葬儀後の法事・法要

ホーム > 葬儀後の法事・法要

        後悔のないお葬式    実現のため

              ↓

    葬儀社を決定する前に、無料の葬儀サポートを利用して相談が必要!!

 

葬儀後に行うべき法事・法要

葬儀後に執り行わなければならないことお葬式風景

お葬式となった場合、お葬式を執り行うのも大変ですが、お葬式後も仏壇が無い場合は仏壇購入、法事・法要、納骨など仏事ごとを行わなければなりません。

又、亡くなられた方によっては、その後遺産問題、財産分け、住宅問題、保険関係など色々な事柄を処理していかなければならないと思います。

 

法事・法要の意義 葬儀とマナーに使用

法要とは、葬儀後に故人を想って供養を行うことをいいます。  この法要とは、仏教用語で追善供養ともいいます。 法事は、法要後の食事を含めた行事をいいます。

 

葬儀後の各法要

初七日法要

初七日法要とは、亡くなられてから数えて七日目に行う法要です。 亡くなられてから四十九日間のことを中陰といいますが、この七日ごとに法要を行う最初の 七日目の法要の日を線香初七日法要といいます。

四十九日法要(満中陰法要)

四十九日法要とは、亡くなられてから四十九日間のことを中陰といいますが、七日ごとの七七日(四十九日)に行う法要のことをいいます。初七日満中陰法要ともいいます。

年忌法要お鈴

1周忌法要
1周忌法要とは、亡くなられてから1年が経過した際に行う法要です。
3回忌法要
亡くなられてから2年目に行う法要です。その後に71317253350100回忌法要を行います。

お盆・初盆 お盆

お盆とは、先祖や亡くなった人の霊を祀る行事で、お釈迦さまの弟子の一人である目連尊者の故事に由来している法要です。 初盆は、お盆2四十九日(満中陰)が過ぎてから初めて迎えるお盆をいいます。

納骨法要

四十九日(満中陰)後に納骨を行いますが、その際の墓前での法要です。

法名(戒名)授与

法名(戒名)とは、仏弟子僧侶7としての名前です。 お葬式にあたって、法名(戒名)をお付けにならなかった場合にお付けします。

 

葬儀前の準備など

日常、私たちはなかなか気づかないですが、死死亡 とは常に隣り合わせで生きているのが現実です。  古来から現代まで、宗教・仏教が脈々と受け継がれてきているのはそのためではないでしょうか。

私たちは、一家に1つのお仏壇、そして生前に法名(戒名)授与を受けているのが最大の生き方ではないでしょうか。又、私たちは老い支度(終活)としての相続分与・万が一のための生命保険等の加入‥など生前に行っておく事も大切なことだと思います。

法名(戒名)僧侶7

法名とは、仏教に帰依して仏弟子になった人に授けられる仏法上の名前です。  浄土真宗では法名と言い、その他の宗派では戒名と呼んでいます。本来は生きている間に授かるべき性質のものです。

仏壇購入 仏壇

お仏壇とは、迷える私たちをお救い下さる阿弥陀如来さまをご安置するために置くもので、最も尊厳な場所であり家庭生活の中心となるものです。

「良心のお葬式」の葬儀・法要

葬儀・法事には、京阪神間の「良心のお葬式」を活用

「良心のお葬式」では、法事、法要もお受けしております。 京阪神方面には大半の方が檀家(門徒)離れをしておられ、お葬式・法事に戸惑われている方が沢山おられます。

お寺との檀家(門徒)としてのお付き合いは出来ないが、お葬式に引き続いて法事・法要を行いたい。 これは本来の人間としての自然な気持ちなのです。

自分の気持ち、そして自分宅のことを分って頂ける僧侶と出会って初めて、お寺・僧侶とのお付き合いでいいと思います。  後々、お付き合いをしなければ等、心配しなくてもいいことなのです。