葬儀社によって費用に差が!!

ホーム > 葬儀社によって費用に差が!!

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
           

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

葬儀社によって、葬儀費用に価格差があります

 

葬儀費用は高額なものです。ですから、簡単に葬儀社を決めるわけにはいきません。出来るだけ多くの正確な情報を得て葬儀社を決めるのが最良の決め方です。
  僧侶・司法書士のグループ
     元警察官の僧侶が顧問の
      「良心のお葬式」 電話 06-6468-3051 に無料相談を!!

 

葬儀社の乱立時代

現在は、高齢化社会であることから葬儀業界は一大産業をなしています。葬儀社が乱立しているといっても過言ではありません。
葬儀社が乱立していることは葬儀社同士の価格競争によって低料金・低価格葬儀に繋がり、消費者にとって良いところもあります。反面、乱立しているあまり、どの葬儀社を選べばいいのか迷ってしまいます。

葬儀費用を抑えるコツ

◎ 葬儀費用は、高額から少額まで

現代は、全てが金品で計算される時代です。葬儀物品にしても、高額なものから少額なものまであります。そこで、値段ごとに見映えに差がつけられています。

お葬式の最後のお別れの場としての葬儀式場においても、広く、清潔で、奇麗な所など式場使用料もピンからキリまであります。

祭壇においては、最近では生花祭壇が主流を占めつつありますが、使用するお花の種類、お花数によってもかなりの価格差が出てきます。

◎ 葬儀社の見分けをしっかりと

葬儀物品の全てがしかりです。ですから葬儀社には、低価格にして集客しようとする葬儀社、見映えを主にして集客しようとする葬儀社など葬儀社に違いがあります。その見分け方が重要なのです。

◎ 絶対、地域をおろそかにしない

現代は、人の埋葬は火葬で行われます。各市の火葬場は、亡くなられた方等がその市の居住者であるかによって火葬料金に違いが出てきます。居住者以外ならば数倍の火葬料金を取られてしまいます。

 

葬儀社の見分け方
              

無料相談を利用     「良心のお葬式」へ相談    安心して葬儀が出来た

 

葬儀・僧侶読経の受理&葬儀の無料サポート
僧侶・司法書士のグループ
    元警察官の僧侶が顧問の
      「良心のお葬式」 電話 06-6468-3051 へ