葬儀と仏教

ホーム > 葬儀と仏教

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
           

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

葬儀の意義

葬儀とは、人の死を弔うための儀式です。葬儀は、宗教儀礼によって行われます。以前では葬儀(式)と告別式は区別して行われていました。

告別式とは、告別式に参列した人たちが、焼香や献花をもって死者に対してお別れをする儀式のことをいいます。最近では、葬儀(式)と告別式が一緒になって行われています。

葬儀と仏教

日本においては、葬儀と仏教は切り離せない関係です。日本人は仏教を重んじ、葬儀においては仏教での葬儀式が殆ど行われるのが普通となっています。

葬儀と仏教の関わり

日本の仏教の最初

日本に仏教が伝えられたのは欽明天皇の時代です。百済の聖明王が、釈迦仏金銅像と経典・仏具などを朝廷に奉献しました。これが仏教が伝えられたはじめです。

渡来人からの仏教伝来と葬儀の始まり

仏教が伝わったのは552年の欽明天皇の時代である。大唐漢人の鞍部村主司馬達等が大和の高市郡坂田原に草堂を建て仏像を安置した。この時、仏教と深い関係を持つ火葬が行われていたことがかまど塚に認められます。

葬儀と関係の深い仏教の推移

葬儀と関係の深い仏教は、時代と共に推移し現代の仏教が構成されました。