葬儀と安置

ホーム > 葬儀と安置

       「急な葬儀」、でも大丈夫です。
         
安心・信頼の 「良心のお葬式」へご相談下さい。 

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

1

葬儀と安置

葬儀と安置

安置とは、丁寧に据え置くことをいいます。人が亡くなれば、ご遺体を丁寧に安置し最初に枕経を出来るだけ早くあげなければなりません。
近年、人が亡くなるのは自宅ではなく、殆どの方が病院で亡くなられるのではないかと思います。その場合、どうしても病院から自宅或いは葬儀式場にご遺体を搬送しなければなりません。搬送後にご遺体の安置となります。

安置方法

ご自宅に安置する場合は、布団と枕を用意します。顔は白い布で覆い、手は胸の上で組ませ数珠をかけます。ご遺体は北又は西枕に安置します。

ご遺体安置後

1、枕経をあげる
自宅或いは葬儀式場にご遺体を安置した後は、出来るだけ早く枕経をあげましょう。
2、枕飾り
白木又はそれに代わる小机を用意し、お線香をあげられるようにします。