葬儀方法(3方法有り)

ホーム > 葬儀方法(3方法有り)

    葬儀&葬儀読経とお葬式の無料葬儀サポート

元警察官の僧侶が顧問の僧侶
    「良心のお葬式」 電話 06-6468-3051

大小多種多様の葬儀社が乱立する現在、葬儀にあたっては、必ず事前相談が必要です。
葬儀社依頼前に必ず、枕経をあげましょう。

現代の葬儀方法(葬儀形態)

「自分宅の葬儀・葬式はどのように!!」を考える

現代は、葬儀に関して家族葬など色々な言葉、そしてパソコンなどに葬儀価格の違った色々な葬儀方法が出てきております。 葬儀を執り行うにあたって一番大切なことは、まず「自分宅はどのような葬儀を行えばいいのか」を決めることです。 考える顔 例えば「親戚が少ない」ならば、そのことを目安として「自分宅に在った葬儀方針を立てる」のです。 次にその葬儀方針にそって、どの葬儀方法(葬儀形態)にするかを考えればいいのです。

葬儀内容は自由に決められる」、自信をもって

私達は、一生のうち葬儀をあまり経験しません。ですから、葬儀社の敷いたレールに乗ってスムーズに葬儀を運びます。それはそれでいいと思いますが、「葬儀内容は自由に決められる」ということを私達は忘れてはなりません。

「現代の葬儀方法(形態)」は3方法!!

現代は一昔前と違い、大きく分けて下記の3方法の葬儀形態となっているということです。  ですから、葬儀(お葬式)を執り行うにあたって大切なことは、どのような方法(形態)で行うかです。

 

現代の葬儀方法(形態)、3方法とは 指3

    〇 直葬       1日葬        一般葬

の3つです。

そのうちの

1指1方法(形態) を選べばいいのです。

 

 直葬(釜前葬)とは
通夜、告別式など行わず、遺体を24時間安置後、火葬場での遺体焼却のみを行う葬儀形態です。        (一昔までは殆ど無かった葬儀方法です。)
釜前葬とは、火葬場に於いて火葬直前に読経を行うことをいいます。   >直葬(釜前葬)

 1日葬と
亡くなられてから通夜は行わず、告別式のみを行う葬儀形態です。
(この1日葬も一昔までは殆どなかった葬儀方法です。)         >1日葬の詳細

 一般葬とは
亡くなられてから通夜を行い、翌日に告別式を行う葬儀形態です。
(従来から行われている葬儀方法です。)                                        >一般葬の詳細

近年、このような葬儀方法が出てきましたのは 「昔のように儀式、宗教に捉われなくなったこと」 「葬儀に費用が掛かりすぎであること」 などが考えられます。                                             >葬 儀 費 用 の 目 安

家族葬

家族葬とは
よく「家族葬で」と聞きますが、この家族葬という意味は 「親戚縁者も少なく、知人などにも知らせず身内だけで故人を送ってあげようという葬儀」 をいいます。

ですから、通夜を行わない1日葬でも、「家族葬で」という言葉は使われますので、 極端かも知れませんが

家族葬とは
身内だけの少人数のお葬式と思って頂ければいいと思います。つまり、「密葬」と思えばいいでしょう。

「良心のお葬式」のサポート内容

「良心のお葬式」の追加費用のいらない葬儀・葬式

良心のお葬式では、一部の地域に限ってではございますが、葬儀方法の中に追加費用のいらない葬儀形態を設けて、負担の少ない低価格のお葬式を紹介させて頂いております。

僧侶紹介とお布施額の相談

又、お葬式に際しまして僧侶読経(お経)は必ず必要なものではないでしょうか。 現代は宗教離れ・仏教離れがすすんでいるとはいえ、昔から日本は仏教国です。

故人そして遺族の安穏のためにも僧侶の読経(お経)をご依頼下さい。

「良心のお葬式」では、元警察官の僧侶が顧問として葬儀・仏事の全般のご相談を承っております。もちろん、僧侶の読経のご相談・受理も行っております。 適切・妥当なお布施額を知るためにも是非ご相談下さい。

 

生前葬

生前葬とは、生きているうちにお世話になった方々に参列してもらい葬儀を執り行う葬儀方式です。仏教では、通常の葬儀と同様に読経(お経)で執り行います。
現代は、仕事の都合上或いは核家族化によって中々家族が集まることが少ないことから、家族が揃う時に生前葬を行われる方もおられます。