕面線桜井駅より800m、徒歩10分

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
箕面市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         箕面市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

  元警察官が僧侶で顧問の
    「良心のお葬式」

 

 

 

「良心のお葬式」は、  葬儀・法事の市民サポートセンターです

元警察官で現僧侶が、葬儀相談などに応じています(無料相談)

葬儀・茨木

葬儀形態と葬儀費用の参考事例

 

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

 

※注)葬儀依頼前後に枕経をあげましょう

茨木市での葬儀

◎ どこの葬儀社に依頼すれば?
◎ 葬儀の時の僧侶・依頼どうすれば?
(お寺との付き合いの無い方など)

葬儀・法事のサポートセンター
元警察官の僧侶が
葬儀全般の相談に応じます

  「良心のお葬式」

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

茨木市は、市営葬儀があります。

家族葬

家族葬とは
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことです。
しかし、家族葬は「家族葬だからこうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。

そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。

家族葬のいわれ

家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。又、近隣とのお付き合いも少なく希薄化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。

家族葬と普通の葬儀の違い

皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければ「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

 

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

 

僧侶の読経の申し込みが必要

茨木市は市営葬儀があります。勿論、市営葬儀以外の葬儀も当然できます。只、葬儀時における読経(僧侶のお経)は、どの葬儀にも付属しておりません。

読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀時の読経依頼先

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」にお申し込み下さい。

 

「急な葬儀」今、困っている方

茨木市には、市営葬儀があります。
只、僧侶の読経は付いていません。
別依頼となりますので
「良心のお葬式」に、ご連絡下さい。 

〇 臨終・安置後出来るだけ早く枕経を!!
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 僧侶・お経の依頼先が、分からない方
 市民サポートセンター
僧侶・司法書士などのグループ

  元警察官の僧侶が顧問の
 「良心のお葬式」

茨木市での葬儀

茨木市役所の葬儀取り組み

茨木市には、市営葬儀があります。
斎場(火葬場)には、告別式場が併設されており、通夜、告別式が行えるようになっています。
茨木市は、葬祭費の支給があります。又、死亡にかかる手続きなどが色々ありますので、市への問い合わせは必要です。茨木市役所
〒567-8505茨木市駅前3丁目8番13号
電話072-622-8121

市営葬儀

茨木市には市営葬儀がありますので、下記に茨木市がHPに掲載している内容の概略を記載します(平成29年9月現在)1、利用できる方
死亡者または喪主が茨木市に住民登録されている方。
なお、斎場(告別式場)で執り行える葬儀は、市営葬儀に限ります。
2、申し込み方法
万一ご不幸がありましたら、市民課(電話072-622-8121代表)まで連絡してください。
執務時間外は守衛室対応(順番取り)となり、翌日、職員が受付順に日程調整をさせていただきます。
3、市営葬儀使用料
81,880円(全部使用)
4、全部使用に含まれるもの
・納棺(棺箱含む)、葬祭用品等の供与
・祭壇、幕類(家紋なし)の飾付け
・葬儀(通夜・告別式)進行(通夜式は斎場式のみ)
・霊柩車の配車
・火葬の執行
注意:死亡者が死亡時、本市住民でなかった場合には、使用料(霊柩車除く)は2倍となります。
5、含まれないもの
・遺影写真、ドライアイス
・式場使用料
・宗教者(寺院等)へのお礼、マイクロバス、供花、供物、盛花、式進行補助員、料理、会葬者へのお礼の品など
・病院から自宅等までのご遺体搬送料
・その他

斎場(告別式場)

茨木市には市営の告別式場があります。下記に記載します。(平成29年9月現在)
1、名称 茨木市立斎場
2、所在地 茨木市大住町18番16号
3、電話 072-626-2007
4、利用できる方
死亡者または喪主が茨木市に住民登録されている方
なお、斎場(告別式場)で執り行える葬儀は、市営葬儀に限ります。

茨木市の火葬場

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

茨木市の火葬場(斎場)所在地
名称 茨木市立斎場
所在地 茨木市大住町18番16号
電話 072-622-5141
アクセス 阪急電鉄茨木市駅から0,8km、車で5分

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
茨木市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         茨木市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」

 

 

 

「良心のお葬式」は、  葬儀・法事の市民サポートセンターです

元警察官で現僧侶が、葬儀相談などに応じています(無料相談)

葬儀・豊中

葬儀形態と葬儀費用の参考事例

 

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

 

※注)葬儀依頼前後に枕経をあげましょう

豊中市での葬儀

◎ どこの葬儀社に依頼すれば?
◎ 葬儀の時の僧侶・依頼どうすれば?
(お寺との付き合いの無い方など)

葬儀・法事のサポートセンター
元警察官の僧侶が
葬儀全般の相談に応じます

  「良心のお葬式」

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

豊中市は、規格葬儀があります。

家族葬

家族葬とは
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことです。
しかし、家族葬は「家族葬だからこうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。

そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。

家族葬のいわれ

家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。又、近隣とのお付き合いも少なく希薄化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。

家族葬と普通の葬儀の違い

皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければ「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

 

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

 

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
           

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
   「良心のお葬式」

豊中市の葬儀

豊中市の概要
豊中市は、大阪府北部の北摂豊能地域に位置する市で、神崎川を隔て大阪市の北に位置し、東は吹田市、西は尼崎市、伊丹市、北は池田市、箕面市に接しています。

緯度経度は、東経135度26分28秒~30分31 秒、北緯34度43分51秒~49分30秒の間に位置し、標高は、海抜で0mから133.7mにな ります。
市域は東西6.0km、南北10.3kmで、面積は36.60km2です。

地形は、北東の千里丘陵部、中央の豊中台地部、西・南の低地部からなります。千里丘陵は箕面山脈の断層崖下に半円形状に南に開き、海抜134mの新千里北町から大阪湾に向かってゆるく傾斜しています。

豊中市の人口は、昭和30年(1955年)1月の庄内町編入以降、昭和30年代の高度成長期を通じて、 庄内地域の急速な市街地化や千里地域でのニュータウン建設等により、人口急増を続けてきました。
現在の豊中市の人口などですが
(令和2年(2020年)5月1日現在の推計人口および世帯数)
世帯数 178,585世帯
人口総数 401,412人(男 189,627人、女 211,785人)
人口密度 1平方キロメートル当たり 10,968人
となっています。

葬儀の現状

現代は、高齢化社会で葬儀関係は一大産業をなしていると言われています。  反面、核家族化が進み宗教離れ・仏教離れからくる通夜式の無い1日葬、通夜式・告別式・僧侶読経の無い直葬と言われる葬儀も増えてきております。 又、葬儀関係が一大産業をなしていることから葬儀業者も増え、テレビでの宣伝PC、テレビによるメデァでの宣伝で「〇〇葬〇〇万円 葬儀」と値段(葬儀費用)でひきつける葬儀宣伝が行われているのが現実です。

 

豊中市役所の葬儀取り組み

豊中市は、規格葬儀を行っています。規格葬儀とは、豊中市が定める規格や料金に従い、豊中市が指定した葬儀業者が執り行う低廉かつ簡素で厳粛な葬儀です。

斎場(火葬場)は1ヶ所あります。葬儀式場は、斎場(火葬場)への併設や市の葬儀式場はありません。市の管理する墓園はあります。又、葬祭費の支給があります。

葬儀に際しては、色々な手続きなどがありますので市への問い合わせは必ず必要です。
豊中市役所
〒561-8501豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050

豊中市の規格葬儀

規格葬儀とは、豊中市が定める規格や料金に従い、豊中市が指定した葬儀業者が執り行う低廉かつ簡素で厳粛な葬儀です。葬儀のお申し込みについては、豊中市規格葬儀取扱店へ直接お申し込みください。
1、規格葬儀を利用できる方
喪主(施主)又は死亡者が豊中市民で、豊中市内で葬儀を執り行う方
2、規格葬儀の内容
・納棺等遺体の取扱い
・納棺等の葬祭用品の供給
・祭壇等の飾り付けおよび式事の執行
・火葬の執行

※問い合わせ先
〒561-8501
豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階健康福祉部地域福祉課 電話06-6858-2219

豊中市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

豊中市の火葬場(斎場)所在地
名称 豊中市立火葬場
所在地 豊中市新千里南町2丁目6番3号
電話 06-6871-4500
アクセス 北急行電鉄桃山台駅から700m、車で1分

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
豊中市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

葬儀どうすれば!!

