葬儀と枕飾り

ホーム > 葬儀と枕飾り

            枕飾り
         
    死亡→ご遺体搬送→枕経→枕飾り

ご遺体搬送業者の依頼は、「搬送のみの依頼か」、「その業者に葬儀も依頼するのか」を考えて依頼しましょう。


〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

葬儀と枕飾り

葬儀と枕飾り

枕飾り

枕飾りとは、ご遺体を自宅に安置した後、遺体の枕元に飾る小さな台(祭壇)のことをいいます。白木の机又は小机に白い布を掛け三具足、枕飯、水などを供えます。

枕飾りの役割

枕飾りは、通夜・葬儀の前に弔問に来て下さった方々がお参り、お焼香などが出来るようにするために設置されたものです。

枕飾り前

近年、病院で亡くなられる方が殆どだと思います。その際、ご自宅にご遺体を搬送された場合、ご遺体をまず安置します。その後、出来るだけ早く枕経(まくらぎょう)をあげましょう。

葬儀式場に直接ご遺体を搬送された場合は、事前に枕飾りはできていると思いますので、出来るだけ早く枕経をあげましょう。