仏事の用語

ホーム > 仏事の用語

仏事用語

仏事用語の知識

葬儀と切っても切り離せないのが仏事ごとです。葬儀・仏事ごとで困らないために、下記に仏事用語を記載します。

仏事用語

【通夜】
葬儀の前夜に、近親者や友人、知人などが仏前に相集い、故人を追悼する夜です。

【年忌法要】
亡くなられた翌年から祥月命日に行う仏事を年忌法要といいます。年忌法要には、
一周忌法要・・・死亡の翌年に行います。
三回忌法要・・・死亡の年を1年として数えますので、1周忌の翌年に行います。
七回忌法要・・・死亡の年を1年として数えて行う法要です。その後は、十三回忌法要、十七回忌法要、二十五回忌法要、三十三回忌法要、五十回忌法要となり、五十回忌法要後は五十年目ごとに行います。

【百ケ日法要】
亡くなって百日目に勤める仏事のことをいいます。

【満中陰(四十九日法要)法要】
人が亡くなって四十九日間のことを中陰といいます。その間に、七日ごとに初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日と法要を務めます。

七七日(四十九日)を満中陰と言い、お勤めをしますが、そのことが満中陰法要(四十九日)です。