私達は一生のうち喪主等として葬儀を執り行うことは殆どありません。  ですからいざ葬儀となった場合 どうすれば 「どうすれば」と悩んでしまいます。

先ず自分宅の葬儀目安を考えるのです。例えば「身内は殆ど無く商売上の付き合いは多い」など、次にその目安から葬儀方針、例えば「経費は抑えたいが、葬儀は見映えよくしたい」など、そして、その葬儀方針から現代の葬儀方法である

3方法(形態) 指3  〇一般葬       〇1日葬       〇直葬(釜前葬) から

1指 1つの葬儀方法(形態)

を選べばいいのです。

最後に、葬儀予算を考え葬儀方針に基づいて、葬儀物品を選び葬儀全般の費用を決定すればいいと思います。

 

葬儀社に対する注意点

注意しなければならないことは、葬儀を依頼する場合、低料金・低価格ばかりを考えて葬儀社を選んだ場合、あまりにコストを下げたばかりに「見映えしない葬儀」になってしまった。或いは、

殆ど葬儀を経験しないため、葬儀社の言われるままに葬儀物品の購入などを行い、高くついた葬儀になってしまった、とならないことです。

 

         豊中市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
  「良心のお葬式」

 

 葬儀(社)と僧侶のお経は別依頼

葬儀費用にお布施額は含まれていません

葬儀社を決定された方においても、葬儀費用の中にお布施袋 お布施は含まれておりません。 僧侶読経(お経)は別依頼となります。  現代は宗教離れ・仏教離れから殆どの方がお寺との付き合いがありません。  ですから、いざお葬式となった場合 お坊さん 「お坊さんどこに依頼すれば」 と困ってしまいます。  又、現代は お布施の不明瞭化もささやかれています。 そのような現状において、一番いいのは葬儀・仏事に関する無料相談を利用すること、もう1つはメデァが発達している現在 お坊さんさがし PCなどを利用 して、色々知識を得て自分自身が納得したうえで依頼するのです。

お寺とのお付き合いが無く、僧侶読経(お経)をどこに申し込めばいいか分らない方は 「良心のお葬式」に、是非ご相談・お申込み下さい。又葬儀全般についてもご相談下さい。

 

 

 

「良心のお葬式」は、  葬儀・法事の市民サポートセンターです

元警察官で現僧侶が、葬儀相談などに応じています(無料相談)

葬儀・摂津

葬儀形態と葬儀費用の参考事例

 

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

 

※注)葬儀依頼前後に枕経をあげましょう

摂津市での葬儀

◎ どこの葬儀社に依頼すれば?
◎ 葬儀の時の僧侶・依頼どうすれば?
(お寺との付き合いの無い方など)

葬儀・法事のサポートセンター
元警察官の僧侶が
葬儀全般の相談に応じます

  「良心のお葬式」

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

摂津市は、規格葬儀があります。

家族葬

家族葬とは
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことです。
しかし、家族葬は「家族葬だからこうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。

そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。

家族葬のいわれ

家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。又、近隣とのお付き合いも少なく希薄化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。

家族葬と普通の葬儀の違い

皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければ「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

 

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

 

 「急な葬儀」、今、どうすればと困っている方        
摂津市には、規格葬儀があります。
只、僧侶読経(お経)は、付いていませんので、
「良心のお葬式」にご相談下さい。
 

〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方
〇 僧侶・お経の依頼先が、分からない方
 市民サポートセンター
僧侶・司法書士などのグループ

   元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」

 

摂津市での葬儀

摂津市役所の取り扱い葬儀

摂津市は規格葬儀を行っています。規格葬儀とは、市が定める規格や料金などに従い、市指定の葬儀業者が利用者との契約に基づいて施工する葬儀をいいます。

摂津市には、通夜、告別式を行うことが出来る市立葬儀会館があります。斎場(火葬場)は1カ所あります。斎場には式場は付いていません。摂津市には市営墓地もあります。

規格葬儀

摂津市には、規格葬儀があります。以下、摂津市のホームページより(平成29年9月現在)
1、規格葬儀とは
摂津市では、市民の皆様に「簡素、低廉かつ厳粛な葬儀」を提供するため、規格葬儀制度を実施しております。規格葬儀とは、市が定める規格や料金などに従い、市指定の葬儀業者が利用者との契約に基づいて施行する葬儀です。市民の皆様に安心してご利用いただける制度となっておりますので、万が一のときは、規格葬儀をご利用ください。

2、規格葬儀を利用できる方
規格葬儀をご利用できる方は、次のいずれかに該当する方となります。
(1)摂津市内において葬儀を執り行う摂津市民の方

(2)死亡時に摂津市民であった者の葬儀を、摂津市内において執り行う方

3、ご利用方法
規格指定店の中から1社を選んでいただき、指定店に直接電話等でお申し込みください。

4、お問い合わせ
摂津市役所市民生活部市民課06-6383-1360
せっつメモリアルホール(市立葬儀会館)06-6340-4863

せつつメモリアルホール(市立葬儀会館)

摂津市には、市運営の摂津メモリアルホール(市立葬儀会館)があります。以下、摂津市のホームページより(平成29年6月現在)
この施設は、通夜や告別式など一体の葬儀を厳粛かつ簡素に執り行うことができる施設です。

1、ご利用できる方
(1) 摂津市民の方
(2) 死亡時に摂津市民であった者の葬儀を、摂津市内において執り行う方

2、申し込み方法
ご予約は、せっつメモリアルホール(市立葬儀会館)へ直接電話でお申し込みください。

3、連絡先
住所:摂津市東別府5丁目1番44号
電話:06-6340-4863

摂津市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

摂津市の火葬場(斎場)所在地
名称 摂津市斎場
所在地 摂津市南別府町2番1号
電話 06-6340-7968
アクセス 阪急電車正雀駅から7km、車で15分

又摂津市は、葬祭費の支給もあるようですし、葬儀に関する他の届出等もあると思いますので、市への問い合わせは必要です。
摂津市役所
〒566-8555 摂津市三島1丁目1番1号
電話:06-6383-1111

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)

摂津市役所にまず届け出をすることを念頭に、

① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

 僧侶の読経(おきょう)は、葬儀社依頼とは別の依頼となります。

    摂津市での、お葬式の時の「お経」の依頼は「良心のお葬式」へ

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方
    元警察官が僧侶で顧問の
     「良心のお葬式」

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要

摂津市は規格葬儀があります。勿論、規格葬儀以外の葬儀も当然できます。只、葬儀時における読経(僧侶のお経)は、どの葬儀にも付属しておりません。

読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀時の読経依頼先

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」にお申し込み下さい。

 

神戸市の葬儀       

低料金で安心なお葬式 24時間対応

 

「良心のお葬式」の推奨葬儀

「良心のお葬式」は、葬儀・法事の市民サポートセンターです。
元警察官で現僧侶を顧問として迎え皆様の相談に応じています。

 

葬儀費用一式 追加費用のいらないお葬式

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

 

※注)葬儀依頼前後に枕経をあげましょう

神戸市での葬儀

◎ どこの葬儀社に依頼すれば?
◎ 葬儀の時の僧侶・依頼どうすれば?
(お寺との付き合いの無い方など)

葬儀・法事のサポートセンター
元警察官の僧侶が
葬儀全般の相談に応じます

  「良心のお葬式」

 

