現代のお布施額の目安

ホーム > 現代のお布施額の目安

依頼先によってお布施額に差

各地域によるお布施額の目安

関西方面特に京阪神でのお布施額の目安は 通夜からの葬儀でお車代・お膳代込みで

  〇  神戸では、25万円∼30万円   大阪では、20万円∼25万円   京都では、20万円∼30万円
が各地域の平均的相場です。

従来通りの初七日を行うお布施額

          お  布  施  額
      神 戸 方 面          25  万円  ~  30  万円
      大 阪 方 面        20  万円  ~  25  万円
      京 都 方 面          20  万円  ~  30  万円

注;上記のお布施額は、一般葬でのお布施額で、つまり枕経、通夜経、告別式・火葬場・繰り上げ初七日のお経までのお布施額です。

只、最近ではお葬式形態が変化し繰り上げ初七日を骨上げ後に行うのではなく、告別式に引き続いて執り行う式中 初七日法要が徐々に増えつつあります。

この形態ですと、お布施額が下記のようになってきております。
 一般葬・・・・・全国平均 約16万円前後   1日葬・・・・・・全国平均 約8万円前後
 直葬(釜前葬)・・全国平均 約5万円前後 となっています。

 

式中初七日

式中初七日を行うお布施額

          お  布  施  額
      一  般  葬          (全国平均)約16  万円前後
      1  日  葬        (全国平均)約  8  万円前後
      直 葬( 釜 前 葬 )          (全国平均)約  5  万円前後

式中初七日
「式中初七日」とは、告別式の即、後に引き続いて初七日法要が行われることです。  従来の七日後の初七日法要・骨上げ後の繰り上げ初七日法要よりも時間的に短縮した初七日法要です。

当然、1時間の葬儀ですから、この式中初七日法要の僧侶読経は短いものとなっています。

 

僧侶依頼は、利害関係の派生しない所に相談

お寺とのお付き合いのある方(菩提寺のある方)はそのお寺に依頼すればいいでしょうが、お寺との付き合いがない方(菩提寺が無い場合)は、自分宅の宗派の資格を持ったお坊さん誠実な僧侶に依頼するようにしましょう。 最近では、殆どの方がお寺とのお付き合いがありません(菩提寺がありません)。  ですから、お葬式となった場合、2困り顔「どこに依頼すれば?」と困ってしまうのです。 依頼先を探すにあたっての最良の方法は、メデァの利用、そして後々、利害関係の派生しない所に無料の文字相談し知識を得てから、自分自身が納得する僧侶に依頼すればいいのです。その事が最良のお葬式に繋がると思います。
注;僧侶読経(お経)は、地域によってお布施額に違いがあることは勿論のこと、同じ地域であっても依頼先によってお布施額に大きな違いがあることを認識し注意しましょう。

 

お布施額の不明瞭さ

私達は葬儀・法事・法要において、どれ位のお布施をすればいいのか困ってしまいます。 それはお布施額が、地域・お寺・各葬儀社によって教えて下さる金額が、それぞれまちまちなのが実態だからです。そこにお布施額の不明瞭さが出てきていると思います。

又、葬儀社などの企業には   「会員制」 「組合員制」  などの制度を取り入れて、葬儀を執り行っておりますが、葬儀費用には、お布施は含まれておりません。

 

僧侶読経と葬儀!!

私たちが葬儀を執り行う場合、「自分宅には親戚が殆どいない」などの目安葬儀方針を立て、その葬儀方針から葬儀方法(葬儀形態)を決めて予算に見合った価格の葬儀を行うのが一番だと思います。

次に、葬儀において考えなければならないのが僧侶依頼です。  我が国は仏教国ということで昔からお葬式においては僧侶の読経で故人を送り出していました。

現代は宗教離れ・仏教離れ・檀家離れと言われる時代ですが、私たちの心の中には「僧侶のお経で故人を送ってあげたい」と思う気持ちが根強く残っています。 ですから、その気持ちを大切にし、必ず僧侶依頼(僧侶の読経)は行いましょう。  

「良心のお葬式」推奨葬儀と通常葬儀費用

      一般葬      1日葬   直葬(釜前葬)
  通常の葬儀費用   約500,000円〜数百万円    約300,000円〜500,000円   約200,000円前後
 「良心お葬式」推奨葬儀    420,000円    320,000円    140,000円