老後の備え―老いじたく

ホーム > 老後の備え―老いじたく

老いじたく(終活)

現代は核家族化が進み、子供達が成長すれば又、別世帯となって夫婦二人きり或いは一人住まいとなっているのが現実です。 そして誰にも気づかれること無く死を迎えるということは、もはや他人事ではなくなってきている時代なのです。

一昔のように家長制度というものの名残があって、老いれば同居の子供達、孫たちが面倒を見てくれたり、そして家を継いだものがその家の財産など全てに権利があるという時代ではありません。

私達、老いて行けばいつ病気で倒れ、死につながるか分りません。 現代は子供たちがいたとしても、全てを長男に任す、子供たちに任すという時代でもありません。

 

高齢者の安心サポート

現代は高齢者が人口の4分の1の時代です。又、核家族化によって独居老人或いは高齢者の2人所帯で老々介護を行っているのが現実です。高齢者は何時身体の変調をきたすかわかりません。
そのためにも、安心して暮らせるサポートつまり自分一人・或いは老夫婦のための、「自宅、病院への駆け付け」 「喪主代行」などの安心サポートが必要ではないでしょうか。

遺言・相続 遺言書

現代は、核家族化が進み何世代も一緒に暮らすことはなくなってきました。しかし、核家族化が進んでも不変なのは親兄弟の繋がりです。自分の思いなどを子孫に残すためにも遺言・相続を考えることは必要ではないでしょうか。

 

故人の資産を活用―次世代に 

故人の思いを託された私たちは、故人の意思を尊重しなければなりません。故人が残した資産を活用することは、跡を継ぐものとしては大切なことだと思います。相続した土地を活用するのも1つの方法だと思います。

 

「良心のお葬式」は司法書士などと連携

良心のお葬式では、
〇 葬儀情報の無料提供・僧侶読経(お経)依頼

〇「良心のお葬式の強み」である、大手ハウスメーカー、司法書士、行政書士との連携によって終活のお手伝いを致しますので、安心して任せて頂ければと思っております。