葬儀物品

ホーム > 葬儀物品

葬儀物品

葬儀費用の価格差の一因
葬儀費用は、価格差が大きく葬儀社選びに苦慮される方が大半だと思います。その原因の一つが、葬儀物品にあると思います。

葬儀物品

○ 棺桶(棺)    
日本では人が亡くなった場合、火葬を行うことになっていますので、棺桶(棺)は可燃性素材のものが使われています。 材質は殆どが木製で、木材の種類は・桐・樅(もみ)・檜が使われます。

一般的には、桐製のもので値段的には装飾によって5万円~50万円の値幅があります。又、材質、装飾によって数百万円するものもあります。  

 

骨壺・骨箱     
骨壺とは、遺骨を納める容器のことで、陶磁器が使用されています。骨壺は、焼き物の種類、絵付け、骨壺の大きさ等によって値段差があります。骨箱は骨壺を入れる箱です。

骨壺のまま遺骨をお墓に収めるのではなく、遺骨を白布に包んでお墓に収める地域がありますので、その場合は高価な骨壺は必要ないかもしれません。

 

○ 祭壇      
祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物を飾り、故人を偲び供養します。 葬儀において、価格差が最も大きいのがこの祭壇です.

以前は、白木祭壇が用いられてきましたが、最近では花祭壇も増えてきています。 白木祭壇は、値段的に不透明なところもあり、レンタル代も案外高く、最近の家族葬では花祭壇が主流を占めているようです。

葬儀費用が安い場合、花祭壇の花の量が少なく、祭壇が貧弱に見える場合がありますので、気を付けなければならないと思います。  

 

○ 寝台車  

寝台車は、病院などから安置場所に遺体の搬送に利用される車両です。 最近では、霊柩車の代わりにこの寝台車が利用されていることもあります。

 

○ 霊柩車    霊柩車 

霊柩車は、遺体を安置している葬祭会場或いは自宅から火葬場の移動に、使用される特殊自動車のことです。

葬儀・葬式に於いて、一昔前は櫓付きのものが主流を占めていたと思いますが、現在は櫓付きのものは殆ど使用されません。霊柩車は、葬儀物品の中でも案外価格差が大きいものです。

ですから現在は、葬儀費用を抑えるため霊柩車ではなく、寝台車を利用して火葬場までご遺体を搬送する葬儀社も少なくありません。

安心、適正価格の葬儀を行うため、葬儀社依頼前に、是非ご相談下さい。  

 

○ 後飾り
後飾りとは、火葬を終えたお骨を安置しておくテーブル状の祭壇です2~3段のものもあります。一般的に、お骨は満中陰(四十九日)の忌明けまで安置します。祭壇には、生花、線香、蝋燭、供物などを飾ります。

 

○  供花(きょうか)
供花とは、一般的に葬儀の際にお悔やみの気持ちを込めておくるお花のことです。この供花は、葬儀式場、祭壇を飾るお花とも言えるでしょう。

ですから、遺族、親族、知人、そして遠方で葬儀に参列できない人や香典の代わりとしておくられる人もいます。

 

○  遺影(いえい)   
遺影とは、故人を偲ぶために、作られる写真をいいます。
通常は、お葬式の時に飾られ、自宅では、床の間或いは仏壇の上の真上を外して飾られる事が多い。通常は胸から上の写真が利用される。

 

 僧侶・司法書士のグループ
      葬儀のアドバイザー「良心のお葬式」☎ 072-772-7422
                        
は、無料の葬儀サポート組織です!!