直葬(葬儀方法の1つ)

ホーム > 直葬(葬儀方法の1つ)

直葬(釜前葬)について

直葬の意義

直葬とは、通夜、告別式などを行わず遺体を自宅、或いは葬儀会館に24時間安置後、火葬場で遺体の焼却のみを行う葬儀形態です。 (釜前葬)とは、直葬であっても火葬場でのみ僧侶の読経を行って頂く葬儀です。

葬儀方法である3方法の1つ

現代の葬儀方法(形態)である3方法

指3 〇一般葬     〇1日葬     〇直葬(釜前葬)   の

1方法(形態) 1指 です。

以前には殆ど無かった葬儀方法だと思います。しかし最近ではこの葬儀方法(形態)が増えてきているようです。

 

直葬の流れ】

病院又は自宅で死亡

自宅又は葬儀社の霊安室に安置

火葬場に於いて火葬

約2時間後に骨上げ

 

自宅に帰る

勿論、葬儀費用については、通夜式・告別式が無い分安くなると思います。

火葬場でのお経(釜前葬)

前述のように、この直葬は増えてきておりますが、少しでも故人を僧侶の読経で送ってあげようという気持ちから火葬場のみでの僧侶読経依頼もあります。これは直葬で炉前での読経ですから「釜前葬」と言っております。

            【釜前葬の流れ】             

病院又は自宅で死亡

自宅又は葬儀社の霊安室に安置

火葬場に於いて僧侶の読経

火葬

約2時間後に骨上げ

 自宅に帰る

慎重に葬儀方針を決定

前述のように葬儀方法(形態)には3つあり、直葬はその一つの葬儀方法(形態)です。  現代は宗教離れ・仏教離れをしている今日ですが、やはり日本は仏教国であり私達は今までご先祖を僧侶の読経で送ってきました。

遺族の方の中には、直葬ではなく故人を偲び僧侶の読経で送ってあげたいと思われている方もおられると思います。ですから、葬儀費用だけにとらわれることなく慎重に葬儀方法を決めたいものです。

直葬後の法要

お葬式を直葬(釜前葬)で行った後、初七日法要、満中陰(四十九日)法要、初盆、百か日法要、1周忌法要など法事・法要を行われる方もおられます。