現代の葬儀費用の目安

ホーム > 現代の葬儀費用の目安

葬儀社によって価格差が大きい

現代は一昔前と違い、葬儀には3方法の葬儀形態が行われております。 その葬儀方法によって葬儀費用の違いがあります。 又、葬儀費用は地域・葬儀社によって多少の違いがあります。 他業界から参入     葬儀社によって価格差が大きく注意が必要です。万冊飛んでいく  

葬儀費用の比較 お葬式

      一般葬      1日葬   直葬(釜前葬)
  通常の葬儀費用   約500,000円〜数百万円    約300,000円〜500,000円   約200,000円前後
 「良心お葬式」推奨葬儀    420,000円    320,000円    140,000円

 

葬儀費用と葬儀高額の原因

1)葬儀費用の目安として
直 葬・・20万円前後です。 遺体の搬送・安置・お飾りによって値段差がでてきます。
1日葬・・約30~50万円が目安です。
一般葬・・約50万円~数百万円です。

又、家族葬という言葉がありますが、「家族葬」=「安い」と安易に思わない方がいいと思います。 一昔前お葬式は、親戚縁者が多数集まって通夜・葬儀を執り行っていました。 

ところが近年は、都市集中型社会・核家族化に伴って少数の親戚縁者で葬儀を執り行うようになってきました。  この少数の身内での葬儀を『家族葬』という言葉で表しているのです。

人数が少数になった分、式場の広さもいらなくなり、それに伴って椅子の並べる手間なども減り、段取りするスタッフも少なくて済むので、その分経費が節約できるのです。

ですから、すべてが安くなり『家族葬イコール安いではない』のです。 葬儀・葬儀物品、人件費

2)葬儀費用に値段幅がありますのは
① 一つ一つの葬儀物品の単価が高い
② 葬儀ゆえの行き届いた物品
③ 葬儀ゆえの行き届いた飾り付け
④ 葬儀ゆえの行き届いたサービス などが上げられます。

私達は、一生のうち喪主等で葬儀を執り行うことはあまりないことだと思います。 いざ葬儀となった際、どの規模の葬儀にするかなど困ってしまいます。

そのためにはまず、自分宅の葬儀方針を決めることだと思います。  例えば「自分宅は、故人の付き合いが多い」などの目安から葬儀方針を決めます。 そしてその葬儀方針から どの葬儀方法 にするかを考える事は重要なことだと思います。

良心のお葬式では、低価格葬儀 実現のため追加費用のいらない葬儀形態を設けております。

 

葬儀費用とお布施は別の支払い

仏教離れからくるお布施の不明瞭性

一昔前までは身内の者が亡くなればまずお寺に連絡していました。  そして、ご近所の方が葬儀の手配をしてくれていました。  ですが今日、仏教離れと殆どが病院で亡くなられる方が多いことから、葬儀社主動で葬儀が執り行われています。

殆ど経験することの無い葬儀であっても病院などの紹介などによって葬儀の手配は何とかなります。 しかし、お寺離れがすすんでいる現在、「僧侶の手配はどうすれば?」「お布施はいくらすれば?」と悩んでしまうのが現実です。 

そこに、お布施の不明瞭性が出てきていると思います。お寺離れしている今日だからこそ、いいお葬式をするためには僧侶依頼は非常に大切なことなのです。

僧侶依頼は良く考えて依頼すること

お葬式となった場合、お寺とのお付き合いがある方はそのお寺へ依頼すればいいでしょう。お寺とのお付き合いの無い方はPCなどを利用して葬儀・仏事の無料相談を利用してじっくりと考えて依頼することだと思います。

葬儀費用とお布施は全く別ですので、安易に、葬儀費用とお布施がセットとなっている僧侶依頼はしないことです。 お布施の目安としては 、地域或いは依頼先によって多少違いますが

〇 神戸では、25万円∼30万円 〇 大阪では、20万円∼25万円 〇 京都では、20万円∼30万円

が目安と思えばいいでしょう。