仏事の用語

ホーム > 仏事の用語

  「急な葬儀」、仏事用語も分からず困ってしまいます
         
 分からない時は、安心して→「良心のお葬式」を利用

〇最初に、枕経(まくらぎょう)を依頼
〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方

〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
僧侶・司法書士などのグループ
  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」
電話06-6468-3051

仏事用語

仏事用語の知識

葬儀と切っても切り離せないのが仏事ごとです。葬儀・仏事ごとで困らないために、下記に仏事用語を記載します。

仏事用語

お盆・初盆】
お盆とは、夏に行われる祖先の霊を祀る一連の行事をいいます。亡くなられて最初のお盆を初盆といいます。お盆は、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。
お盆は、8月13日から15日の期間に行われていましたが、最近では、7月当初頃より行われています。

 

遷仏法要】
遷仏法要とは、ご本尊(阿弥陀如来様つまり仏さま)を、古いお仏壇から新しいお仏壇にお移しする場合や、お仏壇を洗浄に出すなど、一時的にご本尊を別の場所にお移しする場合に行う法要のことです。
浄土真宗では、閉眼供養やお性根抜きとは言いません。

通夜】
葬儀の前夜に、近親者や友人、知人などが仏前に相集い、故人を追悼する夜です。

入仏法要】
入仏法要とは、お仏壇を新しくしたり、ご本尊(阿弥陀如来様つまり仏さま)をお迎えするときに行う法要を入仏法要といいます。浄土真宗では、開眼供養やお性根入れとは言いません。

年忌法要】
亡くなられた翌年から祥月命日に行う仏事を年忌法要といいます。年忌法要には、
一周忌法要・・・死亡の翌年に行います。
三回忌法要・・・死亡の年を1年として数えますので、1周忌の翌年に行います。
七回忌法要・・・死亡の年を1年として数えて行う法要です。その後は、十三回忌法要、十七回忌法要、二十五回忌法要、三十三回忌法要、五十回忌法要となり、五十回忌法要後は五十年目ごとに行います。

百ケ日法要】
亡くなられてから、百日目にお勤めする仏事を百ケ日法要といいます。百日経つて改めて故人を偲び、仏法を聴聞させて頂くご法縁が、百ケ日法要といえるでしょう。

仏壇】
仏壇とは、迷える私達をお救い下さる仏さまをご安置するための壇のことです。仏さまとは、阿弥陀如来さまのことです。仏壇は、最も尊厳な場所であり、家庭生活の中心となるものです。

満中陰法要(四十九法要)・中陰法要】
人が亡くなって四十九日間のことを中陰といいます。その間に、七日ごとに初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日と法要を務めます。
七七日(四十九)を満中陰と言い、お勤めをしますが、そのことが満中陰(四十九)法要です。