葬儀と枕経

ホーム > 葬儀と枕経

枕経(まくらぎょう)を出来るだけ早く、あげなければなりません

              ⇒   

元警察官の僧侶が顧問の

「良心のお葬式」電話06-6468-3051 へ

 

葬儀と枕経(まくらぎょう)

人が亡くなれば、何をおいても枕経(まくらぎょう)

私達は身内が亡くなれば、最近では最初に葬儀社に連絡します。そして、葬儀社に言われるままに事を運んでしまいます。依頼を受けた葬儀社は「枕経(まくらぎょう)をあげましたか」と最初に言う葬儀社(担当者)は殆どいないと思います。

宗教離れ・仏教離れから「枕経を」と思う人は少なくなってきておりますし、葬儀社自体も「まずは、枕経を」と言いわなくなってきています。ですが、「人が亡くなれば何をおいても枕経」なのです。

今後の幸せのために、手抜きのない葬儀を!!

私達は宗教離れ・仏教離れしているからと言って、宗教的儀式を全て省いているという人は皆無だと思います。それはどの国においても人間は、儀式を重んじてきた歴史がありその歴史が受け継がれてきているのです。

「儀式」イコール「人間の幸せ」を求めているからです。故人を偲び、遺族の幸せを願うからこそ「枕経をあげる」といっても過言ではありません。

人が亡くなれば、最初の連絡は葬儀社ではなく僧侶に!!

最近では病院で亡くなる方が殆どのため、遺体搬送のことからどうしても最初に葬儀社に連絡してしまい、その遺体搬送を依頼した葬儀社にそのまま葬儀依頼をしてしまいます。

その葬儀社が良い葬儀社であればいいのですが、そうでなければ「葬儀社の都合」によって葬儀を運んでしまいます。遺族のことを真に考えて下さる葬儀社であれば「深夜など時間帯に関係なく」枕経を勧めるはずです。

葬儀社の良し悪しが分からない私達は、最初に葬儀社に連絡するべきではないと思います。私達、幸せを望む者にとっては枕経を出来るだけ早く上げてくれる僧侶或いはお寺に連絡すべきなのです。

「枕経」を省力してはならない

現代は、多種多様の職種、裕福さを求めての共働きなどからから、昔のように全ての身内、友人・知人が揃うことは殆ど無くなりました。そのような社会情勢から「目に見えない事」は、どうしてもおろそかにされたり、省略化されているいるような社会となっているような気がします。

しかし、反面では私達は幸せを望んでいるのです。人によれば幸せのために「共働きをして稼いでいる」と言われると思います。ですがどうでしょうか?手抜きをしたことは、完成されたものではなく又心がこもっていないものとなっているのではないでしょうか。

「枕経」は仏さまに対する「お世話になりました。ありがとうございました。残されたものを見守って下さい」という思いのお経なのです。ですから、簡略化した葬儀を行う事なうことなく、一昔のように「亡くなって出来るだけ早く枕経をあげる」という一つ一つの事柄を大切にした葬儀・葬儀式を行って頂ければと思います。