葬儀と法要

ホーム > 葬儀と法要

葬儀と法要

葬儀の意義

葬儀は、故人に対する追善回向の仏事や、単なる告別の式ではなく、遺族・知友が相集い、故人を追憶しながら、人生の無常のことわりを聞法して、仏縁を深める報謝の仏事のことです。

法要の意義

法要とは、遺族が故人を偲び冥福を祈るために行う追善供養のことをいいます。一般的に法要は「法事」と呼ばれたりしますが、正確にはお経をあげてもらう追善供養を「法要」と呼び、「法事」は追善供養の後の会食を含んだことををいいます。

一般的に法要は、遺族が故人の供養をと行うものです。法要を行うことによって、故人は極楽浄土に往生できるとされています。ですから、故人を供養するためには必要な儀式です。

浄土真宗では、臨終と同時に極楽往生するという考えますので、中陰法要は故人を偲び仏法に接するためのものと考えます。

葬儀と法要の関係

人として生きている限り、いつかは命絶えるのですから葬儀は欠かせないものです。人として生きてきた限り、やはり先人の追善供養は必要なものですので、葬儀と法要は切り離せないものです。