葬儀相談の必要性!!

ホーム > 葬儀相談の必要性!!

               葬儀の相談

              安心して相談を!!
葬儀は一生のうち、そう経験するものではありません。ですから、葬儀について分からなくて当たり前ですし、「どうすれば」と、悩んでしまうのも当然なことだと思います。
注意しなければならないのは、迂闊に、葬儀社に依頼することです。「分からないから、頼んでしまった」では、後々後悔するお葬式になってしまいます。
品物を購入するにしたって「まぁ、いいか」で購入すれば、商品に当たりはずれがあると思います。
葬儀には、何十万の費用が掛かります。ですから、吟味して吟味して、葬儀社に依頼しなければなりません。葬儀社と利害関係の無いところに相談することが必ず必要です。

       元警察官の僧侶が相談に対応

       「良心のお葬式」電話:06-6468-3051

 

   葬儀依頼前に必ず、葬儀相談を行うこと!!

             ご遺体搬送まで時間は充分あります

慌てて葬儀社に依頼した場合、葬儀社変更は、中々困難だと思います。病院で亡くなられた場合など「出来るだけ早くご遺体の搬送を」と言われることがありますが、
充分に「どの葬儀社に依頼するか」「僧侶読経は何処に」など余裕を持って、さがせる時間は充分あるのです。

 → 無料相談を利用   

慌てず、葬儀依頼まで時間はタップリあります

 

 

葬儀相談—今、葬儀が必要 !!

葬儀依頼前に、まず葬儀無料相談を利用

現代は病院で亡くなられる方が大半だと思います。病院で亡くなられた場合、病院の方などが「お知り合いの葬儀屋さん、ありますか?」と声をかけてくださると思います。

病院からの紹介先を参考にしながら、自分自身で無料の葬儀相談10相談を受けるのが最良の葬儀のしかただと思います。

 

昔は、お寺などに連絡・相談(葬儀とお寺) 

昔は、檀家・門徒制度によって人が亡くなれば、お寺に直接或いは地域の長を通じて連絡していました。そして枕経(まくらぎょう)をあげていました。その後にお葬式の段取りとなり、お寺から或いは地域の長から葬儀社に連絡し、葬儀の段取りが整えられたものです。

しかし、檀家・門徒制度の崩れや地域との繋がりが希薄となった現在は、その制度に代わる第三者的所に相談するのが最良です。

「良心のお葬式」は、サポートセンターであって葬儀社ではありませんので是非ご相談ください。 「良心のお葬式」では、親身になって最大限のアドバイスをさせて頂きます。

 

「葬儀代金が安いから」と、飛びつかない

我々はどうしても「低額の料金」に目が行きがちです。  ですが、現在殆ど全てと言っていいほどオプション形式を取っています。ですから、当初の基礎的料金は安く設定されています。それに飛びつかないことが大切です。

そしてオプション形式でなくても料金を安く設定されている場合もあります。それはそれでいいのですが、「安かろう悪かろう」には、十分な注意が必要です。