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

 

葬儀の現状

現代は、高齢化社会で葬儀業界が一大産業をなしています。  今までは一般葬が殆どでしたが、核家族化、宗教離れ、仏教離れから通夜式の無い1日葬、通夜式・告別式・僧侶読経も無い直葬が増えてきております。   又、葬儀費用も葬儀社によって価格差があります。 葬儀社3 又、PC・テレビなどによるメデァでの「〇〇葬〇〇万円」と値段を売りにした葬儀の宣伝がされています。 一生のうちあまり葬儀を執り行わない私達には、葬儀が複雑になって分りにくくなっているのが現状です。
神戸市は、兵庫県では大都市ですので葬儀社も多い地域だと思います。

葬儀・安置・火葬

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

神戸市は、市営葬儀はありません。只、規格葬儀はあります。
市が関係する企画葬儀を検討するとともに、お葬式は一生に何度も経験するものではありませんので、自分宅の予算などを考え葬儀を行うのが最良だと思います。

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)

神戸市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

家族葬

家族葬とは
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことです。
しかし、家族葬は「家族葬だからこうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。

そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。

家族葬のいわれ

家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。又、近隣とのお付き合いも少なく希薄化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。

家族葬と普通の葬儀の違い

皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければ「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

 

神戸市役所の葬儀の取り組み

神戸市の葬儀関係
神戸市内に於いて、葬儀に関する諸事案を処理するにあたって、葬儀関係の葬儀・火葬・墓参りとしての問い合わせは、
神戸市保健福祉局斎園管理課墓園管理センター
〒652-0071神戸市北区山田町下谷上字中一里山12-1
電話078-621-5667
に直接問い合わせる方がスムーズに事が運ぶと思います。

神戸市の規格葬儀の取組

神戸市には、市営葬儀はありませんが、葬儀の取組として、「規格葬儀」を行っています。
規格葬儀とは、 市民の皆様が経済的に安心な料金でご利用いただける葬儀のことで、これは神戸市が直営で行うものではなく、市が指定した永年の経験と独立の店舗を有する葬儀取扱い店の協力によって行い、 対象は神戸市民のみ となっています。
規格葬儀の問い合わせは
〒650-8570神戸市中央区加納町6-5-1
神戸市役所1号館6階電話:078-322-5252

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に、遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても、24時間いずれかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

神戸の斎場(火葬場)は、神戸市内に4か所あります。
斎場の問い合わせは
〒651-1102神戸市北区山田町下谷上字中一里山14-1電話:078-743-1234

火葬場(斎場)の所在地など
(1)鵯越斎場
所在地 神戸市北区山田町下谷上字中一里山14-1
電話 078-743-1234
アクセス JR三宮駅から市バスで約20分

(2)甲南斎場
所在地  神戸市東灘区本山町田中字南小路423
電話 078-851-8050
アクセス JR住吉駅から車で約10分

(3)西神斎場
所在地 神戸市西区神出町南字美濃谷600
電話 078-961-5251
アクセス 市営地下鉄西神駅から車で約15分

(4)有馬斎場
所在地 神戸市北区有馬町字京口山1814
有馬斎場は鵯越斎場で受け付け
アクセス 神戸電鉄有馬温泉駅から車で約7分

神戸市は、墓園の管理なども行っています。
墓園についての問い合わせは
〒652-0071神戸市北区山田町下谷上字中一里山12-1

葬儀となった場合、色々な手続きもあると思いますので、必ず市に問い合わせしましょう。
市政、くらし、各種申請手続きで分からない時などは電話:078-333-3330

 

 

葬儀・芦屋  低料金で上品なお葬式 24時間対応

「良心のお葬式」の推奨葬儀

「良心のお葬式」は、葬儀・法事の市民サポートセンターです。
元警察官で現僧侶を顧問として迎え皆様の相談に応じています。

 

葬儀費用一式 追加費用のいらないお葬式

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

 

※注)葬儀依頼前後に枕経をあげましょう

芦屋市での葬儀

◎ どこの葬儀社に依頼すれば?
◎ 葬儀の時の僧侶・依頼どうすれば?
(お寺との付き合いの無い方など)

葬儀・法事のサポートセンター
元警察官の僧侶が
葬儀全般の相談に応じます

  「良心のお葬式」

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

芦屋市は、市民葬儀・規格葬儀はありませんので、葬儀となった場合、自らが葬儀社など探さなくてはなりません。

家族葬

家族葬とは
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことです。
しかし、家族葬は「家族葬だからこうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。

そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。

家族葬のいわれ

家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。又、近隣とのお付き合いも少なく希薄化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。

家族葬と普通の葬儀の違い

皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければ「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

 

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

 

芦屋市の葬儀に対する取組み

芦屋市役所の葬儀に対する取組み

芦屋市は、市営葬儀、規格葬儀、両方ともありません。(平成29年9月現在)
芦屋市では、芦屋市火葬場指定管理者を指定して、指定されたところが火葬を行うようになっているようです。
火葬場(斎場)は、「芦屋市聖苑」1ヶ所です。同所には、葬儀式場は付設されていません。
芦屋市のホームページには、火葬場の料金表が記載してありますが、その表の下部に、
「使用許可を受けた者が市内に住所を有し、または死亡者が死亡時に市内に住所を有していた場合について適用し、これら以外の場合については、当該使用料の10割に相当する額を加算します。」と記載されています。

問い合わせ
芦屋市での葬儀関係、問い合わせ先
芦屋市市民生活部環境課霊園・火葬場係 電話番号 0797-38-3105
芦屋市の火葬場(斎場)所在地
名称 芦屋市聖苑
所在地 芦屋市三条町39番32号
電話 0797-25-2478
アクセス JR芦屋駅から2km、車で5分

芦屋市には現在、市運営の墓地はありません。今後、芦屋市霊園として「合葬式墓地」の開設が予定されています。芦屋市は葬祭費の給付があります。
葬儀となった場合、色々な届け出などがあると思いますので市への問い合わせは必要です。
芦屋市役所
〒659-8501芦屋市精道町7番6号
電話:0797-31-2121

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
芦屋市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

葬儀時の読経(お経)

全国どこでも共通することですが、お葬式に際して、僧侶読経(お経)は付いておりません。葬儀依頼と僧侶の読経は、別なことなのです。

芦屋市での、お葬式の時の「お経」
〇 お寺とのお付き合いの無い方〇 何処に、依頼すればよいか分からない方
元警察官が僧侶で顧問の「良心のお葬式」へ

         芦屋市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

   元警察官が僧侶で顧問の
    「良心のお葬式」

 

芦屋市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬場

現代は葬儀を行った後、火葬場で火葬に付します。殆どの市町村が公営の火葬場を持ち、火葬に付すようになっています。

芦屋市の火葬場(斎場)所在地
名称 芦屋市聖苑
所在地 芦屋市三条町39番32号
電話 0797-25-2478
アクセス JR芦屋駅から2km、車で5分

   芦屋市聖苑(火葬場)

 

葬儀・尼崎  低料金で安心なお葬式 24時間対応

「良心のお葬式」の推奨葬儀

「良心のお葬式」は、葬儀・法事の市民サポートセンターです。
元警察官で現僧侶を顧問として迎え皆様の相談に応じています。

 

葬儀費用一式 追加費用のいらないお葬式

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

 

※注)葬儀依頼前後に枕経をあげましょう

尼崎市での葬儀

◎ どこの葬儀社に依頼すれば?
◎ 葬儀の時の僧侶・依頼どうすれば?
(お寺との付き合いの無い方など)

葬儀・法事のサポートセンター
元警察官の僧侶が
葬儀全般の相談に応じます

  「良心のお葬式」

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

尼崎市は、以前市営葬儀がありましたが、規格葬儀に移行しております。市の規格葬儀を考えながら自らが葬儀社など探すのもいいと思います。

家族葬

家族葬とは
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことです。
しかし、家族葬は「家族葬だからこうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。

そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。

家族葬のいわれ

家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。又、近隣とのお付き合いも少なく希薄化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。

家族葬と普通の葬儀の違い

皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければ「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

 

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

 

葬儀費用とお布施は別

葬儀費用には、僧侶読経(お経)は含まれていません。  お坊さんお経は別依頼となります。 

現代は宗教離れ・仏教離れという時代で一昔のように、おじいさん・おばあさんに連れられてお寺にはいくことがありませんので、いざ葬儀となった場合、どのお寺或いはどの僧侶に読経(お経)を依頼してよいか困ってしまいます。

又、 お布施袋お布施は不明瞭という時代です ので、このような時は無料相談を利用したり或いはメデァの発達した時代ですからPCなどで探されればいいと思います。

お寺とのお付き合いのない方は 「良心のお葬式」に是非、僧侶読経(お経)をご相談・お申込み下さい。又、葬儀全般についてのご相談も無料で行っています。

 

尼崎市役所の葬儀の取組み

葬儀建物

平成26年7月に尼崎市営葬儀から尼崎市規格葬儀に移行しております。規格葬儀とは、簡素で厳粛な葬儀の実施を目的に市の定める規格に沿って市が指定した事業者が葬儀を執り行うことを目的としております。

 

尼崎市弥生ヶ丘斎場  所在地:尼崎市弥生ヶ丘町1番1号

尼崎市立弥生ヶ丘斎場は、老朽化等によって平成16年4月に建て替えられました。
建て替えに当たって、ダイオキシン等に対する環境対策、公害防止装置を取り入れているようです。
告別室と収骨室を設置して、故人とのお別れを厳粛な中で行われるようにしております。
さらに、従来の火葬場のイメージの一新のため、自然採光を取り入れた明るい建物にして、人生の終焉の場にふさわしい荘厳さを備えた施設としています。

尼崎の規格葬儀

尼崎市には、市営葬儀がありましたが廃止され、現在は新たに規格葬儀が作られています。

尼崎市の規程では、 規格葬儀とは、 市が定める規格に沿って、市が指定した葬儀業者が執り行う葬儀となっています。
利用できる方は
・死亡時に市内に居住していた人の葬儀を市内で行う場合
・喪主など葬儀を行う人が市内に居住し、葬儀を行う場合
規格葬儀の内容
・納棺等遺体の取り扱い
・棺箱などの葬祭用品の供給
・祭壇等の飾付け及び式事の執行などの納棺から火葬までの葬儀を規格葬儀として取り扱っています。

規格葬儀の種別及び料金(全てパック料金・税込み)

パック種別

パック料金

仏式三段飾り <雪>

314,500円

仏式二段飾り <月>

264,500円

仏式飾り祭壇なし <花>

163,500円

仏式枕飾り・通夜なし <1日葬>

147,000円

神式三段飾り

293,800円

キリスト教式

213,800円

※パック料金には、宗教者費用(お布施など)、式場使用料は含んでおりません。

総務局 市民サービス部 市民課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館1階
電話番号:06-6489-6408

尼崎市の火葬場(斎場)
尼崎市の火葬場(斎場)所在地
名称 弥生ケ丘斎場
所在地 尼崎市弥生ケ丘町1番1号
電話 06-6491-2500
アクセス JR尼崎駅から3km、車で10分

斎場(火葬場)は、尼崎市内に1か所あります。この斎場には、告別室もあります。只、通夜は出来ないようです。尼崎市は、墓園の管理なども行っています。
身内が亡くなった場合、葬祭費支給などの手続きも必要ですので、尼崎市役所への問い合わせは必ず必要です。
尼崎市役所
〒660-8501尼崎市東七松町1丁目23番1号
電話06-6375-5639

 

僧侶の読経(おきょう)は、葬儀社依頼とは別の依頼となります。

尼崎市での、お葬式の時の「お経」の依頼は「良心のお葬式」へ

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方
    元警察官で現僧侶が顧問の
       「良心のお葬式」

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)

尼崎市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

身内の葬儀

身内の死を予期していても、していなくても、いざ葬儀となれば困惑するものです。

元警察官の僧侶にご相談ください

  死   ↠   枕経   ↠   葬儀

 ↠   ↠ 

三田市での葬儀

市の歴史概況

三田市は、兵庫県の南東部に位置し、神戸市の市街地より六甲山系を越えて北へ約25km、大阪市より北西へ約35kmの圏域にあります。
北は篠山市、東は宝塚市、猪名川町、南は神戸市、西は加東市、三木市に接しています。
豊かな環境と穏やかな気候に恵まれたこの地に人々が暮らし始めた歴史は、はるか数万年前の旧石器時代にまでさかのぼります。
奈良時代には現在の屋敷町周辺に、のちの金心寺につながる寺院が建立され、門前には「まち」も形成されたと伝えられています。
又、南北朝時代の記録には「三田城」の名称がみえ、このころまでには「三田」の地名や拠点となる城郭がこの地に成立していたと考えられています。
戦国時代以降の三田は、城郭を拠点とする政治都市としてのみならず、周辺の豊かな農村地域から供給される米や材木などの集散地として、流通・経済の中心としても発展してきました。
江戸時代には三田藩九鬼氏および麻田藩青木氏の支配となり、三田の町は三田藩3万6千石の拠点として大いに繁栄します。さらに明治以降は郡役所の設置や鉄道の開通などにより、当時の有馬郡の中心地としてより一層の発展をとげています。

その後、昭和31年に藍村と本庄村が合併して相野町が成立、次いで、三田町、三輪町、広野村、小野村、高平村が合併して三田町が成立し、さらに昭和32年に三田町が相野町を編入したのち、昭和33年7月に市制を施行し現在に至っています。

三田市の地域

総面積:210.32平方キロメートル、東西19.3キロメートル、南北17.8キロメートル
海抜:最高697メートル、最低116メートル
位置:東経135度13分、北緯34度53分
人口(平成31年4月1日現在):112,373人(男54,571人 女57,802人)
世帯数(平成31年4月1日現在):46,233世帯
姉妹都市:豪州ブルーマウンテンズ市・米国キティタス郡・韓国済州市
友好都市:三重県鳥羽市

葬儀関係

三田市
三田市には、市営葬儀・企画葬儀はありません。市運営は、火葬場の三田聖苑・霊園のみです。

無料相談を活用

元警察官で現僧侶にご相談して下されればと思います。

三田市では、自ら葬儀社を探さなくてはなりません。勿論、市に市営葬儀・企画葬儀の制度があつても自ら

或は身内が葬儀社など葬儀の段取りをしなくてはなりません。自らが喪主或は葬儀委員長としては殆ど経験するということは少ないと思います。身内同士で話し合ったりスマートホンなどネットで調べて葬儀社などを決定しては偏りがちなことになるかもしれません。

三田市の葬儀取り扱い

1 死亡届
届出するとき
ご家族等が亡くなられたとき
届出できる人
同居の親族・その他の同居者・家主・地主・家屋もしくは土地の管理人のいずれか
※届出義務者ではありませんが、同居していない親族・後見人・保佐人・補助人・任意後見人も届出できます。
※親族とは、六親等内の血族・配偶者・三親等内の姻族のことです。
届出できるところ
お亡くなりになった方の本籍地・お亡くなりになった市区町村・届出人の住所地または所在地のいずれか
届出に必要なもの
死亡届(受診している病院等でお尋ねください。)
届出される人の認め印(朱肉を使う印)
三田市聖苑を使用される方は聖苑使用料(下記参照)
※届書は一度提出されるとお返しできません。届書の写しが必要な方は届け出られる前にご自身でコピーしておいてください。
届出できる期間
死亡の事実を知った日から7日以内
(国外で死亡したときは3ヶ月以内)
火葬の手続きについて
死亡の届出をされると「火葬許可証」をお渡しします。火葬場へお持ちになり手続きしてください。
※三田市聖苑をご利用になる方は予約が必要です。火葬を希望される日時をお知らせください。
使用料については、「三田市聖苑」のページをご確認ください。
その他
死亡に伴う諸手続きについては、各担当部署へお問い合わせください。

