家族葬

ホーム > 家族葬

              家族葬

            元警察官で現僧侶が顧問の

      「良心のお葬式」☎ 072-772-7422

                     葬儀相談など無料

家族葬

葬儀の意義

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。最近では、この葬儀と告別式を同一のものとして葬儀式として行っています。

告別式とは、本来は葬儀の後に行われる故人の友人・知人などが故人とのお別れを告げる儀式のことをいいます。この葬儀は、宗教が発生する以前から行われていたともいわれています。

家族葬の意義

家族葬とは、身内だけで行うお葬式と思えばいいでしょう。

一般葬儀と家族葬の違い

一般葬儀と家族葬の違いは、葬儀の規模が大きいか小さいか、葬儀費用が抑えられているか否かだと思います。
例えば、一般的に葬儀式場の外観が小さく、小規模な式場で行うお葬式が家族葬のお葬式と思えばいいでしょう。
式場が大きければ大きい程、電気代など経費が掛かりますので、家族葬では、式場も小さくして経費節約に努め、人件費も節約しています。
お葬式は、式場の規模・華やかさによって、経費に差が出てきます。現代の家族関係においては、小規模な家族葬は好まれる葬儀方法だと思います。

家族葬依頼の留意点

家族葬と聞けば、「葬儀費用が安くなるのでは」と思われがちですが、そうではないと思います。
葬儀の小規模なものを家族葬と呼ぶのですから、当然葬儀費用は安くて当然なのです。
葬儀に於いて一番費用が掛かるのは、祭壇ですから祭壇にお金をかければ一般葬と変わらない、或いは高くつく葬儀となりかねません。