葬儀は何処で行うか?

ホーム > 葬儀は何処で行うか?

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
           

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

葬儀は何処で行うか?

葬儀を行う場所は何処に?
一昔前は、葬儀は殆ど自宅或いはお寺で行っていました。最近では、宗教離れ、仏教離れ、核家族化などが進み、葬儀会館(葬儀社の会館)を利用する人が非常に多くなってきております。

葬儀を行う場所選びのポイント
葬儀を何処で行うかは、自分宅の目安
例えば、「親戚が殆どいない」「付き合いが多く参列者が多数見込まれる」などによって葬儀方針を立てて、その葬儀方針から予算を決めて、葬儀を何処で行うかを決めるのが良いと思います。
1、自分宅の目安から葬儀方針を立てる
① 参列人員数はどの程度か。葬儀方針を立てる場合、親戚、会葬者の参列人員が最大のポイントとなると思います。
② 交通の利便性。参列者など交通の不便性はないか。
2、その葬儀方針から予算を決める
3、利害関係の無いところに相談する(無料相談を利用)
が、主なポイントです。

葬儀を行う主な場所

1、葬儀会館(式場) 
最近では、葬儀社の葬儀会館を利用しての葬儀が大半となっています。又、家族葬という言葉が浸透し、大手の葬儀社も小規模の葬儀式場を増設しています。

2、公営の公民館・集会所  

3、寺院・教会  
最近では、寺院は殆ど使用されなくなりました。

4、自宅   
最近では、核家族化が当然という時代を反映して、少しではありますが自宅でお葬式を行われる方も増えてきております。自宅の場合、線香の煙・臭いなど近隣住民に嫌がられることもありますので注意が必要です。

5、入居している老人ホーム   
最近では、他の入居者に鈴の音や線香の臭いを嫌がる方もいるとのことでホーム側から断られる場合があります。

6、セレモニーホールとしての貸しホール  
寺院などが、葬儀式場として建設し、葬儀式場として貸し出しているホール

 

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
           

〇 葬儀場所を何処にするか、決めかねている方
〇 葬儀社、僧侶・お経依頼を何処にするか分からない方 葬儀社、僧侶・読経(お経)を何処に依頼すればよいか、分からない方
僧侶・司法書士などの
グループ

  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

電話06-6468-3051
電話06-6468-3051
電話06-6468-3051