 

2 三田市聖苑(火葬場)

利用案内

開場時間 10時~18時(受付は16時まで)
火葬所要時間 約2時間30分(当日収骨)
休苑日 1月1日・1月3日・8月15日
所在地 三田市下槻瀬748番地1
電話 079-569-1215

 予約時間の厳守
予約時間は他の利用者様の予約にも影響しますので厳守願います。(最終受入時刻は16時です)
予約時間前のご利用はできる限りご遠慮ください。(火葬の状況により、お待ちいただく場合があります。)出棺の際は、必ず聖苑へご連絡ください。
使用許可の申請
死体埋火葬許可証及び聖苑使用許可申請書を市民課に提出してください。
聖苑使用料を指定納付書により会計課窓口にて納入してください。
市民課で使用料領収書を提示し、死体埋火葬許可証及び聖苑使用許可証を受け取ってください。
閉庁時(土曜日・日曜日・祝日・時間外)の申請は、市役所宿直室窓口でお手続きできます。
火葬当日聖苑での手続き
「死体埋火葬許可証」及び「聖苑使用許可証」を聖苑事務所窓口に提出してください。
収骨時に事務所窓口で死体埋火葬許可証(聖苑管理者印を押印済のもの)を受け取ってください。
死体埋火葬許可証は、墓地に埋葬(又は納骨堂に納骨)する際に、墓地(又は納骨堂)の管理者に提出する書類です。紛失しないよう大切に保管してください。
聖苑使用料

使用区分 単体 使用料(本市住民) 使用料(本市住民以外)
火葬施設(12歳以上) 1体 22,000円 44,000円
火葬施設(12歳未満) 1体 無料 22,000円
火葬施設(死産児) 1胎 無料 11,000円

注意事項
棺の中に納められる「副葬品」については、「生花類」を除き原則禁止とさせていただきます。これは、ご遺骨への影響、有害物質の発生、火葬炉設備の故障などを防ぐためであり、ご理解とご協力をお願いします。

心臓ペースメーカーなどの体内埋め込み型機器を装着されている場合は、予めお申し出ください。ペースメーカーは火葬中突然破裂し、ご遺体の損傷、火葬炉の破損、職員の負傷を引き起こす可能性がありますので、その旨を予め火葬場係員へお知らせください。
三田市聖苑案内図

3 葬祭費
被保険者が亡くなった場合、葬祭を行った人(喪主)に対して50,000円 が支給されます。
対象要件
死亡時に三田市国民健康保険または兵庫県後期高齢者医療の被保険者であること
※社会保険加入者や生活保護受給者は対象ではありません。
葬祭(葬儀もしくはそれに類するもの)をおこなっていること
交通事故等で加害者側から葬祭費等の支給を受けていないこと
申請に必要なもの
亡くなった人の国民健康保険もしくは兵庫県後期高齢者医療の被保険者証
葬祭をおこなったことを証明する書類を次のうち1点
※亡くなった人と喪主の両方の氏名が記載されているもの
1. 葬祭の領収書兼明細書(喪主と死亡者が明確にわかるもの)
2. 会葬礼状
3. 申立書(様式は国保医療課にあります)
申請者(喪主)の印かん
振込先口座がわかるもの(預金通帳等)
※亡くなった方が後期高齢者で、喪主以外の口座名義で申請する場合は、委任状および喪主の本人確認書類(運転免許証等のコピー)が必要です。
振込予定日
亡くなった人が国民健康保険加入者の場合は、申請受付月の翌月20日頃に、市からお振込みします。
後期高齢者医療の場合は、申請受付月の2か月後の10日頃に、兵庫県後期高齢者医療広域連合から振込まれます。
※記載内容に不備等があれば、支給が遅れる場合があります。
時効
葬祭を行った日の翌日から起算して2年を経過すると時効となり、支給が受けられなくなりますのでご注意ください。
おくやみコーナーをご利用ください
身近な方がお亡くなりになられると、保険料返納や未支給・遺族年金請求、各種振込・引落口座変更など、さまざまなお手続き(申請・届出)が必要となります。
「おくやみコーナー」では、ご遺族の負担を軽減できるよう、亡くなった人に関するさまざまな手続きについて、1か所でご案内いたします。
場所:三田市役所本庁舎1階9番窓口
電話:079-559-5227
FAX:079-560-2101
※ご利用の際は、事前相談をお勧めします。
※すべての手続きがおくやみコーナーでできるものではありません。
※亡くなった人が国民健康保険加入者と後期高齢者医療の被保険者の場合で申請書が異なりますのでご注意ください。
お問い合わせ
福祉共生部健康推進室国保医療課 担当者名:給付係
住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5049
ファクス番号:079-559-2636

4 三田市霊苑
当霊苑は、市域の中央に位置する千丈寺湖東に位置し、JR三田駅、神鉄三田駅より北北東約6kmのところにあり、武庫川の支流である山田川の上流部の標高300m以内の丘陵台地に位置しています。
日当りは良好で、墓所が南側へわずかながら下り傾斜としており、墓石等の正面は南側となっています。
また、各所にヒラドツツジやシイ、アラカシなどの樹木を植栽し、明るい公園墓地のイメージを醸し出し、霊苑を訪れる人々に落ち着きと安らぎを提供できるよう配慮しています。

利用案内

開苑時間 開門時間:午前9時
閉門時間:午後5時
ただし、下記の期間のみ開門・閉門時間が変わります。
1月7日~1月31日 :午前9時~午後4時
8月7日~8月16日 :午前8時~午後6時
休苑日 なし
所在地 〒669-1413三田市下槻瀬748番地1
電話 079-569-1520

霊苑使用者の申込み資格
以下の条件をすべて満たす方
三田市内に住所を有する(住民登録をしている)世帯主であること
祭祀を主宰すべき人(お墓を主として管理する人) であること
永代使用料と年間管理料の合計額を納入期限(手続き完了後、20日間)までに一括納入できること
現に三田市霊苑の使用者でないこと  
※注意事項
石材業者などの代理申請は認められません。不正な申請が判明した場合は、すべて無効とします。
永代使用料・年間管理料

種 類 面積(間口×奥行) 面積(間口×奥行) 年間管理料
普通地 3平方メートル
(1.5m × 2m)
750,000円 5,400円
角地 3平方メートル
(1.5m× 2m)
825,000円 5,400円

10月以降に墓地の使用を許可された方は、初年度のみ年間管理料が半額(2,700円)になります。
永代使用料は、使用許可を受けた日から2年以内に墓所を使用することなく返還されたときは、申請に基づき納められた使用料の半額を返還します。
ただし、使用許可の取消処分を受けた場合は、還付できません

募集案内書
各年度の募集案内書は、市環境創造課窓口にて配布しておりますが、お電話でのご請求も可能です。
現地見学
自由に見学していただけます。(土日・祝日も可能です)
開門時間は、原則として午前9時から午後5時
ただし、8月7日から8月16日までは午前8時から午後6時。
1月7日から1月31日までは午前9時から午後4時

5 国民健康保険の概要と手続き
健康な生活はみんなの願いです。
ところが思いがけない病気にかかったり、ケガをする場合があります。
このような時、誰でも安心して医療機関で医療が受けられるよう、加入者がお金を負担しあい医療費にあてるという相互扶助の考えに基づき、みなさんの生活を支えているのが国民健康保険です。
その財源には、国などからの補助金や加入者に納めていただく国民健康保険税があてられます。
加入が必要な人
会社などの健康保険に加入していない人は国民健康保険に加入(強制加入)しなければなりません。
手続きは14日以内に
うっかりして国保加入の手続きを忘れていたような場合には、社会保険等の資格喪失時までさかのぼって保険税を納付(最高3年)していただくことになりますので、14日以内に手続きをしてください。
手続きは本人または同一世帯の方が行ってください。
世帯が違う場合は、委任状が必要です。

