伊丹市の葬儀に対する取組み

ホーム > 伊丹市の葬儀に対する取組み

伊丹市の葬儀―市民への取り組み状況

伊丹市の葬儀関係取組(広報より)

伊丹市役所に於いては、「お悔やみ」として
・死亡届
・規格葬儀について
・伊丹市営斎場
・死亡されたとき
・国民健康保険について
・家族が亡くなった際の所帯主変更届
・固定資産の所有者が死亡した場合
の取組がされております。又、斎場(火葬場)は、伊丹市内に1か所あります。又、墓園の管理なども行っています。

伊丹市への問い合わせ先
伊丹市役所
〒664-8503伊丹市千僧1-1
電話:072-783-1234
地図

伊丹市千僧1-1

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
伊丹市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

 

         伊丹市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」