葬儀と臨終

ホーム > 葬儀と臨終

                      臨終
             
        家族、親族、本人の親しい人に連絡 

臨終後の相談内容
〇 安置場所を探す
〇 枕経(まくらぎょう)の依頼先を探す
〇 葬儀社、僧侶・読経(お経)先を探す
相談先

僧侶・司法書士などのグループ
   元警察官の僧侶が顧問の
     「良心のお葬式」

葬儀と臨終

葬儀と臨終

臨終
臨終とは人が死のうとする間際をいいます。死ぬことと思えばいいでしょう。

臨終を告げられた時

私達は身内の臨終を告げられた時、悲しみのあまり何も考えられないと思います。それほど、人の死は重いものだと思います。臨終を告げられた時は、一番悲しみが深いのは直近の身内だと思います。ですから、臨終後の対応は、臨終に立ち会ったものが喪主となるものを補佐してあげましょう。

臨終後

医師などから臨終を知らされた後、
1、ご遺体を、どこに安置するのか考えましょう。
2、臨終に際しての枕経(まくらぎょう)の依頼先を探しましょう。
3、葬儀依頼は、何処の葬儀社にするか検討しましょう。
※安置場所までの搬送は、葬儀社へ殆どの方が依頼すると思いますが、依頼にあたっては「搬送だけなのか」「葬儀依頼を同時に行うのか」を、最初によく検討して搬送を依頼しましょう。
4、葬儀を行うにあたっては、法律上の手続きが必要となってきますので、臨終となった場合には、臨終に立ち会った医師から死亡診断書を貰う必要があります。
この書類には、亡くなった日時、場所、死因などが記載されています。又、この死亡診断書は、死亡届と一枚の用紙となっております。
この用紙を市区町村に提出しなければなりません。亡くなった場合には、その他色々な所への届け出が必要ですので注意しましょう。
5、死亡届を市町村役場に提出した際、火葬許可書が交付されます。この許可書を火葬場に提出して火葬に付すことが出来ます。
火葬後、この火葬許可書に裏書したものが埋葬許可書となり、この許可書を墓地管理者などに提出することによって埋葬することが出来ます。
6、その他、各種手続き
葬儀が終われば、疲れ切ってホッとしてしまうものですが、葬儀後に行わなければならない手続き(葬儀後の手続き)があります。葬祭費支給のための申請手続き、年金受給停止手続き、健康保険証返却手続きなどです。