国保への加入手続き(14日以内に届け出を)
三田市に転入したとき(前の住所地で国保に加入していた人)
必要なもの-印鑑、転出証明書
届け出窓口-市民課
子どもが産まれたとき
必要なもの-印鑑、母子手帳または出生証明書
届け出窓口-市民課
出産育児一時金の手続きについては関連情報をご覧下さい
関連情報(出産育児一時金)
職場の健康保険をやめたとき(又は被扶養者から外れたとき)
必要なもの-印鑑、加入していた健康保険の資格喪失証明書、世帯主および対象者のマイナンバー(個人番号カードまたは通知カード)、免許証などの本人確認ができるもの。
届け出窓口-国保医療課資格収納係
生活保護が廃止されたとき
必要なもの-印鑑、保護廃止決定通知書
届け出窓口-国保医療課資格収納係
保険証の交付について
市役所窓口で本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート等の身分証明)をお持ちであれば、その場で保険証を受け取ることができます。
お持ちでない場合は、後日、世帯主あてに郵送します。また、同一世帯以外の方には窓口交付ができません。後日、世帯主あての郵送になりますのでご注意ください。
なお、国保加入手続きは、上記事由発生日以降からの受付となります。
(事前受付はできませんのでご注意ください。)
脱退手続き(14日以内に届け出を)
三田市から転出するとき
必要なもの-印鑑、国民健康保険証
届け出窓口-市民課
国保の加入者が死亡したとき
必要なもの-印鑑、国民健康保険証
届け出窓口-市民課
葬祭費の手続きについては関連情報をご覧下さい
関連情報(葬祭費)
新たに勤務先の健康保険に加入したとき(又は被扶養者になったとき)
必要なもの-印鑑、国民健康保険証、新たに加入した健康保険証(新たな健康保険証が未交付のときは加入したことを証明するもの)、世帯主および対象者のマイナンバー(個人番号カードまたは通知カード)
届け出窓口-国保医療課資格収納係
生活保護が適用されたとき
必要なもの-印鑑、保護開始決定通知書
届け出窓口-国保医療課資格収納係
保険証に関するその他の手続き
三田市内で住所が変わったとき
必要なもの-印鑑、国民健康保険証
届け出窓口-市民課
保険証を紛失したり、汚れて使えなくなったとき(再交付)
必要なもの-本人確認ができるもの(運転免許証など)
届け出窓口-国保医療課資格収納係
修学のため世帯を離れて暮らす人の保険証が必要なとき
必要なもの-国民健康保険証、在学証明書(又は学生証のコピー)
届け出窓口-国保医療課資格収納係
納付方法に関する手続き
納付方法を変更するとき(年金天引き⇒口座振替)
※次の(1)(2)両方の要件を満たすことが必要です
(1)国民健康保険税を確実に納付している人
(2)今後の保険税を口座振替により確実に納付いただける人
必要なもの-保険証、口座番号の確認できるもの、口座の届出印
届け出窓口-国保医療課資格収納係
郵送での手続きについて
上記の手続きについて、郵送を希望される場合は、必要書類を送付させていただきますので、お問い合わせ先の国保医療課資格収納係(079-559-5050)までご連絡ください。
お問い合わせ
福祉共生部健康推進室国保医療課 担当者名:資格収納係
住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5050
ファクス番号:079-559-2636

 

京都市の葬儀に対する取組み

京都市の葬儀関係取組

京都市役所の葬儀関係の取組として、「亡くなられたとき」として死亡届、葬祭、費諸手続きなどについて記載されています。
只、京都市役所としての取組である「規格葬儀」「市営葬儀」はありません。
斎場(火葬場)は、京都市内に1か所で「京都市中央斎場」があります。市の墓園はあり、墓関係の「深草墓園」などについて規定されています。

京都市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に、遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても、24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

京都市の火葬場(斎場)所在地
名称 京都市中央斎場
所在地 京都市山科区上花山旭山町19-3
電話 075-561-4251
アクセス 京阪電鉄京阪本線五条駅から3km、車で10分

京都の葬儀関係の問い合わせ先は
京都市役所
〒604-8571京都市中京区寺町通御池上る上本能寺町488番地
電話:075-222-3111

 

      京都での、お葬式の時の「お経(おきょう)」の申し込み

  お寺とのお付き合いの無い方   元警察官で現僧侶が顧問の
   「良心のお葬式」へ
1

 

身内が亡くなって行うこと
京都市での、臨終から火葬までの手続き
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

  京都での、お葬式の時の「お経」の申し込み

お寺とのお付き合いの無い方  元警察官で現僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」へ

 

 

 

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
         
市営葬儀に僧侶読経(お経)は付いていません。
僧侶のお経は、別依頼となります。 

〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方
〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
  市民サポートセンター
僧侶・司法書士などのグループ

  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」

吹田市の葬儀

 

吹田市役所の葬儀取り組み

吹田市内に於いて、葬儀に関する問い合わせは地域環境課です。又、葬儀を行った後も色々な手続きがありますので、吹田市役所に問い合わせが必要です。
吹田市役所地域環境課
〒564-8550吹田市泉町1丁目3番40号
電話06-6384-1361
に直接問い合わせるか
電話:06-6384-1231(代表)
です。

吹田市規格葬儀

吹田市の葬儀関係の取組として、「規格葬儀」を行っています。以前(平成29年6月末まで)は市営葬儀がありましたが、規格葬儀(平成29年7月から)が始まることによって市営葬儀は廃止になりました。

規格葬儀
規格葬儀とは、手続きの簡略化及び「簡素にして厳粛な葬儀」を提供するため、平成29年7月より規格葬儀制度が実施されました。
これは、吹田市が定める規格・料金に従い、市が指定する永年の経験を有する葬儀業者の協力により行うものです。

葬儀の申し込みについては、吹田市指定業者へ直接お申付けください。なお、規格葬儀実施に伴い、現行の吹田市営葬儀制度は平成6月をもって廃止します。

規格葬儀を利用できる方
喪主(施主)、又は死亡者が吹田市民であり、吹田市内で葬儀を執り行う方

問い合わせ先
〒564-8550大阪府吹田市泉町1丁目3番40号地 域環境課 電話 06-6384-1361

吹田市の火葬場(斎場)
葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

吹田市の斎場・火葬場
名称 吹田市立やすらぎ苑
所在地 吹田市吹東町17-1
電話 06-6381-1689
アクセス JR吹田駅から1,2km、徒歩15分、阪急電鉄相川駅から0,9km、徒歩13分

・特徴
火葬炉があるので、直葬(火葬式)を行うことが可能です。宗教・宗派を問わず利用できます。吹田市による運営です。市営斎場なので、係員へ心づけ(チップ)は渡してはいけません。(吹田市の広報より)

吹田市では市管理の墓地(川面墓地)があります。

 

 僧侶の読経(おきょう)は、葬儀社依頼とは別の依頼となります。

    吹田市での、お葬式の時の「お経」の依頼は「良心のお葬式」へ

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方
   元警察官が僧侶で顧問の
      「良心のお葬式」

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
吹田市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         吹田市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」

 

 

堺市で葬儀―市民への取り組み状況

堺市の葬儀関係

私たちは一生のうちお葬式を殆ど経験することはありません。堺市役所の取り組みとして企画葬儀があります。
死亡されたときとして(葬祭費)の規定もあります。
そして、堺市内に斎場(火葬場)が1か所あり、斎場(火葬場)には葬儀式場があります。又、市管理の墓地、堺公園墓地があります。色々な届け出事項もありますので市役所への問い合わせは必要です。

