葬儀と戒名(法名)

ホーム > 葬儀と戒名(法名)

葬儀と戒名

葬儀
人が亡くなれば、人の死に対する儀式を行っていました。最近では葬儀に於いて、亡くなった方が仏門に入ったということで戒名が授けられるようになりました。

葬儀と戒名(法名)
意義
戒名とは、厳しい戒律を守って仏門に入った人の名前のことです。詳しく言えば修行をして、経典を学び、仏教を教学した証として与えられるものなのです。

戒名は本来ならば生前に与えられるものなのですが、仏教離れなどから殆どの方が生前にいただく人は少なくなって亡くなってからいただく人が殆どとなりました。

真言宗・天台宗・臨済宗・曹洞宗・浄土宗は「戒名」と言いますが。浄土真宗では、「法名」と言います。

戒名の種類

〇〇院 △△ □□□ ▽▽
院号  道号  戒名   位号

院号は、寺院や社会に対して非常に大きな貢献をした人に贈られる称号で戒名の中でも最も高い位です。

道号は、仏教の道を究めた人へ付けられる特別な呼び名を意味しています。道号があることによって戒名に格式の高さや個性がプラスされます。

戒名は、仏の世界へ行ける証として与えられる名前です。

位号は、戒名の最後に付けられる2文字の漢字です。性別や年齢によって使い分けられます。

戒名を頂くにあたって、戒名(法名)の種類によってお布施額(戒名授与料金)に違いがあります。

※注)浄土真宗では、法名と言い一般的に「釋 〇 〇」或いは女性の場合「釋  尼 〇 〇」と付けます。院号を頂いた際には「〇 〇 院 釋 〇 〇」或いは「〇 〇 院 釋  尼 〇 〇」と付けます。