葬儀社と葬儀斡旋会社の関係

ホーム > 葬儀社と葬儀斡旋会社の関係

葬儀に於ける、葬儀社と葬儀斡旋会社(業者)の関係

葬儀
私達は、年月とともに老い、何時かは死を迎えなければなりません。法事国家である以上、亡くなった人を勝手に葬るわけにはいきません。
法的な手続きを経て、ご遺体を葬ることとなります。複雑な現代社会ではどうしても、葬儀社に依頼しなければならないと思います。

葬儀社と葬儀関連会社(業者)
前述のように私達は、自分たちだけで身内を葬ることはなかなかできません。葬儀に関しては、葬儀社或いは葬儀関連会社(業者)に依頼しなくてはなりません。
葬儀社とは、遺体を安置、火葬場で火葬に付するまでの一連の葬儀に関する業務を行います。

葬儀関連会社(業者)とは、パソコン等で葬儀の宣伝広告を行い、集客を行って受理した(依頼された)葬儀を、提携している葬儀社に「葬儀」を行わせる業者のことです。

現代はメデァを利用しての、宣伝広告時代
現代は、メデァを活用して広範囲に宣伝広告を行う時代だと思います。その1つがPCの利用です。このPCを利用して多くの「葬儀集客」を行っているのが葬儀関連会社(業者)です。

テレビを利用しての宣伝広告を行う方法もありますが、葬儀関連会社(業者)は、PC利用が宣伝広告費用をあまりかけずに行えることから、大・中・小・個人の業者が多数利用して宣伝広告を行っています。

葬儀に於いて、葬儀社と葬儀関連会社のどちらを選ぶべきか?
身内が亡くなった場合、葬儀社に直接依頼する方がよいか或いは葬儀関連業者に依頼して、その業者から葬儀社を紹介してもらうのがよいか、ということになると思います。

あまり経験しないお葬式において、私達が葬儀社と葬儀関連会社のどちらを選ぶかは難しいことだと思います。
葬儀費用的には、葬儀斡旋会社の方が安く感じます。只、当初は直接葬儀社と接触(お話)しませんので、どのような葬儀社か分かりかねます。不安は当然残ると思います。

そのようなことを考えますと、自分宅にあった良き葬儀を行うには、利害関係の無い葬儀関係に詳しい者に「相談を行い」決めるのが一番失敗は少ないと思います。