堺市役所
〒590-0078堺市堺区南瓦町3番1号
電話072-233-1101(代表)

規格葬儀

堺市には、規格葬儀があります。下記に概略を記載します(平成29年9月現在)

1、規格葬儀
祭壇などの葬儀の仕様を決める一つの目安として、規格葬儀制度を設けている。
2、問い合わせ
市立斎場(電話:072-228-0167)へ
3、パンフレットの有無
市役所(本庁)・各区役所等にあり

施設

堺市には、告別式場があります。詳細は、堺市役所に事前に問い合わせ下さい。(平成29年9月現在)

1、主な施設の内容
・火葬炉
・待合室(和室10室、洋室2室)
・告別室4室
・式場(大式場2室、小式場1室)

又、斎場(火葬場)に式場が敷設されています。

堺市の火葬場(斎場)

葬儀・安置・火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

堺市の火葬場(斎場)所在地
名称 堺市立斎場
所在地 堺市堺区田出井町4丁1
電話 072-228-0167
アクセス JR堺市駅から300m、徒歩5分

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
堺市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         堺市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」

 

 

 

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
         
大阪市には規格葬儀がありますが、僧侶読経(お経)は別に依頼しなければなりません。
安心・信頼できる 「良心のお葬式」へご相談下さい。
 

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
 市民サポートセンター
僧侶・司法書士などのグループ

  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」

大阪市の葬儀

大阪市役所の葬儀取り扱い関係

大阪市の葬儀関係の取組として、「規格葬儀」を行っています。この規格葬儀は、儀式の尊厳をたもちつつ、その出費を少なくするためのものです。
斎場(火葬場)は、大阪市内に5か所あります。これらの斎場は、火葬を行うほか式場施設も設置し、お通夜にも利用できるようになっています。
又、墓園の管理なども行っています。
大阪市役所は葬儀関係に於いて「くらし・ご不幸」欄に、
・ご不幸に関するお金の支援
・葬儀
・霊園
・斎場
・墓地
などの規定があります。葬儀となった場合、必ず大阪市役所への問い合わせは必要です。
大阪市役所
〒530-8201大阪市北区中之島1丁目3番20号
電話:06-6208-8181

規格葬儀とは?

大阪市には規格葬儀があります。 大阪市の規格葬儀とは、 大阪市が市民に万が一の不幸があったときに、儀式の尊厳をたもちつつ、その出費を少なくして安心して利用してもらうように設けている葬儀制度です。

大阪市規格葬儀は、大阪市内78の葬儀業者を規格葬儀取扱い店として指定し、その協力のもとあらかじめ葬儀の内容と価格を定めています。

この大阪市が行う規格葬儀の価格等詳細については、各区役所等で規格葬儀制度ご案内のパンフレットを配布しています。 規格葬儀の価格と他の葬儀費用を見比べながら葬儀を実施すればいいと思います。

大阪市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

大阪市には、斎場(火葬場)が5カ所あります。どの斎場にも式場があります。
1、5カ所の斎場(火葬場)所在地
(1)大阪市立鶴見斎場
所在地 大阪市鶴見区鶴見1-6-128
電話 06-6912-3038
アクセス 大阪市営地下鉄今福鶴見駅から1,2km、徒歩15分
(2)大阪市立佃斎場
所在地 大阪市西淀川区佃6-4-18
電話 06-6471-1142
アクセス 阪神電車出来島駅から0,8km、徒歩10分
(3)大阪市立北斎場
所在地 大阪市北区長柄西1-7-13
電話 06-6351-3042
アクセス 大阪市営地下鉄天神橋筋6丁目駅から0,5km、徒歩8分
(4)大阪市立瓜破斎場
所在地 大阪市平野区瓜破東4-4-1-146
電話 06-6709-0860
アクセス 大阪市営地下鉄喜連瓜破見駅から1,3km、徒歩20分
(5)大阪市立小林斎場
所在地 大阪市大正区小林東3-12-8
電話 06-6551-0402
アクセス JR大正駅から3km、車で6分

2、火葬料金 10歳以上の者は1万円、大阪市外は6倍となります。

3、その他
①式場には、控室もあります。
②式場には大・中・小とあり、その式場の大きさによって料金が設定されています。

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
大阪市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

 僧侶の読経(おきょう)は、葬儀社依頼とは別の依頼となります。

      大阪市での、お葬式の時の「お経」の依頼は「良心のお葬式」へ

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方
元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」

葬儀と僧侶読経は別依頼

この規格葬儀での僧侶読経(お経)は別依頼となって付いておりません。 僧侶読経(お経)は、どの葬儀においても お坊さん葬儀とは別依頼 となりますのでご注意下さい。 僧侶依頼は、どこに依頼して良いか迷ってしまいます。

どうすれば安心して依頼するためには、無料相談を利用 して「宗派のこと」「お布施額」などある程度の知識を得て依頼するのが、後々後悔しない最良の依頼方法だと思います。

 

規格葬儀以外の葬儀

大阪市には規格葬儀を設けていますが、規格葬儀以外で葬儀を行う場合、自分宅の葬儀の目安を考え、例えば「殆ど親戚が無い」など、

その目安から葬儀方針、例えば「親戚が殆ど無いので費用を抑える」など、その葬儀方針から現代の葬儀方法(形態)で、

3つしかない葬儀方法(形態)

指3〇一般葬       〇1日葬       〇直葬(釜前葬)   のうちから

1指1つの葬儀方法(形態) を選び、

予算を考えながら全体的な葬儀費用を決定するのです。  そのことが、葬儀費用の経費節減にも繋がります。

 

 

葬儀・姫路  低料金で心のこもったお葬式 24時間対応

「良心のお葬式」のサポート葬儀

「良心のお葬式」は、葬儀・法事の市民サポートセンターです。
   元警察官現在僧侶
元警察官で現僧侶を顧問として迎え皆様の相談に応じています。

 

 参考葬儀例(葬儀費用は参考金額)

 

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

 

※注)葬儀依頼前後に枕経をあげましょう

姫路市での葬儀

◎ どこの葬儀社に依頼すれば?
◎ 葬儀の時の僧侶・依頼どうすれば?
(お寺との付き合いの無い方など)

葬儀・法事のサポートセンター
元警察官の僧侶が
葬儀全般の相談に応じます

  「良心のお葬式」

 

お葬式時の読経

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
お葬式にしても、葬儀時の僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞きください

枕経

死亡直後
お布施額30,000円

直葬(釜前葬)

火葬場での読経
お布施額55,000円

1日葬

告別式と火葬場
での読経
お布施額75,000円

一般葬

通夜と告別式と火葬場
での読経
お布施額150,000円

※注)枕経は、お亡くなりになって出来るだけ早くあげれば、「お顔が奇麗になる」と、昔から言われております

 

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

 

家族葬

家族葬とは
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことです。
しかし、家族葬は「家族葬だからこうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。

そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。

家族葬のいわれ

家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。又、近隣とのお付き合いも少なく希薄化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。

家族葬と普通の葬儀の違い

皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければ「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

 

姫路市での葬儀

姫路市には、名古山斎場があり、火葬場付設の葬儀式場があります。式場を使用する場合は葬儀社に申し込んでからの利用となるようです。

   名古山斎場   所在地:姫路市名古山町14番1号

火葬の手続き

姫路市の窓口に届け出し、名古山斎場、清水谷斎場を利用することが出来ます。
死亡届により、火葬許可証が交付されます。
通夜・告別式が執り行えます。
詳細な問い合わせ先
姫路市役所市民局市民生活部名古山霊苑管理事務所
電話:079-297-5030

 

 

今(至急)、宝塚で葬儀が必要な方

                     市民の葬儀・法事サポートセンター

                          元警察官で現僧侶が顧問の

                        「良心のお葬式」072-772-7422

 

宝塚での葬儀ー直ぐに、無料相談を!!

