葬儀と喪主

ホーム > 葬儀と喪主

葬儀と喪主

喪主

喪主とは、葬儀の主宰者のことをいいます。殆どの場合、家の長にあたる人が務めます。喪主を決めるにあたって規定などはありません。只、その家の代表ですから、弔問客の応対を務めることになります。

葬儀の具体的執行については、葬儀委員長或いは葬儀社が執り行います。

喪主の任務

葬儀において、喪主はほとんど何もせず弔問客の応対のみをしているように感じますが、具体的には

「どのような葬儀にするか」「参列者はどの程度となるか」「葬儀費用の予算はいくらぐらいにするか」「葬儀社は何処にするか」「葬儀式場は何処にするか」など、一折の葬儀方針を決めなければなりません。

葬儀の現状

最近では、家族葬といった身内だけの葬儀も増えておりますし、直葬(釜前葬)でのお葬式も増えております。この場合には、現実的に喪主としてはの役割は少ないかもしれません。

しかし、人として生きている或いは生きてきた限り、金銭的な事ばかりを考えて葬儀を執り行うのは疑問に思います。人として生きている限り、多くの人と交わり多くの家族に囲まれて過ごすのが一番大切なことではないでしょうか。

葬儀は、その人の最後の締めくくりなのです。故人と接した多くの人達に見送られての葬儀こそが本来の葬儀ではないでしょうか。