大阪市での葬儀(規格葬儀)

ホーム > 大阪市での葬儀(規格葬儀)

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
         
大阪市には規格葬儀がありますが、僧侶読経(お経)は別に依頼しなければなりません。
安心・信頼できる 「良心のお葬式」へご相談下さい。
 

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

大阪市には規格葬儀があります

規格葬儀とは?

大阪市には規格葬儀があります。 大阪市の規格葬儀とは、 大阪市が市民に万が一の不幸があったときに、儀式の尊厳をたもちつつ、その出費を少なくして安心して利用してもらうように設けている葬儀制度です。

大阪市規格葬儀は、大阪市内78の葬儀業者を規格葬儀取扱い店として指定し、その協力のもとあらかじめ葬儀の内容と価格を定めています。

この大阪市が行う規格葬儀の価格等詳細については、各区役所等で規格葬儀制度ご案内のパンフレットを配布しています。 規格葬儀の価格と他の葬儀費用を見比べながら葬儀を実施すればいいと思います。

 

葬儀と僧侶読経は別依頼

この規格葬儀での僧侶読経(お経)は別依頼となって付いておりません。 僧侶読経(お経)は、どの葬儀においても お坊さん葬儀とは別依頼 となりますのでご注意下さい。 僧侶依頼は、どこに依頼して良いか迷ってしまいます。

どうすれば安心して依頼するためには、無料相談を利用 して「宗派のこと」「お布施額」などある程度の知識を得て依頼するのが、後々後悔しない最良の依頼方法だと思います。

 

規格葬儀以外の葬儀

大阪市には規格葬儀を設けていますが、規格葬儀以外で葬儀を行う場合、自分宅の葬儀の目安を考え、例えば「殆ど親戚が無い」など、

その目安から葬儀方針、例えば「親戚が殆ど無いので費用を抑える」など、その葬儀方針から現代の葬儀方法(形態)で、

3つしかない葬儀方法(形態)

指3一般葬       〇1日葬       〇直葬(釜前葬)   のうちから

1指1つの葬儀方法(形態) を選び、

予算を考えながら全体的な葬儀費用を決定するのです。  そのことが、葬儀費用の経費節減にも繋がります。

 

大阪市葬儀の参考情報

大阪市には、斎場(火葬場)が5カ所あります。どの斎場にも式場があります。
1、5カ所の斎場
①大阪市立北斎場-大阪市北区長柄西1丁目7番13号 ☎06-6351-3042
②大阪市立瓜破斎場-大阪市平野区瓜破東4丁目4番146号 ☎06-6709-0860
③大阪市立鶴見斎場-大阪市鶴見区鶴見1丁目6番128号 ☎06-6912-3038
④大阪市立小林斎場-大阪市大正区小林東3丁目12番8号 ☎06-6551-0402
⑤大阪市立佃斎場-大阪市西淀川区佃6丁目4番18号 ☎06-6471-11422、

2、火葬料金 10歳以上の者は1万円、大阪市外は6倍となります。

3、その他
①式場には、控室もあります。
②式場には大・中・小とあり、その式場の大きさによって料金が設定されています。