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

葬儀社へは無料相談後に依頼

今(至急)、宝塚でお葬式が必要な方は、慌てることなく無料相談などを利用して葬儀社を捜すのがよいでしょう。
現在は病院で亡くなられる方が大半だと思いますが、病院など近辺の方から葬儀社を勧められると思いますが、即、勧められるままに決断するのではなく、まずは無料相談を受けるのが最良の方法です。

「良心のお葬式」では、宝塚に精通している元警察官の僧侶が顧問をしておりますので相談を兼ねて、宝塚の葬儀関係など色々聞いてお葬式を決めればよいと思います。

「良心のお葬式」は、元警察官の僧侶が顧問をしており、同僧侶は宝塚市内の葬儀関係など色々詳細に把握しておりますのでお電話下さい。

     元警察官の僧侶が顧問の
        「良心のお葬式」

最近では病院で亡くなられる方が殆どだと思います。そのことから、どうしても病院からご遺体の搬送ということで葬儀社を決めてしまいがちです。
一旦、ご遺体を搬送して頂いた葬儀社には、葬儀依頼を断ろうと思ってもなかなか断りにくいものです。ですから、ご遺体搬送までに絶対無料相談を行うべきなのです。

「良心のお葬式」推奨葬儀

「良心のお葬式」は、市民のサポートセンターです。
元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問ですので、安心してご相談下さい

     直葬(釜前葬)

11,5000円

        1日葬

285,000円

       一般葬
     

413,000円

        一般葬

525,000円

葬儀社選びは慌てない!!

病院で亡くなられた場合、ご遺体の搬送を病院側から急がされるような気持になりますが、十分葬儀社を選んだりする時間はあります。じっくりと構えて余裕をもって葬儀社を選びましょう。

葬儀依頼前に枕経をあげる!!

一昔前までは、人が亡くなればまず枕経(まくらきょう)をあげたものです。最近では、大半の方が病院でお亡くなりになりますので、ご遺体搬送の関係からどうしても先に葬儀社に連絡してしまいます。

又、宗教離れ・仏教離れから「お葬式前に枕経をあげる」ということを知らない方もおられますし、葬儀社の方も「枕経をあげる」或いは「何時、枕経をあげるのか」知らない方もおられ、ついつい枕経をあげないままに終わってしまっております。
「良心のお葬式」では、元警察官で教師資格のある現僧侶が顧問として、無料相談を受けておりますので葬儀相談と同じくして「枕経」の依頼を行えばいいでしょう。

葬儀時のお布施

枕経

亡くなられて直ぐに

30,000円

火葬式

火葬場での読経

55,000円

1日葬

告別式・火葬場での読経

75,000円

一般葬

通夜・告別式・火葬場での読経
  150,000円

 

宝塚市役所の葬儀の取り組み

宝塚市には、市営葬儀・規格葬儀はありません。
市営葬儀・企画葬儀が無ければ不便という感もありますが、逆に、自らが思う葬儀が出来ると思います。
斎場(火葬場)は、宝塚市内に1か所あります。(平成29年9月現在)
只、火葬場には葬儀式場はありません。
市管理の墓苑はあります。

宝塚市の火葬場(斎場)所在地
名称 宝塚市営火葬場
所在地 宝塚市川面字長尾山15番地の423
電話 0797-87-7133
アクセス JR宝塚駅から北へ約3km、車で約15分

火葬場には式場はありません。市管理の墓苑はあります。

電話:0797-87-7133

利用時間:午前10時~午後4時まで
休場日:1月1日及び友引日
交通機関:JR宝塚駅から北へ約3キロメートル

火葬場使用料:市民と市民でない方の金額差あり

葬儀等に関する問い合わせ先
宝塚市環境部環境室生活環境課
〒665-8665  宝塚市東洋町1番1号 本庁1階  電話 0797-77-2073(霊園・火葬場担当)

葬儀に関する手続き
葬儀を行うにあたっては、色々な手続きが必要です。
葬儀時の手続きは葬儀社が代行して頂けますが、葬儀後に行わなければならない葬祭費支給申請手続き、健康保険の手続きなど色々な手続きが葬儀後必要になってきます。
あまり経験しない葬儀ですから、必ず、宝塚市役所への問い合わせは行った方がよいでしょう。
宝塚市役所
〒665-8665宝塚市東洋町1番1号
電話0797-71-1141

 

       宝塚市での葬儀

宝塚市には、市が関係する市営葬儀・規格葬儀はありません。民間依頼となります。
安心して「良心のお葬式」へご相談下さい。

 

☆ 葬儀社を決めかねている方
☆ 葬儀でお経をあげてほしい方
☆ お寺・僧侶の依頼先が分からない方

 市民サポートセンター
僧侶・司法書士などのグループ
元警察官の僧侶で顧問の

         「良心のお葬式」

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)

宝塚市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         宝塚市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」

 

葬儀・寝屋川

葬儀

葬儀とは、故人をこの世からあの世に送り成仏させる儀式です。
告別式とは、故人と親交のあった人たちが故人との最後の別れをする儀式です。
本来は別のもので以前は別々に執り行われていましたが、現代では葬儀と告別式を分けずに続けて行っています。

葬儀方法と費用の目安

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式は
ありません

115,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

285,000円(税込)

一般葬


・通夜・告別式を身内だけで行うプランです

413,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

525,000円(税込)

注)葬儀の注意事項
釜前葬(炉前葬)とは、直葬で火葬場の炉の前でお経をあげるお葬式のことを言います。

葬儀の流れ(死亡からそうぎ依頼まで)

死亡↠無料相談↠遺体搬送↠安置↠枕経(まくらぎょう)↠葬儀依頼

無料の相談は必ず!!

いざ、身内の方が亡くなった場合、お葬式を詳しく知っている人はいないと思います。
葬儀・法事の市民サポートセンタの「良心のお葬式」に元警察官で現在僧侶が24時間対応で親身に相談(無料)に応じております。

亡くなられて直ぐに枕経を!!

お葬式で大切なのは、亡くなられて直ぐにお経を(枕経)をあげることです。
我が国は古代より仏教を信仰してきました。そして受け継がれているのが、亡くなられて直ぐにお経(枕経)をあげれば「お顔が奇麗になる」と言われています。
お亡くなりになられてご遺体を安置されれば、葬儀の打ち合わせや葬儀社依頼前に、「枕経(まくらぎょう)」をあげるべきなのです。

 

お布施額(上記の葬儀に対応したお布施額)

   葬儀依頼とともに、適正・安心なお布施を望んで僧侶読経(お経)もお申込み下さい

  釜前(炉前)葬

 火葬場での読経
お布施額55,000円
      1日葬

告別式と式中初七日と火葬場
での読経
   お布施額75,000円
       一般葬

通夜と告別式と式中初七日と火葬場
での読経
    お布施額150,000円

 

寝屋川市・葬儀

寝屋川市・葬儀(市民葬儀)
寝屋川市では、市民葬儀が行えるようになっています。
市民葬儀とは、市が葬儀規格と料金を規定し、その内容に沿って、市が指定した葬儀業者 「指定業者」と利用する方との間で行われる葬儀です。
市民葬儀の特徴は、市が基本となる各プラン料金や一定のオプション料金をあらかじめ明確化して いますので、安心して葬儀を利用でき、業者による価格の差がない、統一した葬儀規格での安価な葬儀を提供することができます。

注意事項
寝屋川市には、市民葬儀がありますが、僧侶の読経(お経)は付いておりません。僧侶の読経(お経)は別依頼となります。

寝屋川市・葬儀(火葬場)
所在地:大阪府寝屋川市池の瀬町5番2号
(京阪寝屋川市駅から約2.5km、JR星田駅から1.6 km)

寝屋川市・葬儀(墓地・納骨堂)
寝屋川市では市営の墓地・納骨堂があります。