1日葬(葬儀方法の1つ)

ホーム > 1日葬(葬儀方法の1つ)

葬儀方法は3方法あり、そのうちの1つ

1日葬とは、現代の葬儀方法(形態)である

3方法(形態) 指3のうちの

1方法(形態)1指です。  

この1日葬は、亡くなられてから通夜は行わず、告別式のみを行う葬儀方法(形態)です。

              【1日葬の流れ(繰り上げ初七日有り)】             

病院又は自宅で死亡

自宅又は葬儀社の霊安室に安置

1日での告別式(前日の通夜は無し)

火葬場に於いて僧侶の読経

火葬

約2時間後に骨上げ

自宅或いは葬儀会館で繰り上げ初七日

自宅に帰る

  この1日葬に於いても最近では、繰り上げ初七日を骨上げ後に行うのではなく、告別式の読経(お経)に引き続いて初七日を執り行う(式中初七日という)葬儀が出てきております。

 

             【1日葬の流れ(式中初七日での1日葬)】             

病院又は自宅で死亡

自宅又は葬儀社の霊安室に安置

1日での告別式(告別式の読経に続いて初七日の読経) (前日の通夜は無し)

火葬場に於いて僧侶の読経

火葬

約2時間後に骨上げ

自宅に帰る

葬儀・葬式費用

葬儀費用は、通夜が無い分当然一般葬よりも安くなります。  只、一般葬の半額とはいきめせん。  一般葬は亡くなられてから通常2~3日です。 

1日葬は一般葬の1日は日数が少なくなると思いますが、祭壇などの飾り付けはほぼ同じです。  ですから、費用は半分とはいかないのです。

逆に1日葬の場合、全般的葬儀費用は安くつくか分りませんが割高感は払拭されません。

葬儀申し込みの鉄則

安易に1日葬に決めない

1日葬は

3葬儀方法(形態) 一般葬     1日葬     直葬(釜前葬) の1方法(形態)

ですが、「安易に1日葬」とはしない方がいいと思います。

1日葬は一般葬に比べ葬儀費用は安く付きますが反面、故人を偲び送ってあげるという時間が無く遠方の方は葬儀に間に合わない可能性があります。

葬儀後に遠方の親戚より、「何故通夜をしなかったのか。葬儀費用を安くするために形式的に葬儀を執り行ったのではないか。」等クレームが出かねません。

自分宅の葬儀目安、葬儀方針を決定

ですから、葬儀方法を決定する場合、必ず
自分宅の葬儀の目安、例えば「親戚は遠方にいるが、付き合いが深い」などを考え

葬儀方針、例えば「葬儀費用を抑えるため、祭壇などは質素なものにして、遠方の親戚が雑魚寝でもできる宿泊できる葬儀社を選ぶ」など葬儀方針を決定して3葬儀方法から1葬儀方法を決めるのです。

葬儀費用の予算を踏まえて葬儀方針を決定してから、葬儀の値段を決めるようにすれば後悔のない適正値段での葬儀が行えると思います。