葬儀と葬儀委員長

ホーム > 葬儀と葬儀委員長

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
           

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

葬儀と葬儀委員長

葬儀委員長

葬儀委員長とは、葬儀における役割分担の役職名で、喪主に命じられて葬儀を取り仕切る責任者のことです。その葬儀をスムーズに進める人と思えばいいでしょう。

葬儀と葬儀委員長の関係

葬儀において、家族葬など小規模の葬儀であれば、喪主がその葬儀をスムーズに取り仕切ることが出来ると思います。ところが、家族葬ではない葬儀となると参列者も身内だけでなく、友人・知人も参列することが予想されます。

その場合、どうしても葬儀全般の流れを取り仕切る人が必要になってきます。

喪主が、全てを取り仕切ればいいのですが、やはり参列者が多く又地域関係者だけでなく勤め先関係者など、それぞれの分野の方が参列するとなれば、喪主一人が葬儀全般を取り仕切るわけにはいきません。

そのためには、その葬儀の取り仕切り・スムーズな流れを考えて、実行していく葬儀委員長が必要になってくるのです。

現状

近年、直葬(釜前葬)や家族葬と呼ばれる身内だけの葬儀が増えてきているため、はっきりと葬儀委員長としての役を置く葬儀は減ってきております。

しかし、故人には人として生きてきた長い歴史があるのです。故人が接した多くの人達と伴に、故人を偲ぶという心を持つことが、残された者の幸せに繋がるという認識が必要だと思います。

故人を偲ぶという認識が無ければ、幸せは当然なくて当たり前ではないでしょうか。脈々と受け継がれてきた先祖を大切にする気持ちがあってこその、「幸せ」なのではないでしょうか。