失敗しないための葬儀社さがし

ホーム > 失敗しないための葬儀社さがし

 

   葬儀社依頼は、慎重に!!「無料相談を利用」して、良い葬儀社をさがす
最近は、大半の方が病院で亡くなられます。その際、ご遺体を病院からご自宅などに搬送する葬儀社に、そのまま葬儀を依頼する方が多いと思います。そのため、最初に依頼する葬儀社が大切なのです。

      葬儀のサポート組織-僧侶・司法書士などのグループ

          元警察官の僧侶が顧問の

            「良心のお葬式」電話06-6468-3051

 

 良い葬儀社選び

私たちは、葬儀に際して喪主等として経験することは殆どありません。 一昔前は身内が亡くなった場合、殆どお寺或いは隣保の世話役に連絡してお葬式を行っていました。 しかし現在は、核家族化と病院死亡で亡くなられる方が大半となったことから、遺体を出来るだけ早く病院から遺体安置場所に搬送しなければならないため、最初にしなければならないことは葬儀社さがし(選び)となっているのが現実です。

殆ど経験することがないお葬式での葬儀社さがし(選び)葬儀社3は、その葬儀の良し悪しを左右する重大事項と言っても過言ではないでしょう。

特に、葬儀社選びで注意しなければならないことは
◎ 自分宅にあった葬儀社であるか或いは自分の思った通りの葬儀を実現出来る葬儀社なのか
◎ 低料金・低額葬儀をうたっている葬儀社であるが、粗末な葬儀とならないか
◎ 言葉丁寧であるが安心して任せられる葬儀社か
◎ 仏式・神式での葬儀に於いて、先導して頂く僧侶に粗雑な扱いをする葬儀社ではないか
などが考えられます。

 

殆ど経験のないお葬式に於いて、限られた時間内で葬儀社をさがすことは至難の業です。
「良心お葬式」では色々な業界の方と連携して関西地区(特に京阪神間)の葬儀情報などを収集し、安心してお葬式をして頂ければと考えております。

 

葬儀、まずは相談から!!

身内のお葬式、悲しみとともに「どうしよう」と困ってしまうものです。そして、最初に耳にした葬儀社に依頼してしまいがちです。依頼してから「あまり良い葬儀社ではない」と思っても、なかなか他の葬儀社に変更できません。

最初の葬儀社依頼が、その葬儀の良し悪しを決定してしまう、と言っても過言ではありません。そのためにも、葬儀依頼前に、必ず葬儀相談が必要なのです。

正確で自分宅にあった葬儀社を選ぶためにも、
       元警察官の僧侶が顧問の
            「良心のお葬式」 電話 06-6468-3051  へ

当然、相談・情報提供は無料無料の文字ですので是非ご利用下さい。

 

自分宅にあった葬儀方針

身内の方がなくなった場合、慌ててしまい葬儀社を慎重に選ばないまま、依頼してしまうケースが多いと思います。ですが、お家によってそれぞれの事情があります。自分宅にあった葬儀方針を持っことが必要です。

葬儀方針を決める目安

例えば、「殆ど親戚がいない」のお家の方は、大きな会館は不必要だと思います。又、豪華な祭壇は必要ないかもしてません。このように、自分宅の目安を考えることは必ず必要です。



葬儀社の種類

現代は葬儀業界が一大産業を成していると言われています。そのため旧来からの葬儀社や新たに出来た葬儀社など色々な葬儀社が乱立しております。
又、核家族化によって従来の多人数でのお葬式が影を潜め、少人数での小規模な会館利用のお葬式もどんどん増えてきております。
そのような中から、私たちは普段経験しないお葬式において、1つの葬儀社を決定しなければならないのです。そのことは至難の業といっても過言ではないと思います。

 

お葬式の葬儀式場選び

お葬式は、「殆ど突然に」と、言っていいことですので、ついつい人に勧められるまま、葬儀社に勧められるままに葬儀式場を決めてしまいます。
ですが、それぞれの葬儀式場によって価格差がありますし、清潔さ、利用しやすさ等、差があると思います。そのことを念頭に置いて式場を決めましょう。

 

葬儀社によって費用に価格差!!

現代は、葬儀業界は一大産業を成していると言われ、色々な葬儀社が乱立しております。今まで葬儀費用が不透明と言われてきましたが、最近ではそのことが改善されつつあります。ですが、素人にはわかりにくい面が多々あります。

それは、葬儀費用が高額に変わりないからです。そして、葬儀社によって、葬儀物品の高額なものを使用、高額な会館使用などによって価格差が出てきております。

 

葬儀会員の特典―注意が必要

葬儀社が会員或いは組合員を募って、会員費或いは組合員費を集め、いざ葬儀となった場合葬儀費用が割引されるという制度をとっている葬儀社があります。
注意しなければならないのは、葬儀となった時まったく出金は無く、今まで積み立てた積立金でのみで葬儀が出来るということは無いということです。

葬儀の全てを知る!!

私たちは一生の間にあまり葬儀を経験することはありません。突然のように身内が亡くなって「葬儀、どうすれば?」と困ってしまうのが現実です。
一昔のように、お爺さん、お婆さんに連れられてお寺に行っていた時代は、人が亡くなれば何をおいても「先ず、お坊さんに枕経をあげてもらう」と、したものです。

ですが、最近では殆どの方がお家で亡くなることが無くなって、病院で亡くなる方が大半となりご遺体を病院から葬儀社の安置場所に移し枕経をあげることが無くなってきました。

そして、高度経済成長時代の頃より、お葬式が段々と簡素化してきて初七日法要が短縮され、最近では直葬、1日葬、式中初七日などの葬儀形態が出てきております。
葬儀費用も一昔のようにある程度決まっていたのが、高価格の葬儀、低価格の葬儀と価格も一定ではなく多種多様な葬儀も出てきております。

 

 

                 僧侶・司法書士などグループ
                         葬儀&僧侶読経・受理と葬儀無料サポート
                                  「良心のお葬式」電話06-6468-3051  へ