葬儀とマナ-

ホーム > 葬儀とマナ-

葬儀とマナー

私達は人として色々なお付き合いがあり、いろいろな儀式に参列します。 人間として儀式・儀礼を大切にするためにも又、人間関係をスムーズにするためにもマナーは大切なことだと思います。

特にお葬式に関しては殆ど経験することはありません。 ですから、「どうすればいいの?」ということが多いと思います。

葬儀に参列する服装

葬儀は「死を悼む」という儀式ですから、遺族の気持ちを思いやることが第一です。 ですから、特に服装は華美にならないように注意しましょう。 葬儀の服装gif

 通夜の服装

本来、通夜は「とり急ぎ駆けつけ」という場合もありますので、喪服ではなく黒っぽい色の服装か、地味な平服で行くのが基本と言われています。

女性の場合
クロ、グレー、紺、茶などの無地で地味な金属製のボタンなどが付いていないワンピースやスーツなど。 靴やバッグも装飾や光沢の無い黒っぽいものがベターです。アクセサリーは付けないほうがいいでしょう。

男性の場合
男性の場合は、紺、グレー或いは黒っぽい無地のスーツに白カッターシャツ、黒っぽいネクタイ、黒靴がいいでしょう。 只、最近では告別式に出席できないため通夜だけに参列する人もいますので、最後お別れとして通夜でも喪服が多くなりました。
遠方から出席される方は、通夜であっても喪服でいいと思います。

告別式の服装

告別式においては喪服を着用するのが基本です。
女性の場合
ブラックの服装で長袖が原則。スカート丈は膝が隠れるぐらいがよいでしょう。  和服の場合は黒無地の着物。女性が特に気を付けなければならないのは服装以外の身だしなみです。 

派手な色のマニキュア、メイクやヘヤースタイル、香水も控えめに。指輪については、結婚指輪以外は控えましょう。  ネックレスについては控えたほうがいいと思いますが、白色或いは黒色のパールは最近では許される範囲となっています。

男性の場合
黒色のスーツ、白色カッターシャツ、黒色ネクタイ、黒靴、黒色の喪服が用意できない場合は、黒っぽいスーツ、あるいは地味なスーツに黒色腕章を左腕に着ける。  

注)現代の葬儀方法(形態)には3方法(形態)があり、1つは従来通りの一般葬ですが、 他の1日葬は通夜は無く告別式のみです。
もう1つの直葬(釜前葬)は通夜式・告別式もありません。故人とのお別れがあったとしても火葬場でのお別れとなります。 ですから、1日葬・直葬(釜前葬)の服装については、男女とも一般葬の告別式に参列する服装(喪服)となります。

お悔みの言葉

一般的言葉
私達は通夜或いは告別に参列した際、喪主等に「この度は、ご愁傷さまでございます」と悔みの言葉を述べます。 葬儀挨拶 「ご愁傷さま」とは国語辞典などには、相手を気の毒に思うさま。身内を失った人に対するお悔やみの言葉。 となっています。

言葉が出ない場合
私達は悲しみにくれている遺族の方になかなか声をかけられないのが当たり前だと思います。  ですから言葉が出てこなくて当たり前かもしれません。 

そのような場合、「この度は、ご愁傷さまでございます」という言葉も出ない時もあります。  その時は「この度は・・・」と言葉を小さく濁して頭を下げて遺族の気持ちをくみ取るのも一つのお悔やみの言葉だと思います。  

葬儀と天候

人が亡くなる時は、天候に左右されると思います。身内が亡くなった場合、心労が重なり身体を崩す方もおられます。又、最近では極端に暖寒差があり、身体が外気に着いていけず身体を崩してしまいます。

お葬式となった場合、或いは葬儀に参列する場合は衣服に気を付けたいものです。